ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

極細PEが一般化されてきた現代バスフィッシングに刺さるフェンウィックのNEWロッド【ウルトラフィネススペシャル】

  • X
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2024

fenwick(フェンウィック)が創業70周年を迎え、NEWロッドとしてアニバーサリーモデルが4機種リリース予定。

とはいえアニバーサリーモデルだけではもちろんない。それ以外にも気になるロッドが登場予定となっている。

今回はその中のひとつフェンウィックACES(エイシス)から、極細PEラインの使用を前提としたウルトラフィネススペシャルをご紹介!

フェンウィックACES-SF60SULJ
ウルトラフィネススペシャル

この春登場を予定しているのがフェンウィックACES-SF60SULJ。サブネームはウルトラフィネススペシャル

「ごく細いPEラインを使ったバスフィッシングを快適にするために長い間テストを繰り返してきました」

ティムコの大津清彰さんはフェンウィックACES-SF60SULJについてそう話す。

近年、極細PEラインの使用が一般化されてきたが、具体的には0.2~0.4号程度をメインにしたアプローチに特化した機種になるのだそうだ。

極細PEが一般化してきた今だからこそ

超軽量のネコリグ、ノーシンカー、ガン玉Bサイズを使ったようなダウンショット、さらにはここ最近メジャーになってきたマイクロホバストなど極細PEラインとの組み合わせで難攻不落のバスをキャッチするシーンは増えた。

当然強烈な感度を得られるPEラインであるが、モノフィララインと比べれば圧倒的に伸びないのもまた特徴。

最適化されたソリッドティップの必要性

伸びのないPEラインをアングラー側でコントロールしルアーを操るために、このウルトラフィネススペシャルが持つのはソリッドティップ

モノフィララインでごく細かなアクションをルアーに与えた場合、ライン自体のクッション性があるがゆえルアーが動き過ぎないのが利点。伸びのないPEラインであると、動き過ぎてしまう。

だから最適化されたソリッドティップ。

ソリッドティップを配置することでティップにそのクッション性を持たせつつ、感度や飛距離などPEのメリットだけを享受できるような仕様としているという。

言い換えれば、だからこそマイクロホバスト等の各種マイクロベイトパターンや超ライトネコリグ、1g以下の超軽量ノーシンカーなど、かつてモノフィラメントラインには不可能だった領域をカバーすることを、極細PEの使用を前提にして可能にするロッド。

2024年に必須な1本がエイシスから。フェンウィックACES-SF60SULJはこの春の登場を予定している。

全長 標準自重 継数 適合ルアーウエイト カーボン/グラス(%)
1.83m 82g 1 0.3~2.7g 95/5

ティムコ公式サイトでも近日その詳しいスペックが掲載されるのでお見逃しなく。

フェンウィック関連記事

 

【fenwick 70周年 】2024年春「フェンウィック70周年記念ロッド」が出るっ!

ティムコ(Tiemco) プロフィール

株式会社ティムコはフィッシング ・アウトドア関連用品の企画開発、輸出入、製造及び販売を行う。Fenwick(フェンウィック)のフィッシングロッド、そのフラッグシップモデルを刷新したACES(エイシス)、偏光サングラスのサイトマスター、フライフィッシングをルーツにするフィッシングギアFoxfireなど取り扱いブランド、ジャンルは多岐に渡る。ルアーにおいてもプロアングラーのアイデアを形にしたPDLから、ローカルエリアでの釣果に特化したロコイズムなど、独創的なアイテムをリリース。2019年には株式会社スノーピークと両社のアウトドア・ユーザー層のさらなる拡大を目指し、資本業務提携契約を締結、トータルでのアウトドアの魅力を発信し続けている。