ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【短時間で爆釣!】水野浩聡がハマり中のポンパドールシェイク釣法

連載:水野浩聡のOne more fish
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 水野浩聡です!

今週は、早くも梅雨明け宣言が出されるという、ビックリするようなニュースが届きましたね。アーリーサマーもしっかり楽しみたい自分としては、少し残念ではあるんですが、夏自体大好きなのでこれはこれでOK!

暑い日が続きますが、僕も連日フィールドには出撃していて、旬な表層系などをメインに釣り歩いてました。

あのルアーが大活躍!

表層系ルアーの中でも、最近は「ポンパドール」を使用した釣りにハマってます!

ポンパドール【ジャッカル】

Name Length Weight Type Hook Price(税込)
POMPADOUR 79mm 22.0g Floating RB-M #2 ¥3,080

ジャッカル公式「ポンパドール」の詳細ページはコチラ

ポンパドールをシェイクして使う

最近のハイプレッシャーな環境をこうりょして、オリジナルサイズの「ポンパドール」をシェイクし、弱く見せる使い方で、いいバスをキャッチすることができました。

リアにペラもついていて、存在感バツグンな「ポンパドール」を、まるで虫が水面でもがくかのようにシェイクで誘う釣りなんですが、この使い方をすると、食ってくるバスが明らかに増えている印象で、やりながら僕も確信を持てるようになってきた釣りでもあります。

先日は夕方の数時間リザーバーに行ってきたんですが、なんと開始早々15分の間に4バイト!

50アップも混じり、この釣りのポテンシャルを改めて感じることができました。

条件によって異なるシェイクを

しっかりと魚を呼べる質重量のある「ポンパドール」。バスを呼んだところで、シェイクで動く微妙なボディーの揺れ具合で食わせます。

シェイクの仕方は条件によっても異なってきますが、風がない時や浅い場所では、羽が左右に若干揺れる程度のシェイク。

逆に、少し風が吹いているような場面では、強めのシェイクを入れて、ボディーがクネるくらいまで動くようにして強めのアピールをします。

使用条件によってシェイクの強さを変えることができたり、1投の中でもアクションの強弱を付けれるのがメリット。

もちろんただ巻きが良い場面もありますので、それも含めて、シェイクというバリエーションを増やしていってる感じですね。

梅雨明けしてしまったので、夏本番となるこれからのタイミングは、やはり朝夕がチャンスタイム! ハネモノだからバイトを出せるシーンも結構ありますし、ホントにいい魚を引っ張ってこれる釣りですので、ぜひこの使い方を試してみてください!

後日、僕のYouTubeチャンネル「水の旅」でも解説動画を入れさせていただこうと思ってますので、そちらも参考にしていただければと思います。

水分補給やこまめな休憩など、熱中症対策は十分にしていただき、釣りをたのしんでくださいねー!

タックルデータ

・ロッド:ポイズンアドレナ(166MH)【シマノ/ジャッカル】
・リール:メタニウム(XG)【シマノ】
・ライン:レッドスプール(16Lb)【ジャッカル】

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい