ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【モンカルアーワークス × ツララ】ハネモノ特化ロッド「Flanger71HC」登場【2024年ツララ新製品】

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

ビッグサイズのバスが激しく反応し、狂ったように食い上げてくるハネモノ。今やトップウォーターの中でも独立した地位を築いたジャンルといえます。

そんなハネモノをメインに制作するハンドメイドルアーメーカー・MONKA LURE WORKSとツララとのコラボロッドが遂に登場!

ハネモノ特化バスロッド「Flanger71HC」

ロッドネームである「Flanger」は、ギターなどで使用するエフェクター機材が由来。うねりを持ったサウンドが特徴で、ハネモノが水面を這うイメージで名づけられました。

「Flanger71HC」とはこんなロッド

Flanger71HC」1~3ozクラスのちょっと大ぶりなハネモノやトップウォータールアー向け。足場が不安定なオカッパリでもピンスポットを撃ち抜けるキャストアキュラシー。そして近年巨大化しているため池のトロフィークラスを確実に獲ることの2つを念頭に、張りを持ったカーボンチューブラ―にて開発。

バスロッドでいうところの、クランキングロッドよりも硬く、ジグロッドよりは柔らかい、細めのビッグベイトロッド。そんな独特なトップウォーターロッドに仕上がっているんだとか。

コンセプトは、ビリヤードのキュー

トップウォーター用ロッドと聞くと、バンブーやグラスに代表される全体的に曲がるロッドやティップがソフトなものを想像される方も多いかと。

Flanger71HC」は、全体に腰のあるブランクス設定。ちょっとしたビッグベイトなど重量のあるルアーでも正確なキャスト性、キレのある操作感を実現しています。

グリップセクションのデザインからも見えるように、コンセプトはビリヤードのキュー。ピン撃ち性能に加え、操作性、遠投性を高めることにより、様々なロケーションが複合するオカッパリゲームでの応用力を追求したトップウォーターロッドとなっています。

ヘビーなティップアクション

また、トロフィークラスのバスが持つ分厚い顎を確実に捉えるため、あえて張りのあるティップを採用。

ティップセクションに張りを持たせることにより、副産物的に2ozクラスのビッグベイトなどへの汎用性が高まっています。

TULALAブランクス特有の「強く、曲がる」という特徴は踏襲され、手に持って振るとシャキッとした感触を残し、掛けると綺麗に曲がる。テスト段階でも魚のバラシは極端に少なく、正に一期一会のビッグバスを狙うにおいて最高に信頼出来るロッドに仕上がったそう。

応用編 by MONKA

本来の用途とは異なりますが、ハネモノロッドとして独自に進化した結果の副産物として2ozクラスのビッグベイトでのデッドスローゲームと非常に相性が良いんだそう。

以下MONKA氏のリアルインプレッション

「Flanger 71HC」をテストしていくうちに、2ozクラスのビッグベイトでのデッドスローゲームと非常に相性が良い事に気づきました。そのきっかけとしては、東北や北海道で近年流行を見せつつあるビッグベイトでのクロソイゲーム。

私自身も遊漁船でボートロックゲームをする機会が多く、その際にビッグベイトを使用し、「Flanger 71HC」でのデッドスローゲームでは非常に好感触を覚えました。

クロソイを狙うビッグベイトは、ネコソギやダウズスイマー180など、2ozクラスビッグベイトに10gほどのシンカーを取り付けシンキングチューンを施しています。釣り方は6~8メートルのテトラ帯がメインで、テトラに沿わせてタイトかつスローに巻いて、魚のいるレンジを探す釣りになります。

7ft1inのレングスはラインメンディングがしやすく、ぎこちなくなる冬季のルアー操作での手助けとなります。バスよりも硬いクロソイの口をも容易く貫通させるティップ~ベリーセクション、かつ根に潜られず浮かせられるバットパワーは魚種が変われど真価を発揮します。

以上「Flanger71HC」を紹介しました! 今や超メジャールアーとなったハネモノに特化したロッド。発売が楽しみ!

TULALA(ツララ) プロフィール

近所の水場から地球の裏側まで、様々な魚をターゲットにしたアイテムを展開中。旧素材のチカラを存分に活かしたアイテムたちはゆったりとした安心感を醸し出し、アングラーの相棒となってくれるだろう。