ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【2kg降臨!】スクイッドジャンキーライブリーダートのカラーローテ&サイズローテで、気難しいデカイカを連続捕獲!

寄稿:橋本 翔大
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは。ハヤブサスタッフの橋本翔大です。

今回は毎度おなじみ「10FEETUNDERSALT」の伊豫部巧キャプテンにお世話になり、伊勢湾ボートエギングに行ってまいりました。

今年は全国的に水温の上昇が遅れ、アオリイカの釣果が非常に厳しい状況。そんな状況を「スクイッドジャンキーライブリーダート」が打破してくれましたので、その様子をお伝えしたいと思います。

橋本 翔大(Shota Hashimoto) プロフィール

釣具メーカーHAYABUSAスタッフ。愛称は「はっしゃん」。 ジャックアイやスクイッドジャンキーなど、ハヤブサ製品の広告・宣伝に関する全般を担当するメディアアングラー。 幼少の頃から淡水・海水問わず様々な釣りを経験。ハヤブサ社員として営業・商品開発にまで携わってきた経歴を持つ。 エギング、ショアジギングを中心としたルアーフィッシング全般を得意とし、TV番組やYouTubeなど、各種メディアにて活躍中。1993年生まれ 大阪府出身 兵庫県在住

伊勢湾ボートエギングでデカイカを狙う

朝一は日の出からスタートで、光量、潮の効き、海色等どれを取っても良さそうな感じ。スタートしたエリアは水深がかなり浅く、4~5mでアマモの群生エリア。アマモに届かないちょうど中層付近を重点的に探ります。

しかし、アタリは全くないまま時間だけが過ぎていきます。漁師さんの情報ではイカの数は例年と同じくらい居るらしく、やはり今年はアオリイカの活性が全体的に低く、居ても喰わないといった状況が続きます。

スクイッドジャンキーライブリーダート」は通常のエギよりもフォールスピードが遅く、こういったシャローのアマモエリアには相性抜群。

スクイッドジャンキーライブリーダート【ハヤブサ】

重さ カラー 税込価格
2.5号 20色 ¥748
3号 ¥770
3.5号 ¥792

ハヤブサ公式「スクイッドジャンキーライブリーダート」の詳細ページはコチラ

ゆったりとした「なめらかダート」と、長い時間イカに対して魅せることができる「スローフォール」なら、必ずイカに反応させることができると信じて投げ続けます。

3回シャクってフォールさせた直後、ラインが勢いよく走りました! すかさずフッキングすると、なかなかの重量感。慎重にやり取りして上がってきたのは、キロオーバーの良型でした。

デカイカ攻略にはカラーローテが必須

この時のヒットカラーは私の中で鉄板カラーの「マヅメオレキン」。初場所や朝一など、とにかく1投目に投げるパイロットカラーです。「マヅメオレキン」は、ベースに金テープが巻かれたカラーです。金テープはどんなシチュエーションにも対応すると考えており、金テープからスタートさせてカラーローテーションを組むことが多いです。

マヅメオレキン

金テープで反応がなければ、赤テープ、ケイムラなど、その時々の状況に合わせて変えていくのが得策です。この時は「マヅメピンキン」から始まり、「ブラッドピンク」→「UVグレープソーダ」とローテしていき、また金テープの「マヅメオレキン」に戻したタイミングでのヒットでした。厳しい状況の時ほど、カラーローテーションが非常に重要になります。

カラーローテはもちろん、サイズローテも超重要!

今年はカラーローテはもちろんですが、サイズローテが釣果を大きく左右します。さきほどのヒット後、3号にサイズを落とした巧さんに待望のヒット! さっきのイカよりも引きが強く、1.5kgは超えてそうな良型をゲット!

この時のヒットカラーは「輝きかぼす」。伊勢湾では「輝きなすび」と並ぶ超鉄板カラーですね。

輝きかぼす

カラーがアジャストしたのはもちろんですが、3号にサイズを落としたことが功を奏したと考えます。

3号と3.5号の使い分け

3号は3.5号よりもサイズが小さく、エギに対する警戒心を減らせます。さらに、フォールスピードもよりスローになるため、より抱かせる時間を長く取れるのです。

より広範囲にアピールしたいとき、イカの活性が高いとき=3.5号

イカの反応はありとにかく抱かせたいとき、イカの活性が低いとき=3号

といいた具合に使い分けることで、おのずと釣果は伸びてくると思います。さらにこのあと、巧さんと同じくサイズを3号に落とし、「輝きかぼす」をチョイスした直後、またしてもヒット! 今までにないほどの強烈な引きで、ドラグが止まりません。

慎重にやり取りして上がってきたのは、なんと2kgを超えるモンスターサイズでした。

後ほど計測すると2,100g。横筋がバチバチに入ったかっこよすぎるオスでした。

やはり3号に落としたことが大正解だったみたいで、3.5号よりもアピール範囲は失われる分、抱かせる力は3号に分があります。適切なエギのローテーションが、釣果に直結します。非常に厳しい状況の中、終わってみれば2kg含むキロアップ3杯という好釣果で終えることができました。

今年のデカイカ攻略は例年と比べて特にセンシティブです。使用するエギ、カラーセレクト、サイズセレクトにより釣果が大きく左右します。「スクイッドジャンキーライブリーダート」は2.5号、3号、3.5号の3サイズ展開。カラーも20色用意しています。

状況に合わせたローテーションで、今年の気難しいデカイカをぜひ攻略してみてください!

タックル情報

ロッド:ラーテル77MH【ブラックライオン】
リール:ステラC3000S HG【シマノ】
ハンドル:キャシャロットef【ブラックライオン】
ライン:セフィアG5 0.6号【シマノ】

ハヤブサ(HAYABUSA )

日本有数の金物のまち、兵庫県・播州三木を拠点とする1970年設立の老舗ハリメーカー。多数の釣魚種に対応した高品質なフックを多数輩出中! バスブランド「ハヤブサBASS」やアパレルブランド「FREE KNOT(フリーノット)」、トーナメントブランド『鬼掛(ONIGAKE)』など多くの人気ブランドを展開中。