ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【ターゲットはアジ・メバだけにあらず】パワー系ライトゲームを網羅、シマノ「ソアレSS」がリニューアル

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

シマノソアレシリーズにおける、リミテッド、エクスチューン、XRに次ぐミドルクラスの要。

シマノ「ソアレ SS」。 上位機種に迫るスペックながら、2万円台というコスパで人気を誇るシリーズ。

2022年ついに、待望の「スパイラルX」を採用しリニューアル。 なんでも繊細な操作感はそのまま…かなりパワーアップ?しているとか。

22ソアレ SS

アジやメバルだけでなく、0.8号以下のライトタックルで狙える魚すべてがターゲット。

シマノ公式「22ソアレ SS」詳細ページはこちら

リニューアルのポイント

リニューアル!と聞けば、気になるのは何がどう変わったのか。ここでのポイントは大きく2つ。

スパイラルX

ネジレとつぶれを克服しロッド性能を根幹から高める、それが「スパイラルX」。ロッド縦繊維の内層と外層に、カーボンテープをそれぞれ逆方向斜めに密巻きした三層構造で、内外の斜めの繊維により、軽さを維持しながら、高いネジリ剛性とつぶれ剛性を実現。キャストやファイトといった釣りの動作における瞬時のパワー伝達がよくなり、軽さを維持して“獲るための地力”を高める、シマノ独自の「基本構造」。

これが「パワーアップしている」という理由。アジ・メバだけでなく30cmまでのロックフィッシュや青物狙いにも◎

タフテックα

また一部機種(S76UL-S)には「タフテックα」も搭載。

タフテック穂先の張りを抑制した穂先。穂先の径を落とさず、強度も保ちながら、しなやかで繊細な曲がりを実現したソリッド穂先。

もちろん「ハイパワー X」「ソフチューブトップ ※S76UL-Tに採用」「ハイレスポンスソリッド ※S76L-S、S80L-S、S80UL-S、S86ML-Sに採用」「CI4+」などの技術は踏襲(一部機種)。…楽しみでしかないですねぇ。

ライトゲームの可能性が広がるシリーズ

では実際に使ってみると、どんな使用感で、どんな釣りに使えるのか。公式HPに記載、インストラクター新保明弘さんのインプレッションがとてもわかりやすい。

ライトソルトゲームはミノーのトゥイッチやメタルジグのジャークなど様々なルアーを使い、多彩なアクションでターゲットを誘います。新しいソアレSSのテストですぐに感じたのが、投げる、巻く、操る、ファイトするなど実釣動作すべてでストレスのない操作感です。これがブランクスに新たに採用されたスパイラルXの効果なんだ、と。同レングス、同パワーでソリッドティップモデルとチューブラーモデルを用意し、ジグヘッドリグやライズショットDIなどでアクションをつけて誘った後にティップでアタリを聴く釣りにはソリッド。プラグを巻いたり、トゥイッチでアクションを付ける釣りが主体ならチューブラーと、攻め方や使用ルアーで使い分けることもできます。機種も前作から1アイテム増え、ラインナップが変更されたのも新しいソアレSSの特徴です。なかでも注目は前作にはなかった機種のS76L-Sです。ティップはハイレスポンスソリッドを搭載して張りが強めで、バットパワーもあります。30cmまでのロックフィッシュや青物狙いなど強めのライトソルトに向いていて、堤防周りや足場の低い小磯でも取り回しやすいレングスに設計されています。漁港周りでメバルやアジを狙うスタンダードなライトソルトゲームにはS76UL-Sがあり、S86ML-SやS86ML-Tはサーフでウルトラシュートを使いアンダー1gのジグヘッドを遠投することができます。ライトソルトの可能性を広げる個性的なラインナップも大きな魅力で、入門用ロッドからステップアップしたいという方にもぜひ使っていただきたいシリーズです。またメインロッドはソアレXRなどの上位機種で、たまに狙うゴロタの尺メバル用といった具合にサブ的なロッドとしてもおすすめです。ちなみにゴロタで尺メバルを狙うならS80UL-Sです。S76UL-Sより長い分曲がるからドラグを強めに効かせたファイトができ、大型メバルのキャッチ率が上がります。ティップがしなやかだからルアーをゴロタ場の流れにのせるドリフトもやりやすいです。多彩な顔ぶれのソアレSSでライトソルトの奥深さを楽しんでください。

