ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【そろそろ気になる北の人気モノ】サクラマスジギング専用ロッド「サクラマスジグTZ」の特徴

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

三陸や北海道で、ぼちぼち気になり始める冬の釣りといえばサクラマスジギング。

△65でレングスは統一、パワークラス0~2番の3機種展開となるサクラマスジグTZ

そこで今回紹介するのは、テイルウォークのサクラマスジグTZ

名前の通り、サクラマスジギングに特化したロッドで、「TZ」シリーズということでガイド設定はステンレスフレーム・トルザイトリング。

サクラマスジグTZ

サクラマスジグTZは、2022年秋発売のニューアイテムで、6.5フィートの0番・1番・2番の3機種がラインナップ。

C650

C651

C652

モデル 全長(ft.in) 継数 仕舞寸法(cm) ロッド自重(g) ルアーウエイト(g) 適合ライン(PE) L1(mm) L2(mm) 税別価格(¥)
C650 6’5″ 2(B) 149 136 max100 max1.5 540 410 45,000
C651 6’5″ 2(B) 149 139 max120 max1.5 540 410 46,000
C652 6’5″ 2(B) 149 143 max150 max1.5 540 410 47,000

テイルウォーク公式サクラマスジグTZ詳細ページはこちら

カーボンフルソリッド

サクラマスジグTZのブランクスはカーボンフルソリッド。

サクラマスジギングを経験すると分かるのだが、レンジが深かったり浅かったり、巻きでヒットしたりフォールで食ったりとベイトの種類によってもなかなか変幻自在なのだ。

そうした場合に、バイトを確実に捉える感度はもちろん、追従性の高さも持ち合わせているのがサクラマスジグTZ。海サクラ、実は口切れが多い魚でもある。

また、誘いにおいてもあえてジグを飛ばさない誘いもこなせるし、復元力も高いのである程度飛ばすこともできるロッドで、変幻自在なサクラマスに高い万能性で対応可能。

バットジョイントでそのブランクス性能はフルに発揮される。リールシートは握り込みやすいTCSで、さまざまな誘いを試したいサクラマスジギングにマッチ。

△コルク仕様も所有感をくすぐる

ということでサクラマスジグTZをご紹介しました。

この3機種ですが、単純に0番から2番のど真ん中の使い方ができるのはもちろん、あえて少し重めのジグで、さらに飛ばさないジグの演出をしたり、またその逆もできたりと、攻略の幅が広がる。

レングス自体は6.5フィート統一なので、長さでの違和感もなく、逆にレングス統一だからこそ有効レングスなど特長が分かりやすいのでは? そのあたりも含めて、釣行したいフィールドでやりたいアプローチにマッチする機種を見つけてみては?

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。