ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【年間釣行300回超え】“遊漁船ブランド”が釣ることだけを考えて開発「グローエンペラー」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

オフショアジギング。

狙いの魚種や捕食しているベイトの種類やサイズに応じてジグをセレクト。そのため、常備するにもバリエーションが多いに越したことはありません。ベイトフィッシュを捕食しているケースも良くある話ですが、“釣った魚の口から何度も小イカが吐き出される様子を目撃したことをキッカケ”に開発された、小イカがメインベイトの状況で絶大な釣果を誇るこちらもBOXへいくつかスタンバイしてほしいトコロ。

グローエンペラー【ON THE BLUE】

小イカソックリな形状で、イレギュラーアクションを発生。

「ON THE BLUE」の「グローエンペラー」という名のメタルジグになります。それにしてもリアル…。

ON THE BLUE公式「グローエンペラー」詳細ページはこちら

ショートムービーもぜひチェック!

YouTubeチャンネル「ON THE BLUE」で配信中!ショートムービーはこちら

全6ウエイト展開

ラインナップについてですが、オフショアジギング用は40g、60g、80g、100g、120g、150gの6ウエイトが展開中! また、2022年9月にはショアジギング専用モデルの20g、30gも登場し、シリーズでは全8ウエイトが展開されています。豊富なラインナップなため、あらゆるジャンルやメソッドに対応してくれますよ。

釣果報告も続々更新中!

フィッシュイーターのメインベイトになりやすい小イカをリアルに再現し、ウエイトも豊富に揃っているため、冬になってきているとはいえ、釣れている魚種もカナリ豊富! 製品特長を解説させていただく前に、まずは最近の釣果投稿をご覧アレ!

カンパチの釣果も◎!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

根魚の釣果は常に安定!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

マダイが釣れることも多々アリ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

フィッシュイーター全般が大好物!「小イカ」に激似なシルエット

では、凄まじい釣れっぷりをご覧いただけたトコロで、製品特長に移りたいと思います。「グローエンペラー」の最大の特長は、「リアルシルエットによる視覚的効果と、形状が生み出すアクション」。

開発経緯

この形状に設計された理由も「ON THE BLUE」代表の”錦野憲彦”さんは、釣った魚の口から「小イカ」が吐き出される様子を何度も目撃していたそう。フィッシュイーターが小イカを好んで捕食していることについては、前々からご存知だったそうですが、吐き出す様子を目撃する頻度があまりにも多いことで、”イカに似せたジグを作ったら釣れるのでは?”という発想で「グローエンペラー」を本格的に開発。

それに伴い、全ての魚族には大体「ヒレ」があるのに、メタルジグには何故ヒレが付いていないのか? という疑問も前々からあったそうで、この形状に設計したという開発エピソードがあります。完成してからはターゲット問わず様々な魚種が釣れマクリ、青物、マダイ、フラットフィッシュなどなど…。日々「グローエンペラー」は多くのフィッシュイーターを魅了し続けています。リアルに再現されている生命感アリアリな「眼」も注目ポイント。

グロー系は目立って釣れる

小イカ型のリアルシルエットに加えて、もう1つ視覚的要素でバイトを誘う秘密が「グローエンペラー」には秘められています。

それは名前の通り、全カラーのエンペラ部分にグローが採用されています。また、裏面甲部分にはケイムラコーティングも施され、遠い所もしくは深い所からでもターゲットを引き寄せることが可能です。

実際の光り具合はこちらから!

小イカ形状は食わせ力バツグンな動きも演出!

小イカ形状は視覚的要素だけに限らず、”釣れるアクション”を生み出すことも可能。

エンペラ」、「オーバルアイ」、「脚ヒレ」によって、タダ巻きではパドり(ヒレをばたつかせる)、ゆるいジャークを加えることで、水平かつ毎回不規則なフォールアクションを演出。この毎回異なる動きを魅せる独自アクションで、深場に潜む青物や、根魚、フラットフィッシュなどを誘い出します。

アクション方法

ついでにアクション方法についても解説。

フォールさせてタダ巻きといったタイラバ的な使い方ができたり、フォールさせて緩いジャークを加えて巻いてくる使い方も効果的。その時々に有効なアクションをこちらから演出可能です。

フロント&リアの上下にツインフックを採用

また「グローエンペラー」には全サイズアシストフックが標準装備となっています。120g/150gはフロント&リアの上下にツインフックを採用、40g/60g/80g/100gはフロントにティンセルが施されたツインフック&リアにティンセル仕様のシングルフックを採用。因みにショアジギング対応の20g/30gはフロントにティンセル仕様のツインフックが採用となっています。

次ページでは気になるカラーラインナップを紹介!
1 / 2
次へ