ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

JBトップ50第3戦in七色ダム詳細レポート【優勝を果たしたルーキー藤田京弥選手の衝撃のウイニングルアー&見えバス戦略とは?】

日本のトップトーナメントシリーズ「2018年JBトップ50」。その第3戦七色ダム(奈良県)の結果については速報でお伝えした通り。

その配信記事はこちら

https://www.lurenewsr.com/26843/

 

今回はさらに詳しい内容を!というわけで現場で取材を担当したルアニューOB柳生豊志の詳細レポートをお届けします!

プロローグ

2018年JBトップ50シリーズ第3戦東レ・ソラロームカップが、7月6ー8日に奈良県七色ダムにて開催された。西日本各地に大災害をもたらした豪雨期間の真っ最中だったため、公式プラ時から連日豪雨が続いた。

しかし最終日のみ晴天無風という、これまでにはあまりなかったコンディション。濁りとクリアアップが目まぐるしく展開する難しい状況の中、ルーキー藤田京弥が独自のトゥイッチ・サイトフィッシングで、並みいる強豪を完璧に抑えて初優勝を飾った。その藤田が大会で見せた独自のサイトの釣りを紹介したい。

出典&アイキャッチ出典:JB/NBCニュース

 

優勝した藤田京弥プロフィール

藤田京弥(ふじた・きょうや)…1996年生まれの22歳。埼玉県出身、山梨県在住。6歳から釣りをはじめ、18歳でヒューマンフィッシングカレッジに入学。卒業と同時にJBマスターズ・シリーズにエントリーし、初年度年間20位。JB河口湖Aとダブルで昇格資格を得てTOP50へ参戦。得意技は河口湖仕込みのサイトフィッシング。管理釣り場とスーパーマーケットでバイトしながら参戦費用を捻出している。トップ50参戦2年目の藤田夏輝は実の兄だ(初の兄弟TOP50プロ)

※本記事配信開始時、タイトル、サムネール、本文内等で藤田京弥選手が『無スポンサード…』 との表記がありましたが、正しくは5150 プロダクツというアパレルメーカーと契約しています。つきましてはここに訂正させていただき、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたこと、お詫び申し上げます。

 

 

難攻不落の七色ダムの人気・支流「西ノ川」を攻略した藤田京弥が優勝

七色ダムといえば、ロクマルの聖地、そしてハイシーズン中は数釣り場としても有名な超人気フィールド。

その七色ダムの支流の1つとして知られる西ノ川(にしのかわ)といえば、難攻不落の関西最難関フィールドとして名高い。

西ノ川は流域は短いが見えバスは多い。ロクマルもゴロゴロ。だが超難しい。超超ムズい。どれもがルアーやアングラーの攻め手を知り尽くした超天才級バスばかりで、トップ50の中のさらにトップクラスのサイトフィッシングの達人をしても、満足に攻めきれる者はいない。

ゆえに七色ダム戦の場合は「西ノ川を制する者が試合を制する」ともいわれているほど。ちなみに昨年は青木大介選手が西ノ川を制し、準優勝している。

で、今年の西ノ川の覇者は、藤田京弥選手だった。弱冠22歳、今年初参戦のルーキーでありながら、誰もがあきらめてでていった西ノ川を中心にサイトで狩り、3日間安定したスコアを持ち帰り続けたのだ。ではその手法を具体的に見てみよう。

JBトップ50 2018 第3戦in七色ダム  総合成績上位5傑

ゼッケン 氏名 重計 Day1重 Day2重 Day3重 獲得p
1 T5032 フジタキョウヤ藤田京弥 15,215g 4,640g 6,265g 4,310g 50p
2 T5021 オオツカシゲル大塚茂 14,485g 4,425g 4,800g 5,260g 49p
3 T5028 ハヤノタケシ早野剛史 14,468g 2,938g 5,510g 6,020g 48p
4 T505 コバヤシアキヒト小林明人 12,269g 4,108g 4,945g 3,216g 47p
5 T5035 アリサトタク有里拓 12,175g 7,725g 3,358g 1,092g 46p
出典:JB/NBC NEWS

 

1 / 4
次へ