ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

ぐんぐんサイズUP中! 山本康平の和歌山・南紀オカッパリエギング現場レポート!

寄稿:山本康平
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは、ブラックライオン山本康平です!
サイズUPしてきた和歌山・南紀へオカッパリエギングに行ってきたので、レポートさせていただきます!

山本康平( Kohei Yamamoto) プロフィール

楽しい釣りを提供し続ける釣具メーカー『BLACK LION』で開発営業を担当。その傍ら、和歌山県田辺市『South Current』で船長として舵を握る。現場に一番近いところにいるため、海上で自身が納得したものしか世に出さないというこだわりのモノ創りの魂を発揮する。平成2年12月生まれ。高知県宿毛市出身、和歌山県田辺市在住。JLA  (ジャパンルアーアングラーズ) 所属。

当日、前半戦は3号やシャローtypeの軽いエギをメインに使用するため、ロッドはラーテル77をメインにシャローをランガンすることに!

実際、ランガンしてみると、行くポイントの全てでイカが現れる感じのなかなかイイ状況。

攻め方的には、狙うポイントの水深は1mほどなので、キャストし着水と同時にシャクリ初めて、シャクり後のフォールは1秒程。
シャローtypeの場合は、水平に引っ張り3秒程待つ。といった感じでテンポ良くハイペースにランガンしていきました。

秋特有の小型エギ2号〜3号の軽くて小さいエギを多用していましたが、この日は真の究極感度のラーテル77を使用していたことで、エギの重さやアタリをしっかり感じとることができまた潮の効いている場所などの特定もしやすかったです。

ブラックライオン公式ラーテル詳細ページはこちら

さて、シャローのランガンの後に入ったのは、表面の波がざわつく所。
この場面では、良いsizeの実績が高いため、sizeアップ狙いで3.5号ノーマル。
波がざわついているので、しっかり安定したフォールをさせやすいエギをセレクト。

すると、最初のシャクリからフォールに変わった瞬間にカンッという良いアタリからフッキング。
心地よいジェット噴射を味わいあがってきたのはキロクラスの良型でした。

そんな感じで、この日は状況に応じた攻めで1キロクラスをまじえて2ケタ釣果の楽しい1日となりました!

皆様も状況にあったロッドセレクト、エギセレクトを行って、沢山のイカと巡り合いエギングを楽しんでくださいませ!

当日の使用ロッド

ラーテル77【ブラックライオン】

https://www.black-lion.jp/rater77.html

Length EGI
(号)
Line
(PE)
Section 先径
(mm)
元径
(mm)
自重
(g)
仕舞寸法
(mm)
税込価格 Production
7.7ft 2.5〜3.5 0.6〜1 2pc 0.9 10.1 89 1.195 ¥54,780 MADE in JAPAN

 

ラーテル77MH【ブラックライオン】

https://www.black-lion.jp/black-lion-rater77mh.html

Length EGI
(号)
Line
(PE)
Section 先径
(mm)
元径
(mm)
自重
(g)
仕舞寸法
(mm)
税込価格 Production
7.7ft 3.0〜3.5 0.6〜1 2pc 1 10.6 88 1.195 ¥54,780 MADE in JAPAN