ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

野尻湖スモールマウスバス最新激釣ワーム&リグはコレ【寄稿by奥泉悠介】

今年、野尻湖で大活躍してくれている2つワーム&リグについてご紹介

皆さんこんにちわ。野尻湖プロガイドの奥泉悠介(おくいずみ・ゆうすけ)です。

僕のホームフィールドである長野県野尻湖。ここは日本屈指のスモールマウスレイクです。

 今回は今年、野尻湖で大活躍してくれている2つワーム&リグについて紹介していきたいと思います。

野尻湖をメインとしたスモールマウスバス専門のバスフィッシングガイド「奥泉ガイドサービス」を主宰するプロガイド。愛称は「おっくん」。神奈川県出身、1985年生まれ、JBプロトーナメントでも上位入賞多数。

 

 

スモールルアーといえば小型ワームのライトリグというフィネスなイメージが強いかもしれませんが… 

さてスモールマウスバスと言えば23インチの小さいワームによるライトリグのフィネスなイメージが強いと思います。

ですが、野尻湖の規模に対して、多すぎるとも言える釣り人の多さから、人為的プレッシャーが高まり、誰もが投げる小さいワームが近年では学習されてしまい、見切られることから、釣果が乏しくなってきているのが現状です。

そんな中、活躍してくれているワームが2つあります。まず1つめは…。

ゲーリー・サンショウウオ

 ゲーリー・サンショウウオ5inchにスモールの反応がイイんです。

出典:ゲーリーインターナショナル公式5inchサンショウウオ詳細

5″Sanshouo (5″サンショウウオ)
1パック / 6本入り 6colors
自重:約14.5g

小さいワームにスレてしまった野尻湖スモールにはパワーのあるワームが有効

サンショウウオが効いているのはナゼか? なんですが…。

スモールマウスバスは頭が良くて学習能力が高い反面、目新しい物に対して異常に強い反応を示す一面もあります。誰もが投げる小さいワームにスレてしまったスモールマウスバスに、対極の大きなワームが有効だったりします。

みなさんも経験があるかと思いますが、ビッグベイトを投げると、釣れる釣れないに関わらず、ワラワラと魚が寄ってきますよね?

 大きなワームにも、そんな『寄せる力』が存在します。

野尻湖のスモールマウスバスは大きなワームに対して、まだ免疫が出来ていないので、この力が近年の小さいワームにスレてしまった野尻湖スモールマウスバスに非常に有効なんです。

 

サンショウウオのヘビキャロがオススメ

で、サンショウウオのリグなんですが、オススメはヘビキャロ!具体的なセッティングは以下の通り。

10gのスゴイシンカー10gでリーダー50cm程度のヘビーキャロライナリグ。フックはスゴイフック3/0

  

 

 即アワセは禁物! 10~15秒送ってからのフッキングが◎

これでディープのボトムをズル引きすると、ガツガツガツ!っとビッグスモールの強烈なバイトがあります。

小さい口のスモールマウスバスに大きなワームをくわえさせてるので、即アワセは禁物。

では具体的にどうすればイイのか? ですが…。

まずバイトがあったら、ベイトリールのクラッチを切って1015ラインを送ってください。その間にしっかりワームをくわえてくれるので、しっかり待ってからフッキングしてください!

この15秒の間は心臓ドッキドキで、フッキングが決まれば最高に痺れる感動がありますよ。

実際に僕のガイドでは多くのゲスト様にビッグスモールマウスバスを釣っていただきました。

なお、ゲスト様の中には‘サンショウウオを愛する会’というのも発足しております(笑)。

 

さて、そんなサンショウウオのヘビキャロの釣りですが、時期的に特に威力を発揮するのが6月の中旬以降のアフタースポーニングの頃からです。

というのもスポーニング行動で、まともな食生活が出来ずに体力が落ちてしまったスモールマウスバスが『てっとり早く』体力を回復する為にもってこいなのが、『大きな餌』なんです。

小さい餌をチビチビ食べるより、大きな餌を食べた方が体力回復するのに効率がよいために、大きなワーム『サンショウウオ』が爆発的威力を発揮します。

 

 

1 / 2
次へ