ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

SLJ/スーパーライトジギング「も」楽しめる。フィッシュマンの2本のロッド

寄稿:木村 匠
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

ルアーニュースRをご覧の皆様、はじめまして!

広島のテスター木村 匠です。

先日、日本海へSLJ(スーパーライトジギング)へ。SLJでもフィッシュマンロッドが大活躍しておりますので、ご紹介させていただきます。

木村 匠(KimuraTakumi) プロフィール

広島県在住の若手実力派。 ライトゲーム〜オフショア、フレッシュ、ソルト、全ての釣りをこよなく愛し、日々フィールドを駆け巡るマルチアングラー。

フィッシュマンロッドでスーパーライトジギング

どのロッドを使う?

スーパーライトジギングへは昨年も行っており、その際に使用したロッドがBeams LOWER7.3L」。

その特長はしなやかでシャープ。軽いルアーをイージーにキャストできる、淡水・海水問わずバーサタイルに使えるLクラスロッド。個人的にはSLJもですが、チヌのトップゲームやタイラバゲームにも使用しています。

全長 マテリアル ガイド 自重 継数 仕舞寸法 グリップ長 ルアーウェイト ライン 販売価格(税抜き)
223cm(7.3ft) 4軸カーボン Kガイドチタン+ステン 132g 3ピース 88cm 40.5cm 3~20g PE1~3号 ¥47,800

フィッシュマン公式「Beams LOWER7.3L」詳細ページはこちら

今年は釣行日が近づくにつれ「昨年使用した25〜30gよりも軽いジグでもこの釣り楽しめるんじゃないか」…と思い、アンダー15gのジグにも挑戦してみようと。そこで、LOWER 7.3LだけでなくBeams inte6.4ULも持っていってみました。

全長 マテリアル ガイド 自重 継数 仕舞寸法 グリップ長 ルアーウェイト ライン 販売価格(税抜き)
195cm(6.4ft) 4軸カーボン Kガイドチタン+ステン 116g 3ピース 74cm 36cm 0.8~10g PE0.3~1号 ¥49,800

フィッシュマン公式「Beams inte6.4UL」詳細ページはこちら

それぞれのロッドのインプレッション

それぞれの使い分けは、Beams inte 6.4ULが〜15gまでのジグ、Beams LOWER 7.3Lは20〜30gのジグという感じです。

両機種とも表記上は重量オーバー。昨年LOWERの方は使ってるので不安はないものの、inte6.4ULの方は少し心配。…しかし、投げてみたら全然大丈夫でした(笑)

inte 6.4ULを使用してみて個人的に1番良いなと思ったところは、タックルが本当に軽い!本当にその一言に尽きます!1日釣りをする上で、タックルの軽さってやっぱり大事ですからね。

ファイトを存分に味わえる!

今回の釣り方は、ジグをキャストして表層から中層までを狙うイメージ。

アクションを入れアピールした後のカーブフォールで、ジグをヒラヒラと落としていくと「コツッ」とバイト。その後、ロッド最大限で巻き合わせ。そうすることで柔らかいロッドで遠くで当たったとしても、しっかりとイサキにフッキングを決めることができました。

イサキは引きもかなり強く、40センチ近くなるとめちゃくちゃ引きます!LOWER7.3Lにしてもinte6.4ULにしても、イサキを掛けてのファイトはバットから曲げてくれアングラーを楽しませてくれます!

他にもゲストとしてマダイやアコウ、ヨコスジフエダイなど…色々な魚たちが相手をしてくれました。

いろんな釣りに使えるフィッシュマンロッドで、SLJ“も”楽しんでみては!

使用タックル&アイテムはこちら

タックル

ロッド:Beams inte6.4UL(Fishman)/Beams LOWER7.3L(Fishman)

リール:アルデバランBFS(shimano)/STEEZ A TW(daiwa)

ライン:VARIVAS 4 PE0.6号(VARIVAS)/グラップラー8 PE0.8号(shimano)

リーダー:シーガーエース3号~4号(SEAGUAR)

ルアー:TG TOKICHIRO 15g(BOZLES)/オーシャンフラッシュTG25g(CRAZY OCEAN)/スラックライト30g(BLISS)

使用アパレル&フィッシングギア

帽子:メッシュフラットキャップ(ブラック/ホワイト)

アパレル:シェルジャケット(Fishman)

グローブ:5フィンガーレス夏用グローブ グレー/オレンジ/ブルー(Fishman)

Fishman

「ゼロバックラッシュ」「飛距離」「高精度ピンスポット撃ち」を追求したベイトロッド専門メーカー。 怪魚ハンターとしても知られる赤塚ケンイチ氏が代表を務め、同氏の豊富な経験がフィードバックされたロッドは、繊細な渓流から秘境のモンスターまでさまざまなスタイルに対応するラインナップ。