ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【入門カンタン!】チヌゲームは「ボトムのズル引き」から始めてみよう!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
チヌゲーム特集

やってきましたチヌゲームの季節。身近な漁港、河口、サーフと思っている以上に至るところに棲息していて、だけれども多彩なリグが示すように、意外やその日その時の大正解を探すのが難しくて。だから面白い。

ショートバイトからの瞬発的な引きも気持ちイイものがあります。

最も入門しやすいのはボトムズル引き

そんなチニングの代表的で最も簡単な攻略アプローチといえば、ボトムズル引き。文字通り、ルアーをボトムに着け、リーリングで手前まで引いてくるもの。

もちろん、あまりにボトム形状がガチャガチャな場所では根掛かりが多くなるので、砂地にゴロタ石が点在するような場所がズル引きには向きます。

その上で、ルアー自体にもできる限り高い根掛かり回避能力が備わっているものを選びたいところ。

ボトムチニングに最適!「ちぬキャンディ」

ちぬキャンディにファイティングクロー1.6インチ。ボトム攻略に相性バツグンの組み合わせ

そこでオススメのひとつがメジャークラフトのブラックポーギー・ちぬキャンディ。これにトレーラーワームとしてファイティングクローの組み合わせ。

まず、ちぬキャンディですが、そうした高い根掛かり回避能力を持っているのが優れた点。

出典:メジャークラフト公式「ちぬキャンディ」詳細ページ

ツルっとした曲面で引っ掛かりが少なく、ラインを結んでズル引きした時には当然ながら若干前傾し、さらにボトム接地面が少なくなることからちょっとしたゴツゴツはスルスル抜けていく仕様。

また、フックは環で接続されていてフレキシブル。固定式ではないのでフリーに動くから障害物をかわしやすいのです。これはフッキング時にバイトを弾きにくい点でもアドバンテージがあります。

常に針先が上を向いた状態をキープするのもあって、とにかく障害物回避性能が高いのです。

ファインティングクローとの組み合わせが効く理由

そしてファイティングクロー1.6インチ。ちぬキャンディとの相性はバツグン。ちぬキャンディは、細いラバーパーツが甲殻類の足のような揺らめきを見せるので、単体でも使用することは可能ではあります。

とはいえ、ファイティングクローをつけることで、ちぬキャンデイ単体にはないアピールが加わるのが強み。

砂煙・接触音・ニオイ・威嚇

ちぬキャンディをズル引きで使用すると、ボトムでは砂煙が立ち、その砂煙からヒョイッと姿を現したちぬキャンディにチヌはバイトしてきます。

また、ズル引いている最中に石やちょっとした障害物に当たる接触音でチヌに気付かせ、それを乗り越えた時などのバイトも多いのです。

そんな「ちぬキャンディ」に「ファイティングクロー」をセットすると、ニオイと威嚇ポーズというアピールがさらに加わります。

というのも、ファイティングクローには、「イカエビフォーミュラ」が配合されていて、そうした集魚はチヌも好物。

もうひとつがファイティングクローの爪部分です。爪部分には浮力を持たせており、ズル引き中は引っ張られて倒れていますが、止めると浮力の関係で起き上がります。

このファイティングポーズがチヌを威嚇し、スイッチが入ってバイトしてくるケースも多いのです。

フックもフレキシブルなだけに、フゥ~ッと起き上がってくる様子は生命感にも溢れチヌがバイト。

ちぬキャンディとファイティングクローの組み合わせは、ズル引き中の砂煙や接触音、これにファイティングクローが持つフォーミュラとファイティングポーズで、ズル引き中も止めても、もちろんちょっとしたリフト&フォールでもバイトを引き出してくれます。

繊細なソリッドティップのススメ

というわけでお伝えしてきましたが、基本は投げる、ボトムまで落とす、ボトムをトレースしながら巻く。これだけ! とっても入門しやすいですよね。

キャストする際は、基本的にはアップ(上流側)に投げて流れになじませながらズル引いてくるとグッド。

さて、そんなボトムズル引きですが、繊細なソリッドティップを持つロッドを選ぶとやりやすい。

まず底質がつかみやすいので、底のゴツゴツ感からちょっとグゥッと竿先が入り始めた時に「あ、根掛かりしそう」という時にもポンッとティップでかわすことができます。

写真はトリプルクロス黒鯛・ソリッドモデルのTCX-S782ML黒鯛のティップ。ボトム感知に長け繊細。ホワイトペイントはナイトゲームでも視認性が高い

この障害物をかわした際は、ちょっと浮き上がって落ちていく、オートマチックな小幅のリフト&フォールになりますが、その瞬間にバイトしてくることも多いので要注意。

そしてチヌのバイトはショートバイトも結構多いですよね。ボトムトレース中のゴツゴツ感から、カツカツッというチヌのファーストバイトを感じる上でも繊細なソリッドティップは役立ちます。

また、そのカツカツしたショートバイトを即掛けするよりも、ティップが一瞬グッと抑え込まれたタイミングでフッキングを入れる方が掛かるケースも非常に多く、そうした意味でもバイトの表情を的確に伝えてくれる繊細なソリッドティップはちぬキャンディのボトムズル引きには向きます。

フッキングまでの準備ができるというか、構えられる間をアングラー側に与えてくれるからです。

また、基本的には竿の角度を45度程度立てながらボトムをズル引きし、ティップが入っていったときのアワせしろを作っておくと、より掛けやすい。ただし風が強くラインがはらんでノー感じになってしまうと元も子もないので、状況に応じたロッド角度も必要になってきます。

ちぬキャンディのウエイトも5・7・10gがあるので、自分がボトムを感知できる中で軽いウエイトを選んでいくとよいかと!

ボトムズル引きはデイゲームでも効果的ですが、ナイトゲームでは特によく効く傾向があります。

デイの場合は気持ちリトリーブスピードを速くすると見切られずにバイトに至るケースもあります。スピードと浮き上がりにくいロッドの角度、ルアーウエイトを調整しながらセレクトすれば、釣果に結びつくはずです!

今回はボトムズル引きを中心に解説していきましたが、チョンチョンとティップで軽く跳ね上げてのリフト&フォールも当然こなしてくれるちぬキャンディ&ファイティングクロー。

ズル引きからストップ、リフト&フォールなんて複合的な誘いを入れながら、どういったアクションに反応がよいか探るとまた面白い。

そして、チヌだけではなく根魚全般やフラットフィッシュにも有効なルアーなので、身近なところで五目ライトゲームを楽しむ場合もひとつ忍ばせておくとイイですよ!

ボトムチニングおすすめルアーを改めて

最後に改めて、おすすめルアーを簡単にまとめてご紹介。

ちぬキャンディ

出典:メジャークラフト

ウエイト:5g・7g・10g
カラー:6色
価格:¥580(税込¥638)

ちぬキャンディ詳細ページはこちら

ファイティングクロー

出典:メジャークラフト

サイズ:1.6インチ (4cm)・2.4インチ (6cm)・3.2インチ (8cm)
カラー:1.6インチ6色、2.4インチ・3.2インチ6色
価格:オープン

ファイティングクロー詳細ページはこちら

動画もチェック!

ということでご紹介してきましたが、鉄人ヒロセマンの実釣ムービーも配信していますので、動くヒロセマンを見てコツをつかんでいただければ幸いです!

メジャークラフト MajorCraft

2002年2月設立のフィッシングメーカー! ルアーで狙えるあらゆる魚種ごとのロッドを開発! 低価格&高品質な高いコストパフォーマンスで人気。 数年前からはロッドだけでなく、ライン、ルアーなども手掛けている。