ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【FGノットの編、締、切をコレ1台で完結】魚のサイズ測定可能でプライヤーとしての機能も◎!ハピソン「計測FGノットプライヤー」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

挟む、フックを外す、切る、開く…。

というように、幅広いシーンで活躍する釣り人の必須アイテム「プライヤー」。ご存知の通り、1つで様々な作業が行えるアイテムですが、そんな基本性能にプラスしてFGノットが組めて釣った魚のサイズも測定できるコチラのプライヤー…、ご存知ですか?

計測FGノットプライヤー【ハピソン】

プライヤーとしての基本性能を備え、FGノットの編、締、切を1台でこなせる超画期的なアイテム、ハピソン「計測FGノットプライヤー」。FGノットに苦手意識のある方は特に活用してほしいアイテム。とにかくノット結束がスピーディー、難しいという概念を無くしてくれますよ。また、普段からFGノットを組まれている方でも、普段よりもっと早く、そして一定の結束強度を保てるのでオススメ。

サイズ感はこんな感じ

適合糸 外形寸法 質量 最大計測サイズ
ライン(PE):0.3号~6号
リーダー:3lb~80lb
約62×25×210mm 約170g 50cmまで

ハピソン公式「計測FGノットプライヤー」詳細ページはこちら

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

FGノットを正確かつスピーディーに組める

まず、最大の特長であるFGノットを正確かつスピーディーに組めることについて解説。

具体的にどのようにFGノットを組むのかを説明すると、グリップの両端と本体中央に糸抑えが備わっていて、両端2カ所の糸抑えにPEラインを固定させ、本体中央の糸抑えにリーダーを固定して編み込みを行います。ホールド力もバツグンなので、編み込み時にズレたり外れたりという心配も無用。毎回同じように素早く編み込むことができます。

PEライン固定用

リーダー固定用

編み込みが終われば、ハーフヒッチを10回ほどして仮固定を行いますが、その時も以下のようにリーダーの端を右側の糸抑えに固定でき、リーダーとPEラインがキレイに揃ってくれてラインも張った状態をキープ、こちらの動作も快適に行えます。

リーダーとPEラインがこのようにキレイに揃ってくれます

ハーフヒッチ後の締め込み時も、グリップに搭載されているゴム部分が大活躍。滑ることなく力も入れやすいので、強く引っ張って締め付けることが可能。

というような感じで、快適かつ簡単&スピーディーにFGノットを組むことができる「計測FGノットプライヤー」。締め付け後はエンドノットを行えば完成。

具体的な結束方法は以下の動画で超分かりやすく解説!

YouTube「Hapyson公式チャンネル」で「計測FGノットプライヤー」の詳しい結束方法も紹介されています。

因みに記者自身、入手した時はコレで覚えました。何回か見て実践してみて動画を見ずにできるようになれば完璧! ぜひお試しアレ。

出典:YouTubeチャンネル「Hapyson公式チャンネル」

魚のサイズも測定OK!計測アプリに対応

FGノットを組めるだけでなく、釣った魚のサイズも測定できる「計測FGノットプライヤー」。

スマホにアプリをダウンロードすることで、メジャーが無くても魚のサイズが測れるという…。「App Store」や 「Google Play」で「釣り計測, ハピソン, Hapyson」のいずれかを検索すると無料でアプリをインストールすることができますので、ぜひ入手した際は活用してみてくださいね。

プライヤーとしての仕事もシッカリこなす

モチロン、「計測FGノットプライヤー」はプライヤーとしての機能も◎。

スプリットリングの開閉も行えて、ラインもカットできて、魚からフックも外せる。プライヤーとしての仕事もバリバリこなしてくれますよ。

スプリットリングの開閉、ラインカット、フック外しなどのプライヤーの基本機能に加え、FGノットが組めて魚のサイズも測定できるハピソン「計測FGノットプライヤー」。バスフィッシングやジギング、ロックフィッシュゲームなど、様々な釣りで重宝すると思いますので、ぜひお試しください!

ハピソン(Hapyson) プロフィール

充電式チェストライト・インティレイやヘッドライト、蓄光器、水中水魚灯、竿先ライト、バッテリーなどのライト関連、 ライン結び器、針結び器、エアーポンプなどの様々な便利釣具を世に送り出している。