ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【五三川トップウォーター釣行】水野浩聡が語るコンパクトフロッグ「カエラ」の魅力

連載:水野浩聡のOne more fish
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 水野浩聡です。

今年も梅雨入りしましたねー。ここから1ヶ月ほどは雨とうまく付き合っていかなければならない時期となりますが、水温や水質がガラッと変わりやすいタイミングでもあるので、雨が降って新たな水の流入がある以上、少なからずそれが魚にも影響しますので、その辺を読みながら釣っていくのが面白いところですね。

さて今週は、岐阜県五三川に行ってきました。この時期らしいエキサイティングな釣りがしたかったので、トップウォーター縛りで楽しんできました!

五三川でトップウォーター釣行

タックルにはハネモノの「ポンパドール」とフロッグの「カエラ」をつけ、適材適所で投げ分けます。

水位が多い日だったこともあり、激シャローのインサイドにも冠水ブッシュができあがっていて、そんなカバー周りでは「カエラ」を。

カエラ【ジャッカル】

Name Length Weight Type Price(税込価格)
カエラ 55mm 12.5g Floating ¥1,320

ジャッカル公式「カエラ」の詳細ページはコチラ

垂直護岸のシェード内では、音によるアピールで下からバスを呼ばなければならないため「ポンパドール」をセレクト。

ポンパドール【ジャッカル】

Name Length Weight Type Hook Price(税込価格)
ポンパドール 79mm 22.0g Floating RB-M #2 ¥3,080

ジャッカル公式「ポンパドール」の詳細ページはコチラ

すると早速、カバーに入れた「カエラ」が派手なバイトとともに水中に消し込まれて1本目をキャッチ。

バスのサイズはめちゃくちゃ大きいわけではないんですが、コンパクトサイズのフロッグ「カエラだからこそ、バッチリフッキングが決まるんですね。このバスもフックが2本とも上顎を貫通していました。

僕がコンパクトサイズながらベイトタックルで扱いきれるフロッグ「カエラ」を、色んな場面で多用する理由の一つがココにあります。

コンパクトサイズながらアピール力◎

近年は、プレッシャーが異常に高いフィールドも多く、昔ほどフロッグには出にくくなった側面があります。

カエラ」はそんな状況でもバスにバイトさせやすいルアーの質量と重量でありながら、アクションをさせやすいのでアピール力は十分。濁ったり、若干の波風があるようなタイミングであっても、比較的バイトに持ち込みやすく、そのサイズ感からフッキングもしやすいフロッグなんですね。僕は以前からかなり気に入って使用しています。

強い流れと強い南風…それでもカエラが炸裂!

そして午後からは、強い流れと強い南風が発生。

流れと真逆の風は、波も大きくなりやすいので、表層系のフロッグだと太刀打ちできない場面も多いんですが、バンク沿いにできるわずかな風裏スポットに「カエラ」を入れてもう1本キャッチ。

波風に負けないフロッグ本来のパワーは持ちつつも、過度なプレッシャーに打ち勝てるコンパクト感も備えたちょうどいいフロッグの「カエラ」の良さが際立った、丸呑みバイトでした。

この模様は、僕のYouTubeチャンネル「水の旅」でもアップしましたので、解説と合わせて実釣映像もご覧いただけたらと思います。

【梅雨のフロッグゲーム】メジャー場で繰り出す、対カバー最強の攻撃的な釣りの基本。【水の旅# 147】

出典:YouTubeチャンネル「水の旅」

旬なフロッグは、僕も大好きな釣りの1つ。ガンガンカバーを攻めて、バイトシーンも見れて、ガツンとフッキングを決めるという一連のパワーゲームが成立した時の達成感は、フロッグならではです!

ぜひこの梅雨に皆さんもトライしてみてくださいねー!

タックルデータ

・ロッド…ポイズンアドレナ(166H-SB)【シマノ】
・リール…メタニウム(HG)【シマノ】
・ライン…PEライン56Lb

水野浩聡(Mizuno Hiroaki) プロフィール

生まれ持ったセンスと岐阜県・東濃野池群通いで培った無数のテクを武器に、全国各地のオカッパリフィールドを走り回る日々を送る。とにかく楽しむエンジョイ系フィッシングが大好物なアングラー!ジャッカル・プロスタッフ。

WEB連載 水野浩聡のワンモアフィッシュは毎週  木曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい