ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

夏のアウトドアのお供に! 童心にかえって楽しめる!デコイ・カツイチの「ゆらゆら 川サビキ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

もうすぐ楽しい夏休み!

今年は過去最速で梅雨明けしたこともあり、いつもよりも長めに夏が満喫できますね! 今回紹介するアイテムは、そんな夏の時期にピッタリのアイテム、デコイ・カツイチの「ゆらゆら 川サビキ」

出典:カツイチ公式「ゆらゆら川サビキ」詳細ページ

サビキというと堤防のイメージが強いかと思いますが、こちらはなんと川で使えるタイプのサビキ仕掛け。非常にシンプルかつ、エサもいらないお手軽仕掛けなので、大人はもちろんお子様にも楽しめるアイテムです!

ゆらゆら 川サビキ

「ゆらゆら 川サビキ」は、のべ竿やルアーロッドで使うことができるアイテム。仕掛けの形状は、海のサビキとほぼ変わらずで、下にオモリが付属し、エダスにサビキ針が用意されています。

 

使い方もパッケージから台紙を取り出して、サルカンにラインを結んでゆっくり引っ張り出すだけ。のべ竿に関しては、道糸を用意しサルカンに結ぶだけで使うことができます。

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」詳細ページ

ハヤやオイカワ、カワムツなど様々な魚が狙えるので、河原のBBQやキャンプなど、アウトドアの合間にもピッタリ!

釣った魚を観察するケースやアミ、バケツなどがあるとより楽しめますよ!

釣り方はシンプル!

釣り方は非常にシンプル。川の流れや落ち込みに仕掛けを入れて、サビキ針をゆらゆら漂わせるだけ。魚を狙うコツは、「一箇所でジッとさせているよりは、広く探るのが良い」とのこと。

川の流れに合わせて仕掛けを流し、時折チョンチョンっと誘いを入れるのがポイント。この時ラインを張りすぎないようにするのが良いとのこと。

仕掛け上部に水中ウキが付いているので、グッと沈んだり、横に動いたり、変な動きをすればそれがアタリ。チョイっと竿を上げれば魚が釣れているという仕組みです。

下部のオモリをこんなラセンおもりに交換して練り餌を付けると、集魚効果が大幅アップ。撒き餌と仕掛けが同時投入できます。

「ソータローのアウトドアch」でも、「ゆらゆら 川サビキ」を使った実釣動画が公開されています。

ウグイやアブラハヤ、ヤマメなど多数の魚が釣れています! ぜひ、そちらの動画も併せてチェックしてみてください。

「ソータローのアウトドアch」での実釣の様子はこちら

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

こちらの動画も参考に

出典:YouTubeチャンネル「DECOY / KATSUICHI CO.,LTD.」

ラインナップはこちら

2022年に川虫ブラックとガールズピンクが新たに追加され、4色のラインナップとなりました。

赤金(アカキン)

白金

川虫ブラック

ガールズピンク

スペック
品名 カラー 全長 エダス フック 入数 希望小売価格
ゆらゆら川サビキ 白金(シロキン) 90cm 3cm 4本鈎

秋田きつね
(赤/ゴールド)

1組 ¥450(税抜き)
赤金(アカキン)
川虫ブラック
ガールズピンク

カツイチ公式「ゆらゆら 川サビキ」詳細ページはこちら

デコイ / カツイチ(DECOY / KATSUICHI ) プロフィール

播州毛針の発祥地ともいえる兵庫県西脇市蒲江町を拠点とする老舗フックメーカー(大正9年3月創業、昭和59年1月5日設立)。総合ルアーブランド「DECOY(デコイ)」など数多くの人気ブランドを展開