ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【エメラルダスSTOIST ST(ストリームチューン)】潮流を感じるティップ! ダイワの注目新作エギングロッド!「山田ヒロヒト」が開発秘話を明かす【2023年ダイワ新製品】

連載:山田ヒロヒト「ヤマラッピワールド」
寄稿:山田ヒロヒト
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
新製品総力特集2023

連載 山田ヒロヒト「ヤマラッピワールド」
【エメラルダスSTOIST ST(ストリームチューン)】
潮流を感じるティップ!
「山田ヒロヒト」が開発秘話を明かす

山田ヒロヒト (hirohito yamada) プロフィール

バックドリフト、ノーテンションソフトフォールなど、新たなエギングの扉を開き続けるエギンガー。2016年年末に、それまで23年勤めた会社を退社、2017年よりフルタイムのプロアングラーとしての活動を開始。これまで通りエギング関連アイテムの開発を続けるほか、イカ係長とフィッシングブランド「NUTS & VOLTZ」を立ち上げるなど、活躍の場を広げている。なおアオリイカの自己記録は屋久島ロケ中に捕獲した4280g。1968 年7月生まれ、大阪府出身、奈良県在住。趣味はスノボと一眼レフカメラ撮影。

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

2023年はバリバリと私自身がプロデュースをつとめる新製品も発売されますので、注目しておいてください!
というわけで今回は、さっそく私が関わって開発してきた2023年登場の新製品について、お話をしたいと思います。

今回の連載で紹介したいのは、新作のエギングロッドです!

私が2016年にSTOISTシリーズを世に送り出してから、もう7年になるのかな!?
「しなやかな中に鋭さがあるロッド」というのが「STOIST」のコンセプトでした。
重量ばかりを軽く作るのではなく、使っていて楽しいと思えるロッド!
そういうものが作りたいとリリースしてきました。

IMG_3662

そんな中で、SMT(スーパーメタルトップ)を搭載したり、軽さだけではない感度を味わってもらうことができたとは思うのですが、何か物足りないと感じた方も多いかと思います。

通常ならば、SMTといった金属繊維を穂先に使用するなんてことは、キャスティングロッドでは考えないところを実践してきたこともあり、好き嫌いがはっきりと分かれる部分でもあったかと思います。

その後、軽さを追求して、贅肉を削ぎ落とし、カリッカリにチューンしたロッドを作ろうじゃないか! 尖りまくったロッドを作ろう! と立ち上がったのが「RT」、そうです2年前に誕生した、STOIST RT(レーシングチューン)です。

これはSTOISTの立ち上げからのコンセプトから少し外れる部分が出てくることもあり、RTと名付けて赤をベースに作りました。

この時点で、じゃあ、STOISTとしての考え方はどうするのだ!? となりますが、そこはもうすでにこの時点で
SMTを搭載したロッド達は、また違った感度を追い求めていくことになると考えていましたので、究極な軽さを追うことがない「RT」とは別シリーズを立ち上げよう! という結論に至ったんです。

そんな新たなシリーズ! RTと違った考えをもつシリーズが2023年登場します! それは…!
STOIST ST(ストリームチューン)です。

2023年新たに登場!
エメラルダス STOIST ST(ストリームチューン)

2023年4月登場予定

RTとSTは、どちらかが上位モデルであるという考え方ではなく、双方ともダイワの最高峰のテクノロジーを用いて狙ったモノを作り出していくいわば、並列するダブルフラッグシップ・チューンシリーズです。

 

16 STOISTの理念はどちらかというと、STが継承すると言ってもいいかもしれません。
STは、軽さを追求していく感度ではなく、潮の流れや、扱うエギ、様々なファクターに合わせたモノづくりを行いエギングを更に楽しんでもらえるロッド! という位置づけで考えています。

 

ちなみにSTの誕生によって、RTの新モデルが登場しなくなるのでは? と考える人がひょっとしたらいるかもしれませんが、そんな心配はご無用です!
RTの製品開発は、高弾性のカーボンを追い求めて、軽さへのチャレンジをし続けて、今後も成長していきますから!

2023年からSTが加わること、製品としての層も厚くなり、より幅広いアングラーに興味をもって頂くことになっていくと考えています。
理想としては、ゆくゆくはSTOISTを探せば、自分の欲しいニュアンスのタックルに必ず辿りつく、そんなイメージを持っています。

【動画】ストイストST(ストリームチューン)を山田ヒロヒトが生解説

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

さて、ここからは、STOIST ST(ストリームチューン) の各モデルついて説明しましょう。

まず、STで最初にリリースするロッドの数は4モデルです。

品名 全長 継数 仕舞 自重 g 先径/元径mm エギサイス PE カーボン含有率 価格
73L-S 2.21m 2 115cm 77 0.8/8.4 1.8~3.0号 0.4~0.8号 99 ¥86,000
83M-SMT 2.52m 2 130cm 89 0.7/10.4 2.5~4.0号 0.4~1.0号 99 ¥91,000
88ML-SMT 2.63m 2 136cm 90 0.7/10.4 1.8~3.5号 0.4~1.0号 99 ¥91,000
82ML-5 2.49m 5 60cm 95 1.3/11.4 1.8~3.5号 0.4~1.0号 100 ¥91,000

その4本のうちSMT採用モデルが2本あり、SMTロッドの登場は、ダイワファンなら待ちに待ったかと思います。
ここ何年の間に、いろんなユーザーから、SMTモデルはもう作らないのか? SMTやめたのですか? などなど、各所でいろんな質問をうけましたが、やめる訳がありません!

エギを扱う上でのラインテンションを感じ取ろうとした時に、感度を高める上で、SMTの右に出るティップ素材はありませんからね!

