ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

根掛かり回避しながらハードボトムの攻略ができる!チニング専用シャッド!シマノの「ブレニアス ライズシャッド59F MR」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

チニングのハイシーズンを迎えました。

ターゲットのクロダイやキビレは、雑食性で様々なルアーで狙うことができます。しかし、岩場や牡蠣瀬など複雑なストラクチャーについていることが多く、狙い方次第では根掛かりが頻発してしまうことも多くあります。

今回紹介するのはシマノの「ブレニアスライズシャッド59F MR」

出典:シマノ公式「ブレニアス ライズシャッド59F MR」詳細ページ

「ブレニアス ライズシャッド59F MR」は2022年に新たに登場したチニング専用のシャッド。

前述したような、シャローエリアの複雑なハードボトムの攻略を容易にしたコンパクト設計のフローティング設計です。

ブレニアス ライズシャッド59F MR

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」詳細ページ

全長(mm) 重量(g) タイプ 本体価格(税抜)
59mm 6g フローティング 1,650円

シマノ公式「ブレニアス ライズシャッド59F MR」詳細ページはこちら

「ブレニアス ライズシャッド59F MR」の性能

「ブレニアス ライズシャッド59F MR」の注目ポイントはズバリ、障害物回避力!

チニングはハードボトムを攻めることが多く、根掛かりのリスクは常に隣り合わせ。「ブレニアス ライズシャッド59F MR」は障害物を回避するためのロングリップを採用し、万が一スタックしてもリトリーブを止めてテンションを緩めるだけで、解消することができます。

フローティングに関してもすぐに浮き上がるようなタイプではなく、ややスロー気味で、浮き上がる瞬間がバイトトリガーになるとのこと。

また、リップもロング形状を採用することで、フロントフックとの距離を保ちます。

ボトムをノックしながら、ストラクチャーを丁寧に誘うことができるので、より効率よくアプローチが可能。万が一スタックしても、外れやすいので根掛かりを恐れずに攻めることができます。

基本的に、投げて巻くだけの簡単な操作なので、チニング初挑戦の方にも安心して使ってもらえる性能となります。

水中アクション動画はこちら

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

黒田健史さんによる解説動画

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

実釣動画はこちら

出典:YouTube「SHIMANO TV公式チャンネル」

カラーラインナップ

カラーラインナップは8色展開。

ベイトフィッシュの鱗のリアルなパターンを模倣したスケールブーストが採用されているほか、透鱗ホログラムも一部カラーに搭載しています。

特に透鱗ホログラムは、濁った水質でも効果バツグンなので、様々な場面にオススメとなります。

XH-M59U 001 キョウリンイワシ

XH-M59U 002 キョウリンボラ

XH-M59U 003 キョウリンRH

XH-M59U 004 キョウリンCC

XH-M59U 005 キョウリンアカキン

XH-M59U 006 キョウリングリキン

XH-M59U 007 トウリンイナッコ

XH-M59U 008 トウリンシラス

 

シマノ(Shimano)

1921年創業。1970年に「レジャーを通して人々の健康に寄与する 」という企業哲学のもと、釣具事業部が発足。リール、ロッド、ルアー、用品などクオリティの高いアイテムの開発、製造、販売までを行い、釣具の総合ブランドとして、国内外問わず多くのファンを抱えている。独自の技術も数多く、世界に誇るジャパンクオリティを提供し続けている。