ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【タチウオのメタルジグに悩まない!】これは初心者にイイ!と思った完全パッケージ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
ジギング特集

藁科友章さんにタチウオジギングのイロハを聞いてきました

夏ですねぇ。ギラギラ輝くタチウオが映えるんですよねぇ。

というわけで行ってきました東京湾タチウオジギング。ここ数年、数・サイズともに安定した釣果が見られている東京湾。いわゆるドラゴン率も結構高くて、改めて注目されているフィールドのひとつ。

今回、ダイワのタチウオジギングブランド「鏡牙」のテスターである、藁科友章さんに聞いた。

主題としては「タチウオジギング初心者におくる基本」というところ。

藁科さんと、ダイワ社員の梶浦さんで、改めて押さえておきたいタチジギのポイントをご紹介していきます。

△ダイワの梶浦さん、ナイスサイズ

最初から「全部付き」なヤツ

そんなわけで、誘い方や取り込み時の注意などを改めて解説して頂いたのですが、何はともあれメタルジグ。

実はメタルジグにどんなフックをセットすればいいの?というのは、ビギナーにとっては意外や壁になったり。

そこでオススメのが「鏡牙ジグ-H(フック付き)」

鏡牙ジグ-H(フック付き)

コレ、いいなぁと思ったのです。

実は記者、圧倒的コストパフォーマンスと優れた実釣性能を誇る鏡牙ジグシリーズはもちろん知っていたのですが、不勉強でフック付きがあるのを知りませんでした。

パッケージ開けて即現場投入。コレって「初めてのタチジギ」なんて方には神アイテム!

出典:ダイワ公式

構成を見てみると…

メタルジグ:鏡牙ジグ・ベーシック
フック:鏡牙フックSSバラシレスクワトロ(バーブレス)

簡単にまとめるとこうなる。

鏡牙ジグベーシック

△もちろん単体販売もあります。コスパ抜群! お好みのフックを付けたい方は単体を選ぶとよいでしょう!

メタルジグは鏡牙ジグベーシック。鏡牙ジグには、このベーシック、セミロング、リアフォールとありますが、どのフィールドでも安定した釣果をもたらしやすいのがベーシック。

左右対称、引き抵抗も軽く、基本のワンピッチジャークでスッと動いて素直に横を向く。ジャークよしフォールよしの万能型。

クワトロフックの最適なセッティング

そして前後の鏡牙フックSSバラシレスクワトロ。

SSとは、おなじみSaqSas(サクサス)を指し、フック表面のフッ素系特殊加工でとにかくよく刺さる。

クワトロということで4本フックで、刺さった時にしっかり支えてくれてバラしにくい。それがバラシレスクワトロの由来。

フロント側はスイベル&シュリンクチューブ仕様。夜光バイトマーカーもあり、タチウオを誘う。長さも王道というか、ジグの腹までカバーして、バイトが多い部分を的確にフォロー。

リアはショートタイプ。リアフックと干渉して絡みにくい絶妙な長さと、ショートバイトを拾いやすい仕様。

ちなみに鏡牙フックSSバラシレスクワトロは、回転性能のよいスイベルでタチウオが逃げようとする動きにも追従しやすいのもGOODな点。

トラブルが少なく、フッキング時のバラしにくさ、そしてジグの動きを大きく妨げないバランス。どれをとってもソツなく、鏡牙ジグベーシックの性能をフルで発揮するのに優れたバランス。

まずはメタルジグの選択。悩むのであれば悩みを解決してくれる「完全パッケージ」で遊んでみる…ってのは、ありですよ!

価格もナイス
最後になりますが、前後フック付きで…以下の通り。これはありがたい限りです!カラーも実績色多数なのでぜひチェックしてみてください。
アイテム名 サイズ(g) サイズ(mm) 色数 メーカー
希望本体
価格(円)
鏡牙ジグ
ベーシック-H 80g
80 100 8 950
鏡牙ジグ
ベーシック-H 100g
100 110 8 1,050
鏡牙ジグ
ベーシック-H 130g
130 120 8 1,180
鏡牙ジグ
ベーシック-H 160g
160 130 8 1,280

ダイワ公式「鏡牙ジグ-H」詳細ページはこちら

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!