ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ちぬころホッグ】ベストシーズン突入のチニングに新たな武器!

寄稿:もんきー
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

フリースタイルアングラー「もんきー」 プロフィール

ホームエリアである大阪湾の「西宮〜神戸エリア」を中心に、シーバス、チヌ、ロックF、回遊魚などを日夜、自由に追っかける、自称フリースタイルアングラー。

What’s up !!  ジャクソンプロスタッフもんきーです!
今回は私が携わった新製品ワームについてご紹介します!

 

ちぬころホッグ【ジャクソン】

発売中

ご紹介するアイテムはこちら!チヌやロックフィッシュに最適なワーム「ちぬころホッグ」です!

ジャクソン公式  ちぬころホッグ詳細ページはこちら

開発コンセプトは水の中の抵抗感

チニングは基本的にボトムを釣る釣りで、アクションはズル引きやポーズ、ボトムバンプを多用します。

またリグはジグヘッドやテキサス、フリーリグでは3.5〜10gほどのシンカーを多用します。
時には風の影響でアクションさせづらいこともあります。
かといってシンカーを重くしすぎると「根掛かり多発」や「食いが悪くなる」なんてこともあります。

そこで、「ちぬころホッグ」はしっかりと水を噛み、アングラー側が何をしているのか分かりやすい設計にしました。

シルエットはエサ釣りで頻繁に使われるアナジャコ、ボケ、エビ、カニといった甲殻類をイミテートしました!

特徴その1
厚みを持たせたシャッドテール形状の爪

一見、普通のシャッドテール状の爪ですが、良くご覧いただくと厚みがあることがお分かりいただけるかと思います。

これはデッドスローにボトムを巻いているとアクションはほぼしません。これはわざとこういう設計にしています。

ズル引き中、岩などなにかストラクチャーに軽く引っ掛かり、外れた瞬間にバタバタっとアクションさせることを狙った設計にしています。
このようにアクションにメリハリをつけることで、魚にスイッチを入れる目論みです!

ボトムバンプ時はもちろんバタバタっとアクションしてくれます。

フォール中もシンカーの重さでアクションの大きさが変わりますのでいろんな組み合わせで楽しめると思います。

特徴その2
前腕部の逆手

前腕部の逆手が水噛みをさらに良くしており、アクション時にしっかり抵抗感を感じることができます。さらにこれがブレーキの役割りを果たし、アクション毎の移動距離を抑え、動きにメリハリを与えます。

特徴その3
ボディのクビレと大きな頭

ボディと頭部をしっかりくびれさせて、更に頭の下部に膨らみを持たせました。
この設計によりアクションに幅ができ、倒れ込みアクションも演出してくれます。

その他、マテリアルの硬さや塩の含有量、匂いにもこだわって作り込んでみました。

ちぬころホッグ 水中ルアーアクション【ジャクソン】

出典:YouTubeチャンネル「studio jackson」

おすすめの使いどころ

数あるチニングワームの中でも強波動なワームに位置づけられると思います。

よって、広大なオープンエリアで魚に見つけてもらいたい場面や、ナイトチニング、サーチしていくパイロットワームとして使用していただくと良いと思います。

さらに、濁りが入ったときにもかなり重宝します。

カラーラインナップ

実はこのワーム、アカハタやカサゴなどのロックフィッシュにもかなり効果的で、無論ロックフィッシュにも対応させるべく設計していきました!

なので、カラーラインナップはチヌに効果的なカラーはもちろんのこと、ロックフィッシュにも効果的なクリアラメ系カラーもラインナップしています。

ジャクソン公式  ちぬころホッグ詳細ページはこちら

最後に

チニングに使えるワームは各社からかなり充実してきました。みなさんのワームローテーションのひとつにぜひ加えていただければ嬉しいです。

また、チニング以外にも、ぜひぜひロックフィッシュにも使ってみてください!

これからもみなさんが良い釣果に恵まれますように!

Tight lines!!