ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【例年とは異なる?】2022コノシロパターン攻略!フィッシュマン島内 聖隆のケース

寄稿:島内 聖隆
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

みなさんこんにちは! 長崎のフィッシュマンテスター島内です。

例年この時期はコノシロが接岸しだすシーズン。いよいよ、ホームにもやってきました!…なんですが、どうやら今年は例年とは少し様子が違うような。

島内 聖隆(Shimauchi Kiyotaka) プロフィール

長崎県島原エリアをホームにショアオフショア問わず、ベイトタックルを武器にシーバスや青物など有明海のモンスターを追いかけ、日々向上心全開で試行錯誤しながら釣行しまくるマルチアングラー。

例年通りではない?2022コノシロパターン

毎年待ちに待っているコノシロの接岸が、今年は例年にくらべてかなり遅れてやってきました。

コノシロ接岸をいち早く見つけるために日々ホームにしているエリアをランガンする日々…そんな日々を黙々と繰り返していると、狙っていた潮周りからようやくコノシロの群れがいきなり「ドバッ」と。正直、今年はコノシロの接岸は無いのでは?…と頭をよぎるほど、過去一番に接岸が遅れた年でした。

それでも、コノシロの群れが入ってくれたらこちらのモノ。長年通ってるいくつかのポイントを、それぞれポのイントに合わせて時合い打ちしていきます。

接岸したてのコノシロはサイズが13~15cm程。これも例年とは少し違いました。本来なら15~20cmくらいのサイズの群れが入ってくるのですが、今年はワンサイズ小さなコノシロが入ってきた感じ。

そして、最初の頃はフィッシュイーターもまともにコノシロに着いておらず、日が経つに連れて徐々にフィッシュイーターが着きだした感じ。

僕が行くポイントはどこも流れがガンガンに流れるようなポイントで、どのポイントも流れに対してアップクロスにルアーをキャストして、ゆっくりドリフトさせながら流していく釣りです。反応がない時はキャストする角度を変えてあげたりしてアプローチしています。

コノシロを意識した大型ルアーを投げることができ、ランカーシーバスにも主導権を渡さないロッド

この釣りでベースとなるルアーはFishmanのCORK

他には、マルジンの「UKBB160」やトップレンジをゆっくり引ける17cmクラスのプロトルアーが活躍。

そして、ロッドはどんなシチュエーションでもランカーシーバスに主導権を渡さない、信頼できるロッドBRIST MARINO9.9H

全長:302cm(9.9ft) マテリアル:4軸カーボン ガイド:Kガイドチタン+ステン 自重:300g 継数:3ピース 仕舞寸法:104.5cm グリップ長:54.5cm ルアーウェイト:15~70g ライン:PE2~6号 販売価格:¥59,800(+税)

2022年に登場するこのロッドは、3oz近いルアーもストレス無くキャストできる長尺ロッド。使いやすさと抜群の感度の良さで、強烈なバイトはもちろんアップでルアーを引いてきて違和感を少し感じるような小さなバイトも逃さずフッキングに持ち込めるロッドです。

恐らく今まで気づけなかったであろうバイトも、このロッドのおかげで、しっかりキャッチする事ができるようになったと思います。

「BRIST MARINO9.9H」コノシロや大型のベイトフィッシュのシーズンに、是非使っていただきたいロッドです。

使用タックルデータ

ロッド:BRIST MARINO9.9H(Fishman)
リール:スコーピオンMD301XG(シマノ)
ライン:ROOTS X8 4号(ゴーセン)
リーダー:ROOTS FC LEADER 35lb(ゴーセン)
ルアー:CORK(Fishman)、ガマダス135f(マルジン)、UKBW170プロト(マルジン)
ベスト:ゲームベスト(Fishman)
ポーチ:Fishmanカメラポーチ(Fishman)
帽子:メッシュフラットキャップ(Fishman)
グローブ:3フィンガーレス冬用グローブ(Fishman)

関連動画

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

出典:YouTubeチャンネル「Fishman」

Fishman

「ゼロバックラッシュ」「飛距離」「高精度ピンスポット撃ち」を追求したベイトロッド専門メーカー。 怪魚ハンターとしても知られる赤塚ケンイチ氏が代表を務め、同氏の豊富な経験がフィードバックされたロッドは、繊細な渓流から秘境のモンスターまでさまざまなスタイルに対応するラインナップ。