ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

シーバスゲームの喰わせの切り札!マイクロベイト対応のリアルミニシャッドワーム!ダイワの「モアザン シーバスロデム ミニ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

数々の実績を残してきたダイワの「モアザン シーバスロデム」。

モアザン シーバスロデム」は、フラットフィッシュ用ルアー、「FBロデム」をシーバス専用設計にアップデートしたルアーです。

そんな「モアザン シーバスロデム」にミニサイズが登場しました。

「モアザン シーバスロデム ミニ」は、食い渋り、マイクロベイト対応のリアルミニシャッドワームセット。

通常サイズのワームだったりミノーではシーバスが反応しない場面に有効な、切り札的存在です。

モアザン シーバスロデム ミニ【ダイワ】

「モアザン シーバスロデム ミニ」は7gと10gの2サイズ展開で、全長2.7インチ(約6.8cm)と非常にコンパクトな設計。

カラーは共通で8色の展開。

サイズ(インチ) ウエイト(g) カラー 標準装備フック メーカー希望本体価格(税抜)
2.7 7 8 #3/0シングル 900円
2.7 10 8 #3/0シングル 900円

ダイワ公式「モアザン シーバスロデム ミニ」詳細ページはこちら

「モアザン シーバスロデム ミニ」の特長

「モアザン シーバスロデム ミニ」の特徴は3つ。

ここではその性能や特長について紹介していきます。

三角断面ブーメランボディ形状

一つ目は、三角断面ブーメランボディ形状。

モアザン シーバスロデム ミニでは三角断面ブーメランボディ形状を採用。ヘッドの形状もそれに合わせたベイトフィッシュそっくりのリアルシェイプデザインになっています。

アイの位置もヘッド部のやや上に設置されており、ジャーキングなどで不規則なダートを演出します。また、リーリングなどでは三角型の頂点で水を受けることになるので、抵抗も少なく細かいアクションや操作も可能。

極小テール

「モアザン シーバスロデム」とも変化の一つでもあるテールのサイズ。

「モアザン シーバスロデム ミニ」ではあえて極小サイズのテールに変更されています。この極小テールがタダ巻きでは、小魚のような波動を発生し、高速から低速まであらゆる速度で反応。トゥイッチやダートといったアクションにも対応しているとのこと。

ダックフィンテールを搭載

そして最後は、ダックフィンテールの搭載。

ダックフィンテールとは、水鳥の足ヒレ形状からヒントを得た形状で、ダックフィンシャッドシリーズでも高い実績を上げていることでも知られています。

その独特の形状は水つかみが良く振り子状に大きく左右にスイングする為、ワインドに影響のない様サイズを極小化しても、ブーメラン形状に曲がった細いテールと相まって確りとバイブレーション&ロールアクションを引き起こし、波動とシルエットの両面からアピールできるとのこと

タダ巻きとダートの2アクション

「モアザン シーバスロデム ミニ」の使い方は大きく2つ、タダ巻きとダートアクション。

タダ巻きでは小魚のような波動を発生し、ジャークでは左右に大きくダートさせるワインド釣法にも対応しています。

アクションのカギとなるのが、ブーメラン型のボディ形状。

早巻きではブーメラン形状のワーム後半部が水流でうねりながらバイブレーションを発生、逃げる小魚のような波動を演出するとのことで、ここぞの喰わせのシーンにも活躍してくれる性能となっています。

ワーム部を中央でへの字に曲げることで、ジャークアクションによるワインド釣法では左右に大きく安定してダートし、リアクションバイトを誘発するとのこと。

この「三角断面ブーメランボディ」がもたらす効果は、ワインドで〝左右に大きく〟〝安定したダートアクション〟を生むこと。

前述した「食わせ」の面はもちろん、ダートアクションでリアクションバイトを誘発することもできそうな万能性も魅力ですよね!

ジグヘッド腹部には、トレブルフックも搭載可能なアイを設置しているので、下からのバイトにも対応可能です。

アクション動画はコチラ

出典:YouTube「DAIWA JAPAN Products【公式】」詳細ページ

カラーラインナップ

イナッ子

ウルメイワシ

オレンジゴールド

ケイムラチャートバックパール

ケイムラレッドヘッド

セグロイワシ

不夜城

マイワシ

モアザン シーバスロデム ミニ スペアボディ

サイズ(インチ) カラー メーカー希望本体価格(税抜き)
2.7 8 630円

ダイワ公式「モアザン シーバスロデム ミニ スペアボディ」詳細ページはこちら

これまでの「モアザン シーバスロデム」よりも一回り小さくなって、より喰い渋りのシーンでも活躍してくれそうなデザインになっています。

ベイトが小さいシチュエーションなど、困ったと時にも頼りになるルアーといえるでしょう。

ぜひ、チェックしてみてください!

実釣動画はコチラ

出典:YouTube「DAIWA JAPAN Products【公式】」詳細ページ

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!