STが16 STOISTのモデルチェンジと考えた場合に、RTが先に軽さを追求したモノづくりを終わらせているので
おのずと、STのSMTモデルも、20g程度、グっと軽くなりました、これも脅威です。

というわけで、そんな脅威的な進化を遂げることとなった4アイテムの紹介に移りましょう。

 

エメラルダス ストイスト ST(ストリームチューン)
83M-SMT

2023年4月登場予定

エギングでメインに使用するのに適しているレングスでSMTを搭載しました。
通常のキャストやシャクる動作がやりやすく、小気味良くエギをアクションさせることができるスタンダードなモデルです。

品名 全長m 継数 仕舞cm 自重 g 先径/元径mm エギサイス号 PE 号 カーボン含有率 価格
83M-SMT 2.52 2 130 89 0.7/10.4 2.5~4.0 0.4~1.0 99 ¥91,000

SMTを採用することで、シャクくった後の食わせの間を作る時の待ちを楽しむことができますので、潮流の変化を感じながら、違和感を素早く手元に伝えてくれます。
迷ったら、このモデルと言ってもいいでしょう。

エメラルダス ストイスト ST(ストリームチューン)
88ML-SMT

2023年4月登場予定

品名 全長m 継数 仕舞cm 自重 g 先径/元径mm エギサイス号 PE 号 カーボン含有率 価格
88ML-SMT 2.63 2 136 90 0.7/10.4 1.8~3.5 0.4~1.0 99 ¥91,000

88ってレングスは、STOISTをご存じの方なら分かるでしょう。
バックドリフトロッド用ロッドとして作ってきたレングスです。

エギにかかる潮流の抵抗が大きくなっても、88のレングスでエギをスポイルさせることなくアクションさせて見せることができます。
さらに潮流を感じとる待ちの状態でSMTとSVFナノプラスの組合せが、しなやかにロッドを曲げて状況を感じとれる究極のバランスです、
一度使ったら、やめられない感覚が釣り人をどハマりにしてしまいます。ダイワテクノロジーでしか可能にできない世界ですね。

エメラルダス ストイスト ST(ストリームチューン)
73L-S

2023年4月登場予定

ソリッドティップのショートロッド、それもライトです。
繊細すぎる、やばいモデルです。

品名 全長m 継数 仕舞cm 自重 g 先径/元径mm エギサイス号 PE 号 カーボン含有率 価格
73L-S 2.21 2 115 77 0.8/8.4 1.8~3.0 0.4~0.8 99 ¥86,000

過去にもここまでのエギングロッドは存在していないと思います。
実は前々から作ってみたかった製品で、77gという重量に、2000番クラスのリールを装着すると、未知の領域です。2.5号〜3号をメインに秋の新子を釣るのに軽快にできたらと考えていましたが、いやいや使い慣れてくるとモンスター相手にも使えます。
こんなロッド欲しかったと言われる方が存在するはず、楽しい釣りを約束します。

私自身、ティップランにも使用しており、キロアップは余裕のやり取り、曲がる楽しさを味わえる上に、繊細すぎるティップがアオリイカのアタリをうまく引き出してくれます、是非ボートでも使用してもらえたらと思います。

エメラルダス ストイスト ST(ストリームチューン)
82ML-5

2023年4月登場予定

これも、以前から作ってみたかった製品なのです。
実際、だいぶ前から企画はしていたのですが、リリースするメインアイテムが多すぎるために手がつけられなかったのですが、今回やっと製品化することができました。

品名 全長m 継数 仕舞cm 自重 g 先径/元径mm エギサイス号 PE 号 カーボン含有率 価格
82ML-5 2.49 5 60 95 1.3/11.4 1.8~3.5 0.4~1.0 100 ¥91,000

一般的に5ピースというと、重く鈍く、廉価なロッドがイメージされがちですが、STOISTなら、そんなイメージとは全く違うロッドが出来るハズ! と、実際にダイワの最先端テクノロジーを駆使して完成させたのが、このロッドです。

手に持つと、ホントに5ピース? と思わせる軽さに加え、シャクった時のロッドアクション、曲がりが、あまりにも美しく5本繋ぎという事実を忘れさせてくれます。
MLというアクションは汎用性が高く、エギング以外にも活躍してくれます。ワームやジグで軽く魚なんかも狙ってみるといいかと思います。
今までリールやエギは忍ばせることができてもロッドは、どうしても運びにくかったのですが、この5ピースモデルの誕生で完全に解決しました。
海外もそうですが、仕事の出張時も、STOISTロッドを、気軽に持参することができます。もちろんどんな現場でも最高のパフォーマンスを出してもらうために、完璧に仕上げました。遠征などでぜひ楽しんでください!

というわけで、今回2023年登場のストイストST(ストリームチューン)について紹介しました。
STシリーズは、まずはこの4アイテムからのスタートとなります。
今後もRTは尖って突き進み、STは本気の遊びを突き進む!
誰にもとめることができないエギングの領域に入っていきます
是非、今後の動きもお楽しみに!

 

ヤマラッピ・最新動画情報

エギングに関する色んなテクや最新アイテムについては、YouTubeチャンネル「ヤマラッピちゃんねる」でもガンガン紹介していってますので、チェックしてもらえるとウレシイです!

なお、YouTube「ヤマラッピちゃんねる」のチャンネル登録はこちら

【エギングテクニック】エギンガー必見!イカにエギを抱かせる方法教えます

 

オンラインサロン随時、メンバー募集中

オンラインサロンに興味がある方は、ぜひ一度、問合せしてみてください。私のHPにも詳細は記載しています
https://yamarappi.com/yamarappitimes/

オンラインサロン「ヤマラッピタイムズ」詳細はこちら

WEB連載 山田ヒロヒト「ヤマラッピワールド」
毎月20日 配信!

過去の連載記事はこちら