ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

ショアからのブレードゲームに!アクアウェーブの「メタルマジックショア」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

今、最も注目を集める釣りの一つ、“ブレードゲーム”。

サワラや青物を狙うオフショアでのキャスティングがイメージされるかと思いますが、ショアからでも非常に様々な魚種を狙うことができます。

今回はそんなショアからのブレードゲームにピッタリのアイテム、アクアウェーブの「メタルマジックショア」をピックアップ。

出典:アクアウェーブ公式「メタルマジックショア」詳細ページ

「メタルマジック」といえば、サワラを狙うブレードゲームの火付け役とも言われており、巻くだけで釣れることもでも有名なブレードジグ。

オフショアでは、タングステン素材の「メタルマジックTG」がメインで使用されていますが、「メタルマジックショア」は鉛素材となります。

メタルマジックショア【アクアウェーブ】

「メタルマジックショア」のウエイトはショアからの使用を前提としているため、使用頻度の高い20g、30g、40gの3種類!

オリジナルと同様30gと40gは「メタルマジックTG」と同様のシングルフック仕様で、20gのみダブルフック仕様となります。ブレードもコロラドタイプが採用されています。

ウエイト カラー 価格(税別)
20g 8色 ¥760
30g 8色 ¥800
40g 8色 ¥840

アクアウェーブ公式「メタルマジックショア」詳細ページはこちら

「メタルマジックショア」の特徴

オリジナルの「メタルマジックTG」と共通点が多い「メタルマジックショア」。

ここでは、「メタルマジックショア」の特徴について紹介していきます。

断面が三角形のボディの形状

「メタルマジックTG」と同様、断面が三角形のボディの形状。三角形に設計されていることで、リトリーブ中も安定した姿勢でスイミングが可能。

高速から低速まで幅広い速度に対応しています。タダ巻きでテール部のコロラドブレードが回転し、青物をはじめとした多くのフィッシュイーターにアピールしてくれます。

鉛素材を採用しているとはいえ、ボディサイズは比較的コンパクトな状態をキープされているので、小型のベイトフィッシュを捕食しているターゲットに対しても効果バツグンです!

パワー太軸シングルフック

30gと40gは、オリジナルと共通のパワー太軸シングルフックを搭載。

シングルフックは30と40g

スプリットリングもフックも大型のターゲットが掛かっても安心してファイトができるように強靭に仕上げられているとのこと。粘りのある素材が使用されており、20gのダブルフックもハタ類などが潜むような根掛かりが多いようなシチュエーションで活躍。

「メタルマジックTG」との違い

「メタルマジックTG」との一番の違いは、素材。「メタルマジックショア」は、鉛が使用されておりオリジナルのTGと比較してもやや大きめ。

フォールスピードに関しては、「メタルマジックTG」に比べややスロー気味で、ジックリ狙いのターゲットへルアーを見せつけれるように設計されています。さらに、着底してからのリトリーブでは、ボディが浮き上がりやすいので、ボトムから表層までの間を広くスピーディーに探ることができます。

また、鉛なのでお値段もお手頃で、いずれのウエイトも1000円以下で購入が可能。コストパフォーマンスに優れているのも魅力ですよね。

カラーラインナップ

カラーバリエーションは全8色展開。水質や天気などに応じて、系統の異なるカラーを何色かボックスに忍ばせておくのもアリ。

#A13A アカキン

#A14D イワシ

#A70C ピンクバック

#A75A ゼブラグロー

#A104A グリーンゴールド

#A106 ブルピン

#A107 シルバー

#A124 UV ピンクシグナルO.B

以上、青物などをはじめとしたショアからの釣りに特化した「メタルマジック・ショア」の紹介でした!

これから増々ショアジギングのターゲットが狙える季節。ぜひ、気になる方はお試しくださいね。

実釣動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「Viva / Aquawave Lures」詳細ページ

AquaWave(アクアウェーブ)

兵庫県三木市を拠点とするソルトウォータールアー専門ブランド! アジング、メバリング、タチウオゲームなどのワーム、プラグ、ジグヘッドなどを主体に現場密着系アイテムを続々と輩出中!