ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ゲーリー総帥・河辺裕和のデカバス捕獲の究極戦略あの手この手を赤裸々公開【にゃん玉シンカー系特殊リグ各種や多数の自作ムシチューン】

ゲーリー総帥の河辺裕和さんの動画ロケで、七色ダムに行ってきました!

この時期の七色ダムの状況なんですが、行ったことがある人なら共感してくれると思うんですが、けっこうムズイんです!

小バスの反応はまずまずイイんですが、すこしマシなサイズ以上となると急に難易度が大幅アップしてしまうんですよねぇ!

でもアングラーは百戦錬磨の河辺さん! あの手このてでいいサイズをしこたま釣ってくれました!!!!!

 

というわけで、ロケ当日に河辺さんが見せてくれた「あの手この手」を紹介してみたいと思います!

 

自作ムシ系ルアーを色々用意して超ローテして投入!

まず1つめの有効だった河辺さんの作戦なんですが…。

河辺さんはお手製のムシ系ワームを多数用意して状況に応じて色々ローテしてバスに口を使わせていたんです!

4㌅グラブのテールカット自作虫チューン

 

河辺さんのボックスの中にはこんな感じで、あらゆるワームをカットしたりして作られたムシルアーがスタンバイしていました。

河辺さんがいろいろなワームを使ってムシルアーを作っているのにも実は深い理由があったんです!

1番大きい理由だったのが「いろんなフォール速度のムシルアーを使いたいから」。

この時期に限らず、バスはわずかなフォールスピードの違いで食ってきたり、まったく無視したりと、けっこうシビアなんだそう。あとちょっとしたシルエットが違うだけでも食う食わないがあるそうな。なので、いろんなワーム、カットしたワームを使ってフォールスピードやシルエットの違うムシルアーを用意! それらをマメにローテして当たりのルアーを探してやることで、かなりの確率でバスに口を使わすことができるとのこと。

ちなみに河辺さんは同じプロセンコーベースの自作ムシルアーでも、通常のソルトインタイプと半分ソルトのモノ(半ソル)をそれぞれを作成し、魚の反応に合わせて細かくチェンジさせてました。こんなマメさも釣果を上げる秘訣なのかも!!

プロセンコーの半ソルタイプを超絶にカットして作った自作虫チューンルアー!

 

半ソルトのプロセンコーをベースにした自作のムシ系ルアーを投入。余計なアクションはさせずにフォールさせるとヒット!1コイツはスロー気味なフォールがお好みだったよう

1 / 4
次へ