ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

LureNews.TV YouTube Channel

日中チヌゲームはリアクションバイトを狙ってみよう

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
チヌゲーム特集

チヌシーズン本番!

ということで、前回メジャークラフトのちぬキャンディを使った王道アプローチ「ボトムズル引き」について解説していきました。

【入門カンタン!】チヌゲームは「ボトムのズル引き」から始めてみよう!

メタルバイブでリアクションバイトを引き出そう

ボトムズル引きは、デイゲームでも試してもらいたい、はじめの一歩。また特にナイトゲームでも高い実績があります。

ではズル引きだけで攻略成功…となるかといえば、そんな日がとても多いわけではありません。

もうひとつ試して頂きたいのがリアクションの釣り。具体的には小型メタルバイブを使ったアプローチ。

そこで今回は、メジャークラフトのチヌブランド「ブラックポーギー」シリーズから、メタルバイブの「ちぬブレード」をご紹介!

ブラックポーギー・ちぬブレード

5g / 7g /10g / ¥580(税込¥638)

メタルバイブは巻いてもリフトしても「ブルブルッ」という波動が出るのが特徴で、これはちぬキャンディにはない武器。

雑食性のチヌですが、小型のメタルバイブの波動はチヌにとってエサとなるひとつ、小さな魚の波動にも似ているのもありますし、単純に波動に興味を持ってアタックしてきているのかもしれませんね。そうした波動に興味のある高活性な個体を広範囲から拾ってきやすいのも魅力。

また、手間要らずな点がシンプルに魅力。ワームを付け替える必要がない、そもそもワームをかじってくるような本命以外の魚が多い時でも、いちいちセッティングし直さなくていイイ。

もうひとつ「濁り」が入り魚がルアーを見つけにくい状況でも、波動で気づかせて、呼び寄せる力を持ちます。

ちぬブレードの特長

ではそんなメタルバイブの中でも、ちぬブレードの特長はといえば、根掛かりしにくい低重心設計がひとつ。ボトムで立つようなセッティングでお尻上がり。リアの2フックも針先が上を向くことで、できる限り根掛かりを回避するビギナーに優しいメジャクラらしい設計。

ちなみにこの形状はボトム感知能力も高く、ちょっと引っ掛かりそうな障害物を感じて外したり、あるいはそういう場所はチヌのバイトも多いところですから、バイトに備えて心を整えることもできます(笑)。

ダブルフックの強度も高くて、大型魚もしっかり掛かり、昨年の実釣取材には、メジャークラフトフィールドスタッフの郡山善充さんが良型マゴチをキャッチするシーンも。

ラインナップされる5g、7g、10gの3ウエイトですが、ベースを7gとし、シャローや立ち位置がポイントに近い場合は5g、オープンな河川で飛距離がほしい時やディープでは10gを使用すればよいでしょう。

メジャークラフト公式ちぬブレード詳細ページはこちら

小幅なリフト&フォールでテンポよく

実際のちぬブレードの使い方については動画をチェック!

ご覧の通りで、チョンチョンとロッドを上げてブルルッと波動を出して、フォール。小さなリフト&フォール。ティップで軽く跳ねさせて手前へと落ちてくるイメージ。フォール中のバイトが非常に多いので、集中しましょう。

このほか、ストレートリトリーブでも波動を生むので、ボトム付近のレンジを意識しながらたまに底にコツコツ当たるくらいのスピードとウエイト調整をするもよし。

ただし、移動スピードが速過ぎると追いかけられない低活性なんてこともありますので、そのあたりの判断が難しそうであればリフト&フォールから始めてみてはいかがでしょうか?

いずれにせよ、ちぬブレードは特にデイゲームで見切られやすい時に、波動とスピードでリアクションバイトを誘えるルアー。サーチにも向くし飛距離も出るので、まず状況を知りたいという時にもマッチします。

バイトがあれば即掛け!チューブラーが向く

ちぬブレードのリフト&フォールでは、基本的にバイトに即フッキングさせていきます。ちぬキャンディのボトムズル引きでは、グゥ~ッと食い込ませてからフッキングさせた方がよい場合が多くソリッドをオススメしましたが、ちぬブレードならチューブラーがオススメ。

まず、メリハリのあるアクションをつけるので、ティップを動かした時に素早くそれをルアーに伝達できるのが一点。

また、リアクションの釣りとなるのでバイトもカツン!と瞬間的にくることが多く、そこで掛けきることを考えるとチューブラーが向くからです。

写真はトリプルクロス・黒鯛のチューブラーモデルのTCX-T802MLですが、操作性と感度と丁度よい張りがあり、またできる限り広く探りたい時に、非常に遠投が効くシリーズ最長レングス。

メジャークラフトのチヌゲーム用ロッドは多数ありますが、ルアーの操作性がよく、フッキングレスポンスが高い、そしてできれば飛距離もあるロッドを選ぶと、よりこの釣りが楽しくなるのではないでしょうか。

ということで次回は、チヌゲーム用ロッドやタックル類をご紹介予定!

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。