出典:シマノ公式HP

多彩なラインナップも魅力

S76UL-S

喰わせのオールラウンダー

タフコンディション対応モデル。しなやかながら高強度なソリッド「タフテックα」を採用する事で、S76UL-Tに比べ入り込むティップに。重量のあるリグが苦手となる反面、軽量なリグとの相性は格別とも。漁港、港湾、防波堤などのスレ切った魚を相手に、アンダー1gのジグヘッドの展開などで。

S80UL-S

ライト系セミロング

ライトリグを駆使して多彩なターゲットを狙う為のモデル。0.4g~8.0gという適合ルアーウェイトの幅があり、多彩なリグで攻めることが可能。ULパワー特有の魚の引きを楽しめる面白さがあり、またタメが効き、バレも抑制する効果も特筆すべき。

S76L-S

パワー系オールラウンダー

強い釣り、プラッギングや軽量メタルジグなどにはS76L-S。Lクラスとあって、ティップが負けがちなシチュエーションでも威力を発揮。巻きの釣りだけではなく、掛けにいく操作に対応できるのもポイント。こちらもアジ・メバルだけでなく多彩なターゲットを狙うことが可能な1本。

S80L-S

パワー系セミロング

アジ・メバル、他、小型青物やロックフィッシュなど、ライトリグで狙える幅広いターゲットに対応するS80L-S。MAX28gまでのパワーがあり、多彩なリグで攻めることが可能。時には障害物周りの強引なファイトもそつなくこなす強さが魅力の1本。

S86ML-S

ド遠投&操作のロングロッド

アンダー1gのジグヘッドがあのポイントに届いたら…。それを可能にするのがこのS86ML-Sと超遠投用飛ばしウキとの組み合わせ。遠投系でありながらソリッド採用という点が細大のポイント。掛けの操作・巻きの操作、ともに対応し、掛けた魚をバラしづらいバランスを追求しながらも大遠投ができる異色のロッド。アジ・メバをはじめミドルクラスのターゲットまで幅広く使いたい1本。

S76UL-T

リグを選ばないオールラウンダー

ターゲット・ポイント・リグを問わないオールラウンダー。軽量ジグヘッドからスプリットショット、フロートリグ、小型プラグ、さらにはメタルジグまで幅広く対応。適度にしなやかなチューブラー穂先「ソフチューブトップ」を搭載し、バイトに追従しながら的確にアタリを感知し、効率良くフッキングを決めにいくことが可能。

S86ML-T

「超」ド遠投ロッド

とにかく飛距離重視のアングラーへ。遥か彼方のポイントをアンダー1gのジグヘッドで攻めることができたら、それを可能にするのがこのS86ML-Tと超遠投用飛ばしウキとの組み合わせ。どこまでも飛距離に拘ったチューブラー仕様。重量のあるリグにも負けず、爽快な振り抜け感も持ち合わせています。とにかく飛距離で勝負したいアングラーにお勧めの一本。

スペック表

品番 全長(ft.) 全長(m) 継ぎ方式 継数(本) 仕舞寸法(cm) 自重(g) 先径(mm) ルアーウェイト(g) 適合ラインナイロン・フロロ(lb) 適合ラインPE(号) リールシート位置(mm) リールシートタイプ カーボン含有率(%) 本体価格(円)
S76UL-S 7’6″ 2.29 並継 2 117.2 64 0.8 0.5~5 1~3 0.1~0.4 260 UPLOCK 83.8 28,100円
S80UL-S 8’0″ 2.44 並継 2 124.7 72 0.8 0.4~8 1~4 0.1~0.4 280 UPLOCK 86.4 28,500円
S76L-S 7’6″ 2.29 並継 2 117.2 70 0.8 0.6~12 1.5~4 0.1~0.6 260 UPLOCK 86.5 28,500円
S80L-S 8’0″ 2.44 並継 2 124.7 74 0.8 1.5~14 1.5~6 0.2~0.8 280 UPLOCK 86.2 28,900円
S86ML-S 8’6″ 2.59 並継 2 133 84 0.9 2~28 2~6 0.2~0.8 337 UPLOCK 87.2 29,700円
S76UL-T 7’6″ 2.29 並継 2 117.2 65 1.4 0.6~6 1.5~5 0.1~0.6 260 UPLOCK 84.7 28,100円
S86ML-T 8’6″ 2.59 並継 2 133 84 1.6 2~28 2~6 0.2~0.8 337 UPLOCK 87.2 29,700円

関連動画もチェック

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

アジメバを楽しみつつ、不意に回遊してくる小型回遊魚や潮止まりのタイミングでロックフィッシュ、はたまたライトエギングなど…1回の釣行であれこれ楽しみたいエンジョイ勢は、こんなロッド待ってたんじゃないでしょうか?

気になる方はぜひ!

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。