ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

LUXXEが現時点での最高峰をぶつけてきた! 大注目イカメタル&オモリグロッド「スピードメタルX」

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

ラグゼ公式webサイトで2024年の新製品が公開された。同時にフィッシングショーOSAKA2024の出展情報も公開されている。

■ブース情報はこちら

注目ロッド ラグゼ スピードメタルX

今回ピックアップしたいのが「ラグゼ スピードメタルX」。ラグゼのイカメタルゲームを牽引してきたロッドがスピードメタルであるが、そのXということでハイエンドモデルとなる。

■スピードメタル特設サイトはこちら

驚異的感度を求めて

初代からスピードメタルは感度と操作に対する抜群のレスポンスを求めてきたシリーズ。そのXということで、スピードメタルの最高峰に位置づけされるロッドに仕上がったという。

メインマテリアルにはトレカT1100Gを採用。適所に高弾性マテリアルを配し細身軽量のブランクに仕上げた。ティップは全機種ソリッドティップとし微細な触りを表現するが、これを各機種に求める役割に応じてモデルごとに最適なテーパーを施したという。

リールシートは従来の樹脂にカーボン繊維を混合することで強度を上げ、さらに大幅な軽量化を実現した素材「タフライト」によるオリジナル。これを反響感度を得られる中空リザウンド構造により組み上げている。

全機種モデルごとに最適化されたソリッドティップを搭載することで、各種イカが触った時の変化も的確に出て目感度が大幅に向上。そしてキーとなるステイ時の安定性もアップ。

それでいてハイレスポンスな操作性も兼ね備えた使用感に仕上がったそうだ。

手感度、目感度、操作性。相反する要素を突き詰め、極めたハイエンドモデルに相応しい注目のスピードメタルX。

全6機種の内訳はイカメタル·オモリグゲームに対応するべイト4機種&スピニング2機種。

脈々と受け継がれてきたスピードメタルの系譜、その最高峰…発売が楽しみですね!

モデルNo. タイプ 標準全長(ft/cm) 希望本体価格(円) 標準自重(g) 仕舞寸法(cm) パワー 使用材料(%) 継数(本) ルアーウエイト(号(g)) 適正ライン(PE/号) 先径(mm) グリップ長(mm)
B66M-solid ベイト 6’6″(198) 63,000 85 104.0 M C99.9 G0.1 2 8~25(30~93) 0.3~1 0.7 380
B66MH-solid ベイト 6’6″(198) 63,000 89 104.0 MH C99.9 G0.1 2 10~30(38~112) 0.3~1 0.7 380
B66H-solid ベイト 6’6″(198) 63,000 91 104.0 H C99.9 G0.1 2 12~40(45~150) 0.4~1.2 0.7 380
B510H-solid ベイト 5’10″(178) 63,000 89 94.0 H C93.6 G6.4 2 12~40(45~150) 0.4~1.2 0.85 380
S69MH-solid スピニング 6’9″(206) 64,500 89 108.0 MH C99.9 G0.1 2 10~30(38~112) 0.4~1 0.75 395
S66H-solid スピニング 6’6″(198) 64,500 89 104.0 H C99.9 G0.1 2 12~40(45~150) 0.4~1.2 0.75 395

ラグゼ公式「スピードメタルX」詳細ページはこちら

がまかつ(がまかつ)

1955年創業。大阪府大阪市に本社を置き、シンガポールに本店を置く。釣り竿、釣り針、ウェアなどをメインに製品を開発・製造・販売を行っており、ルアー部門では「ラグゼ シリーズ」が有名である。