ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

「1gをベイトタックルでガチで振り切る」ライト系アングラーの夢と史上初の試み

連載:加来 匠レオン「ライトゲームマニア」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

今回は1gをベイトタックルでガチで振り切りたいというテーマに挑み続けている、インクススタッフ知久氏の近況です。

レオン 加来 匠(Kaku Takumi) プロフィール

加来匠(かく たくみ) 中国&四国エリアをホームグラウンドとし、メバルやアジ、根魚全般の釣りを得意とする生粋のソルトライトリガー。レオンというのはネットでのハンドルネームとして使い始めたが、いつの間にか、ニックネームとして定着。ワインドダートやSWベイトフィネスなどを世に広めた張本人、新たなスタイルを常に模索中! 「大人の遊びを追求するフィッシングギアを提供する」ことを目的としたプライベートプロダクション「インクスレーベル」代表もつとめる。

1gキャスティングの世界

フィネス機が発達した現代では、現状でもキャストそのものはできますし、1gの飛距離も15m程度投げることができるようにはなっていますが、やはりスピニングと比較してとても快適とは言えません。

つまり、スピニングタックルでライトゲームをする時のように【ピシッ!!!】と強く振り切ってしまうと高確率でバックラッシュしちゃいますし、それで悩んでいる方を多く見受けます。

僕にしたところで、ベイトタックル(例えばサビオにアルファスAirの組み合わせ)でキャストする場合、バックラッシュさせずに「ガチの振り切りキャスト」ができるのはやはり3g程度からであり、極フィネスである1gとなるとさすがに前述したガチ遠投モードの投げ方はできないのが現状です。

知久氏の神セッティング

という事で、何とかこの課題をクリアしようと知久氏がさまざまなフィネススプールの改造に取り組み、先日ついに神セッティングを見つけたとのこと。

まあこれは製品として実現するかどうかは分からないレベルのものですが…映像を見る限り、1gであれほど強く振り切って投げている姿を過去に一度も見た事が無いので僕も驚きましたよ(笑)

先々どうなるかは分かりませんが、Laboratoryでできたことは必ず量産もできると信じて、とりあえず夢↓を見てみましょう^^

出典:YouTubeチャンネル「INX tv」

出典:YouTubeチャンネル「INX tv」