ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

誰でもカンタン“投げて巻くだけ”!ハヤブサの「ジャックアイ フリフリシャッド」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

一年で最もヒラメが釣りやすいと言われる秋。

この時期は冬に備えて、積極的にベイトを追うので、比較的ビギナーの方でも狙いやすいタイミングでもあります。

今回、紹介するのは、ハヤブサの「ジャックアイ フリフリシャッド」

2022年に登場したジャックアイシリーズの新作であり、すでに数多くの釣果も報告されるなど、実績十分のルアーです。

ハヤブサスタッフの橋本さんによる実釣レポートはコチラ

【2022年新製品】ハヤブサ橋本翔大が「ジャックアイ フリフリシャッド」の超ハイアピール&ボトムスタンド釣法で大型マゴチをラッシュ!

ジャックアイ フリフリシャッド【ハヤブサ】


出典:ハヤブサ公式「ジャックアイ フリフリシャッド」詳細ページ

重さ(g) カラー 税込価格
20g 6色 ¥935
30g 6色 ¥979
40g 6色 ¥1023

ハヤブサ公式「ジャックアイ フリフリシャッド」詳細ページはこちら

唯一無二も泳いでボトムで立つアクション!

ジャックアイ フリフリシャッド」は、ヒラメ・マゴチといったフラットフィッシュをメインターゲットとしたジグヘッド。

大型テールによるフリフリアクションに、リップヘッド独自のボディローリングアクションをプラスした、「フリフリ&ローリング」アクションで広範囲にアピールすることができます。

ネームにもなった強アピールのテールアクション

「ジャックアイ フリフリシャッド」の武器の一つが、ネームにもなった強スイングのテールアクション。テール部分をあえて大きく設計することで、撹拌力が向上。タダ巻きだけで強波動を起こし、さらにボディ全体も大きくウォブリング。

テール部分にスリットを設けることで、より左右に振るように設計されています。ボディ自体もラメの良をあえて多くしているとのことで、フラッシング効果もバツグンです!

底で立つヘッド形状

そして、もう1つの特長は大型リップ搭載のヘッド形状。

大型のリップがあることで、フォールさせたときにボトムで立ちやすく、立ち姿勢はフックが浮くようになります。これにより、根掛かり回避とフッキング率が向上。

スイミング時のテールアクションによる強アピールからのボトムスタンド、ボトムバンピングなど様々なアクションに対応。

ボトムを這うようにスイミングさせて、砂埃を立てながら誘うといったことも可能です。砂ぼこりで引き寄せて、寄ってきたターゲットにスタンド状態からの倒れ込む動きでスイッチを入れる、といった緩急をつけた誘いもオススメです。

2WAYでアクションが切り替え可能

そしてもう一つの注目ポイントが、2WAYラインアイ仕様。

アイを2か所用意することで、フロントのメインアイは派手系アクション、リアアイはやや控えめアクションと切り替えが可能。

状況によって簡単に切り替えができるので、様々な場面にも対応可能です。

基本はタダ巻き

ジャックアイ フリフリシャッド」の使い方は基本的にタダ巻き。そのほか、ストップ&ゴーやボトムバンピングなども有効です。

リトリーブスピードも高速から低速まで幅広く対応しているので、活性状況にあわせて使い分けることもできます。

リップがあることで、リトリーブ中も適度に抵抗を感じることができるので操作感も伝わりやすいのもポイント。レンジキープがしやすく、それでいてボトム感知能力も高いので、ヒラメやマゴチが潜む、カケアガリをサーチするにもピッタリの性能です。

ウエイトラインナップも20g/30g/40gと、あえて重ためを設定してあり、シャローから深場まで攻略が可能です。

サーフにおいてレンジキープは、重要なテクニック。しかしその反面、技術や慣れが必要でもあります。

「ジャックアイ フリフリシャッド」の場合、巻くだけでだれでも簡単に一定層を引くことができ、なおかつハイアピール性能と基本性能が非常に高いのが特長。ぜひチェックしてみてください!

カラーラインナップ

パールグロー銀ラメ

ブルピン

アカキン

ケイムラクリアオーロラ

ピンクグロー金ラメ

チャートゴールド

また、ショア以外のボートからのキャスティングゲームにも有効です。ハヤブサスタッフの橋本さんのレポート記事も公開中です!あわせてチェックしてみてください!

【ジャックアイ】伊勢湾ボートマゴチ!ジャックアイ・フリフリシャッドでマゴチはもちろん、大型青物も登場!

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。