ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【嬉しい報告が続々と…】アオリコミュニティ「アオリイカ産卵床設置支援プロジェクト」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

6月の中頃には、無事に全国22カ所の設置が完了。

何の話かといえば、ヤマシタが実施している【アオリイカ産卵床設置支援事業「アオリコミュニティ」】のこと。

何度か小誌でもご紹介させていただいており、その後の動向が気になっていたところ…嬉しい報告がチラホラと。

そもそもアオリイカ産卵床設置支援事業「アオリコミュニティ」とは

2006年よりヤマシタが実施している「アオリコミュニティ(アオリイカ産卵床設置支援プロジェクト)」

SDGs14「海の豊かさを守ろう」の目標達成に向けた取り組みの一つとして推進している活動で、全国にアオリイカの産卵床を設置するプロジェクトです。

その目的とはこちら。

1.アオリイカの資源を増やす
2.活動ノウハウを各地に広め、アオリイカ釣りを継続できる環境づくりを行う
3.漁業者と協力することで、釣りに対する理解度をふやしていただく
4.活動を釣り人に広く伝え、資源を大切にする心とマナーの向上を図る

出典:ヤマシタ公式HP

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

各地で続々と…

そして嬉しい報告というのがこちら。

かなりハッチアウトが進行している卵の状態

波で卵が揺さぶられるたびに、アオリイカの赤ちゃんが次々と殻を破って飛び出してくるとか

おおお!孵ってる!!

卵から孵ったばかりでも、しっかりイカ。

個人的に注目していた活動だけに何かこう、感慨深いものがあります。このイカが大きくなって自分が投げたエギに手を出してくる…そう考えるとどこか他人事でもないような気がしますよね?

 

この投稿をInstagramで見る

 

YAMASHITA Maria(@yamashita__maria)がシェアした投稿

こういった活動に関心を持つことで、小さいからリリースしよう。アオリイカが生息する環境を考えてゴミを出さないでおこう、とか。そうなっていけば、もっともっとアオリイカが釣れるようになるかもしれない。

…あと1杯、もう1杯。明日のエギングのために。そして明日の釣りのために。

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。