ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

フリーリグ講座【色んなSWターゲットが狙えるよ】

寄稿:北城戸 碧
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

北城戸 碧 (あおちゃん)(Aoi Kitakido) プロフィール

1998年 大阪府出身 幼いころから海釣りをはじめ、紀州釣りやエビ撒き釣りなどの餌釣りからシーバス、ショアジギなどのソルトルアーに熱中。静岡県に移住してからはサーフのヒラメ、河川のシーバス、チニングなどのソルトルアーを中心に釣りをしている。現在はジャクソンスタッフ&釣りジャックで活動中。

こんにちは、Jacksonのあおちゃんです。
最近は夜な夜なフリーリグを使っていろいろな魚種を狙うことにハマっております!

近頃チニングで話題のフリーリグですが、チヌはもちろん根魚などいろいろな魚が釣れるリグになっています。

そこで今回は、普段、自分が使っているリグやタックル、使い方についてご紹介させていただきます!

フリーリグとは

一般的にラインにダウンショットシンカーを通し、シンカーが先に落ち、その後に追従してワームが落ちる形となっています。昨今流行っているフリーリグのチニングはこれにストッパーを付ける形となっています。

ボトムのエサを意識しているターゲットにはストッパーを付けるのがオススメ

私もどちらも試しましたが、ボトムで甲殻類を捕食しているターゲットにはストッパーを付けた方が効果的であると実感しています。一見フリーではないのでが、フッキングした際にフリーになり、魚がバレにくいという特徴があります。

 

フリーリグを使用するメリット

メリットとしては根掛かりしにくいことがあります。完全にゼロとは言えませんが、テキサスリグよりもスタックしにくいリグになっています。そしてラインとオモリとの接地面が少ないためテキサスリグよりもフォールが早く、着底も分かりやすいです。

 

フリーリグのセッティングについて

私は、ストッパーと3.5~7gほどのダウンショットシンカー、1~3番のオフセットフックを使用しています。ワームはちぬころホッグなどの2.5インチほどのフリーリグ対応ワームがオススメです。5gのシンカーを軸に組み立てていくことをオススメします。

ジャクソン公式「ちぬころホッグ」詳細ページはコチラ

 

カラーは状況に応じてですが、ブラックやブラウンなどの甲殻類を意識したカラーがオススメです。反対に磯でアカハタなどを狙う際にはクリアホロなどのカラーがオススメです。

ストッパーを付ける意味ですが、ストッパーを付けないとワーム自体の浮遊感が大きいため、着底が遅くなり、甲殻類を狙うターゲットに上手くアピールできなくなってしまいます。

また、ストッパーが無いと着底も分かりにくくなります。ストッパーはオフセットフックから1㎝程のところに付けるのがオススメです。反対に浮かせて釣る方が反応が良いときがあるので、臨機応変にストッパーの位置を変えましょう!

フリーリグを投入したいポイントとは?

どこでもなんでも釣れるのが魅力的ですがあえて釣れる場所を言うならストラクチャー付近になります。テトラポットやカキ殻、ブレイクなどに魚は潜んでいます。日中にカニやエビなどが見えるポイントを探してポイントを選ぶと良いです!また足元にも潜んでいるので足元を狙うこともオススメです。

フリーリグのアクションの付け方

アクションはボトムバンピング、ズル引き、タダ巻きなどがあり、この3つを使い分ければいいです。ボトムバンピングは2回トゥイッチしてそのまま落とすことを繰り返します。大体はフォールの時に食ってきます。ズル引きはボトムを感じながら巻いてきますが、根がかりのリスクが高まります。タダ巻きはボトムに着底させてからゆっくり巻き上げるものになります。途中でボトムを取り直し、ボトムからあまり離さないようにします。

 

フリーリグで釣れるターゲット

釣れる魚種についてですが、本当にいろいろな種類の魚がバイトしてきます。そこがかなり面白いところではないでしょうか。
河川に行くとチヌもしくはキビレが主ですが、漁港や河口に行くと想像できないような魚に出会うことができます。カサゴをはじめ、マゴチやヒラメなどのフラットフィッシュ、マダイやクエ、チャイロマルハタなどのかなり嬉しい高級魚なども釣ることができます。

 

フリーリグのタックルセッティングについて

タックルはストラクチャー付近でなく切られる心配のないところなら、チニングタックル、ストラクチャー付近で強引にやり取りしなければならない時は9ft以上のシーバスタックルなどで使い分けをしています。

チニングタックルはオーシャンゲートLGMIX(ライトゲームミックス)に3000番前後のスピニングリールにPE0.6号程度。
ストラクチャー付近でやり取りをする時はサーフトライブ9102Lと3000番前後のスピニングリールに0.6~0.8号ほどのPEで対応します。

【参考タックル・~ストラクチャーなし~】

ロッド:「オーシャンゲートLGMIX 74L-K ST」 or 「LGMIX 76L-K」【ジャクソン】
リール: SHIMANO ヴァンキッシュ C3000XG、 C2000HGS

PE:0.6~0.8号、リーダー:フロロ3号
ルアー:「ちぬころホッグ」【ジャクソン】+シンカー3.5~7g

【参考タックル・~ストラクチャーあり~】

ロッド:Jackson サーフトライブ9102L
リール:SHIMANO エクスセンス3000MHG、ヴァンキッシュ C3000XG

PE:0.6~0.8号、リーダー:フロロ3~4号
ルアー:「ちぬころホッグ」【ジャクソン】+シンカー3.5~7g

最後に

フリーリグは扱いやすく、安価であり、多くの種類を狙うことができる釣り方になります。

もちろんチヌの枚数を競うのもいいですが、いろんな魚を1つのタックルで狙うことのできる釣り方ですので、漁港などに持っていくのもいいのではないでしょうか。