ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ヒレ搭載で超リアル】不規則フォールと優れた直進性能で多彩な魚種を全攻略!遊漁船ブランドによる「ブレードジグ」の再出荷がスタート

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

試されましたか?

遊漁船「日登美丸」による船上開発ブランド「ON THE BLUE」から登場したブレードジグ「ヒレジグ」。リアルな見た目とイレギュラーフォール、優れた直進性能によって昨今流行中のブレードジギングで大活躍。ただ、このルアーに秘められた実釣性能は凄まじく、サワラ以外にも様々な魚種を攻略可能。ジギングにSLJ、はたまたショアキャスティングゲームでも重宝したり…。今回はそんな「ヒレジグ」が万能というお話。

ヒレジグ【ON THE BLUE】

発売中

最近はブレードジギングをメインに「ヒレジグ」を紹介してきましたが、本業は“何でも屋”。対応魚種も使えるシーンも正にマルチ、オフショアジギング全般からショアのキャスティングゲームまで多岐にわたり活躍。ON THE BLUE代表“錦野憲彦”さんの話では、ブレードジギングでサワラが不発した時など、レンジやリトリーブスピードを変えることで他の青物、根魚&マダイなども攻略可能とのこと。そんな万能ブレードジグがまもなく各釣具店にも再入荷予定。より見かけることが多くなりそう…。

写真はヒレジグ40gになります

SWルアーターゲット全般攻略可能な実釣力

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ON THE BLUE(@jigggy_ontheblue)がシェアした投稿

釣れる魚種が豊富な理由

では、何故「ヒレジグ」がこれだけ多くの魚種を攻略できるのか? それはリアルな見た目と緻密なボディ設計によって生み出されるアクションが大きく関係しています。

見た目が超リアル

まずは視覚的要素として見た目がリアルな点。

全ての魚族には大体「ヒレ」があるのに、メタルジグには何故ヒレが無いのか?という疑問を製作に落とし込み、ジグにも関わらずボディにヒレが搭載されています。釣られた魚の口から、ベイトが吐き出される様子を何度も目撃したことをキッカケに、極力見た目をベイトフィッシュに似せようとしてこの形状に。

イレギュラーフォール&安定スイムを演出

ヒレの搭載によるメリットは視覚的要素だけにとどまらず、アクション性能にも大きく影響を与えてくれます。

本体リアに設けられたオーバルアイによって、不規則フォールを演出。ボディに背ビレや尾ビレ、腹ビレなどが備わっていることで、それぞれが水を受けて毎回違った不規則フォールを演出。急降下、ヨロめき、スパイラルといった、予想もつかない独自アクションで様々なフィッシュイーターの捕食本能を刺激。

また、リトリーブでは対照的な安定スイミングアクションを演出。

その様子はまるで一直線に逃げるイワシそのもの。ボディは安定姿勢を保ち、リアに標準装備されている「オリジナルベイトブレード」によってイワシの群れを再現! ブレードとリアフックが丁度同位置に設置されているので、ブレードを目掛けてバイトしてきても上手くフッキングを決めることができます。

標準装備のフックには“伊勢尼”を採用

また、標準装備のフックに関しては一般的なブレードジグに備わっているフックより細い線径で口元をシッカリ貫いてくれる“伊勢尼”を標準装備。サクッと刺さりやすくなっていますので、バラシのリスクも軽減。キャッチ率アップに貢献。

狙いの魚種に応じてレンジやリトリーブ速度をコントロール

基本的な使い方はタダ巻き&高速リトリーブ。

キャスト後はテンションをかけずに、フリーフォールで着底。マダイや根魚を狙いたい場合は底付近をゆっくりタダ巻き、青物は中層や水面下をタダ巻きで誘い、サワラを狙う場合は超高速巻き。狙いの魚種に応じて様々なリトリーブスピード&レンジを自在にコントロールすることが可能。

全6色展開

さて、そんな「ヒレジグ」のカラーラインナップは全6色展開。ベイトフィッシュライクなカラーを中心にジギングでは定番色であるミドキン&アカキン系もラインナップ! ぜひ、魚種やフィールドにマッチした物を選んでみてくださいね!

#01 シルバーグロー

スタンダードでマスト、シルバー×グローの強いフラッシングアピールが特長。青物やサワラが混じるフィールドでは必ず用意したいカラーの1つ。

#02 ナチュラルシャドー

渋い輝きで気配を消して逃げる、喰い渋り対策カラー。派手なカラーに反応がない状況にオススメ。

 

#03 アルバエメラルド

「串木野ALBA丸」(インスタ)の船長が永年の釣り経験から本当に良く釣れているカラーがある。の一言から開発スタート。実績から産み出されたカラー、ポテンシャルはラインナップ中No.1。

#04 レッドゴールドグロー

説明不要の万能性! 欠かせない定番色アカキン。ヒレ部にはグローをオン。

#05 グリーンゴールドグロー

SLJで定番色! ヒレ部にはグローをオン、アカキン同様タックルボックスに外せないカラー。

 

#06 ウルメイワシ

コンセプトが丸々詰まった代表的カラー。リアルな鱗ホロ採用で生命感が強く、サワラなどの水面下をハヤマキで誘う釣り方にも効果的。

通常のメタルジグで反応しない魚に口を使わせる力を秘める、ヒレ搭載型の新発想メタルジグ「ヒレジグ」。いよいよリリースとなりますので、ぜひ見かけた際は試してみてくださいね!

スペック詳細
ウエイト カラー 税込価格
40g、60g、80g、100g 6色 40g(1,392円)、60g(1,513円)、80g(1,634円)、100g(1,755円)

ON THE BLUE

2019年に設立。年間釣行300回超えの遊漁船による船上開発ブランド。タイラバ/SLJ/ライトジギングをメインに「どうしたらもっと釣りが面白くなるだろう?」を常に考え続け、「これは釣れる!」と「これで釣りたい!」の両立、「コレはありそうで無かった」を開発の流儀としている。
ON THE BLUEの最新情報は以下からもチェック!

公式Instagramページはこちら

公式YouTubeチャンネルはこちら

遊漁船 日登美丸詳細ページはこちら