ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【水抜けの良い穴付きテールの採用によって操作性バツグン】実釣&フッキング性能共に最高!家邊克己が新作ワーム「OVAL 2.0」を解説

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こちらのブログで何度も紹介してきた新作ワーム「OVAL 2.0」がついに発売となりました。長い開発期間を経てようやく皆様の手元にお届けすることができましたので、今回はワームの開発経緯を少しお話できればと思います。

家邊克己 Yabe Katsumi プロフィール

サーティフォーCEO、製品開発責任者。全国津々浦々、アジが釣れると聞けば、ドコへでも足を運び、実際に釣って、アジングの楽しさを広く世に伝える、まさに「アジングの伝道師」というべき人物。かなり頻繁に全国各地で参加費無料のアジングセミナーも開催中! 釣具メーカー「34(サーティフォー)※社名は[みんな幸せに!]に由来」を立ちあげ、自身のノウハウを詰めに詰め込んだ製品開発に没頭中。京都府出身、福岡県在住、1958年9月生まれ。

水抜けの良い穴付きテールの採用によって操作性バツグン!新作ワーム「OVAL 2.0」が遂に登場

実はこの「OVAL 2.0」というワーム、寝ていた時に思いついたワームなのです(笑)。

全長 1Pac入数 税込価格
2.0in. 8個 528円

サーティフォー公式「OVAL 2.0」詳細ページはこちら

夢でこのような形を見たので実際に作ってみました。このワームの最大の特長である穴を開けたのは、ここを水が通り抜けるのではないかという考えからでした。水が抜けることで、テールがブルブル震えて手元に存在感を伝えてくれます。アジングで使用されている軽量ジグヘッドでは、その存在感が小さくなってしまい「水中でどこにあるか分からない」ということになりガチです。特に初心者の方はその傾向が顕著です。それが「OVAL 2.0」であれば、シッカリと手元に抵抗として存在感を感じることができますので、ワームやジグヘッドがどこにあるか分からないという方にはオススメです。

釣りがしやすいだけじゃなく実釣性能も◎

このワームの特長は釣りのしやすさだけではありません。「当然アジも良く釣れます」。

陸っぱりはモチロン、ボートでもテストを繰り返しましたがカナリ釣果をあげてくれました。柔らかく曲がりやすいのでアジの口にも入りやすいです。ボディは3つの玉が連なっているのですが、34のすべてのフックに対応できるようなサイズに設定してあります。カラーに関しては「パフネーク」ではラインナップになかった「こもれび」というカラーを基本カラーとして入れました。

こもれび

とても良く釣れる色で僕のお気に入りのカラーなので今回の定番6カラーに入れることにしました。SS(スペシャルショップ)限定カラーも2色あります。どちらもとても良いカラーになっているので、ぜひお近くのSS店さんを覗いてみてください。

SS限定べっこう

SS限定ときいろ

また、こちらの動画でも紹介しているのでぜひご覧ください。

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

初心者の方からベテランの方まで幅広い方にお使いになっていただける、良いワームになりましたので、ぜひ1度お使いになってみてください。

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい