ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

【コノシロ・落ちアユパターンの即戦力に】進化系SWビッグベイト、メガバス「i-SLIDE 187R SW」登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

レボリューション【revolution】=革命、大変革などの意。

このルアーの「R」も、レボリューションの「R」。

2022年10月、革命的な進化を遂げて登場。メガバスの「i-SLIDE 187R SW」

i-SLIDE 187R SW

2022年10月下旬登場

コノシロや落ちアユパターンといった大型ベイトのパターン熱を帯びる秋のタイミングに登場となるのが、名作アイスライドの進化系SWビッグベイト「i-SLIDE 187R SW」。

Length:187mm Weight:Floating 64g/Sinking 70g Type:Floating / Sinking Hook : #1×2pcs Price:メーカー希望小売価格4,850 円(税別)

メガバス公式「i-SLIDE 187R SW」詳細ページはこちら

…何が変わったのか

「i-SLIDE 187R SW」のレボリューション…進化のポイントは大きく3つ。

①3D立体彫刻

マス系の魚の顔つきをモチーフにした3D立体彫刻を採用。より精悍な印象に。

②セッティング

レスポンスの良い安定したS字スラロームに磨きをかけるべく、内部のウエイトバランスやジョイント部分のワイヤーなどのセッティングを見直しチューン。

③「R」テール

ダイレクトな操作感を生み出す「R」テールを搭載。アクションの挙動をはっきりと感じることができるように。

以上をまとめるとこんな感じ。

フローティングとシンキングの2つのモデルが登場

Floating Model

ベイトが表層に上ずっている状況や、シャローで大型ベイトを捕食しているような状況でシャローレンジへアジャスト。好みのウェイトチューニングをすることにより、リトリーブやトゥイッチだけでなく、カレントに同調させるドリフトやデッドスティッキングなど、あらゆるアプローチにも対応。

Sinking Model

常に変化する河口域のカレントや、寄せ波、引き波などの海の複雑な流れの中でも安定したアクションを保ち、狙ったレンジを攻めることができるレギュラーシンキングの設定。 フィッシュイーターのバイトゾーンとなるベイトの群れの下を的確にトレースすることが可能。

カラーラインナップ

ファインアートフィニッシュ(FA)のリアルなボラやコノシロをはじめ、落ちアユパターンに聞きそうなあゆ系カラーに、濁り潮のタイミングで効果ありそうなチャート系まで。脂っこい6色がラインナップ。

FA BORA INDICATOR

FA KONOSHIRO INDICATOR

GG KIN BORA INDICATOR

WAKIN OCHI AYU

CLEAR LIME RAINBOW

PM CHART BACK

テールで差がつく!?スペアテールも同時に登場

2022年10月下旬登場

Price:メーカー希望小売価格350 円 (税別)

メガバス公式「i-SLIDE 187R SPARE TAIL」詳細ページはこちら

写真左から「SMOKE」「AMBER」「CHARTREUSE」「PINK」の4色のラインナップでスペアテールも登場。消耗品として付け替えるのはもちろん、視認性の高いピンクなどはサイトフィッシングやワンポイントでアピール力アップにも貢献。

なお、「i-SLIDE 187R SW」「i-SLIDE 187R SPARE TAIL」いずれも登場を予定しているのは10月の下旬頃。コノシロやボラ、落ちアユなどの大型ベイトを捕食しているデカシーバス狙いに今から即戦力になる予感。

メガバス(Megabass)

1986年8月15日設立、静岡県浜松市を拠点とするルアーメーカー。デストロイヤーをはじめとする各ロッドシリーズ、各種バス、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルを輩出。 同社のCEO伊東由樹氏はアングラー、そしてルアー、ロッドデザイナーとしても有名で、同氏の手掛けるタックル&ルアーは実釣力の高さに加え、優れた機能美、造形美を放ち、国内外で高い評価を受けている。