ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

超リアル!めっちゃ釣れそう!GETNETのシャッド型ワーム「ジャスターフィッシュ4.5inch」に新色が追加!

出典:杉戸繁伸船長ブログ

バスフィッシングも秋の荒食いシーズン到来!

朝晩がめっきり涼しくなって、水温も下降傾向。動きやすくなったバスたちはベイトフィッシュを求めて、動きだす時期です。

ブラックバスって春夏秋冬いろんなレンジにいて、ありとあらゆるルアーでアプローチできるのが楽しいところなんですが、やっぱりマッチザベイトは大切。

いかにも美味しそうなベイトフィッシュだな~というリアルで生命感のあるソフトベイトって、直感的に釣れそう!と思いませんか?

そんな、ベイトライクなソフトベイトで、発売から8年目を迎えた現在も釣れるワームとして不動の地位を築いているのがGETNETのジャスターフィッシュ。

ジャスターフィッシュとは?

ジャスターフィッシュのコンセプトは、「あらゆるレンジに高次元で対応するシャッドタイプのソフトベイト」。

あらゆるレンジに対応するというのは、表層、中層、ボトムの全レンジにおいて、シチュエーションにマッチしたリグに対応するということ。

例えば、表層でのノーシンカーやいわゆるピクピクなどの水面攻め、中層でのジグヘッドのミドスト、ネイルリグ。そしてボトムやベジテーションを狙ったダウンショットやジグヘッドなどなど、使い方は自由自在。

そんなジャスターフィッシュですが、特長はなんといってもナチュラルさとフラッシング。

絶妙な薄さと長さのフィッシュテールから発生するピリピリとした波動はまさしく小魚そのもの。

また、ボディは低比重の素材を採用しており、安定したスイミング姿勢をキープ。さらに背中側にはエアホールが設けてあるので、ボトムでは斜めに立ち、水中では水平姿勢を保つという、計算され尽くしたボディデザイン。

またスリットとネイルシンカーホールもあるので、セットもイージー。

ちなみにジャスターフィッシュには3.54.55.5inchの3サイズ。

とにかく、一度実際に動いている水中映像を見てもらえば、そのリアルさとフラッシングの高さ、「まじ釣れそう!」というのを理解していただけると思います。

ね、釣れそうでしょ!

で、今回はこのジャスターフィッシュの4.5inchに待望の新色が追加されます。

スパークワイン

グラスフィッシュ

ヒウオ

出典:杉戸繁伸船長ブログ

美しい!美味しそう!釣れそう!

このジャスターフィッシュの開発者で、GETNET代表の、船長こと杉戸繁伸さんも超手堅く釣れるカラーとして激プッシュ!

サイズもややボリューム感があるかな?と思う4.5inchですが、これからの秋シーズンはベイトも大きくなり、これぐらのサイズい反応もよくなるとのことです。

杉戸さんのホームである琵琶湖では最近はダウンショットが好調に釣れているそうですが、リザーバーや野池で、川で、いろんなシチュエーション、タイミングで活躍してくれそうですよね!

最後に。新色発売を記念して京都と滋賀の2店舗で発売記念イベントを開催!

デザイナーの杉戸さんが来店し、新色の販売はもちろん、イベント限定カラーのGETNETワームの販売、店頭アドバイスなどが実施されます。

出典:杉戸繁伸船長ブログ

9月8日(土)18:30~22:00に京都市竹田区のフィッシングエイト京都伏見店さんにて。

翌日の9月9日(日)は滋賀県栗東市の上州屋滋賀栗東店さんで、なんと早朝4:00~6:00という時間帯に開催!

釣りへ行く前にGETするべしですね!

出典:杉戸繁伸船長ブログ

お近くの人はぜひ、足を運んでみてくださいね!