ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ジャッカル】チヌワーム全ラインナップから2色のNEWカラーが2022年7月に登場予定!「石川仁希さんに訊いた特長や使い分け術にも注目」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
チヌゲーム特集

チニングの面白いシーズンがやってきましたね。

既に釣行に行かれている方も居れば、これから楽しまれるという方も多いのではないでしょうか? さて、今回はそういった方へオススメしたいアイテムを紹介…。そう、ジャッカルのチヌワーム全ラインナップからNEWカラーが登場予定となっています。

普段のカラーローテーションに取り入れてみては?

チヌワーム全ラインナップから2色のNEWカラーが登場予定!【ジャッカル】

2022年7月登場予定

ジャッカルのチヌワーム全ラインナップから2022年7月にNEWカラーが登場。

具体的に「チャンクロー2.8クロダイ」、「ウェーバーシュリンプ 2.8″ クロダイver」、「ちびチヌ蟹1″」、「ちびチヌムシ 1.5″」、「ベビードラゴン 2″クロダイver」5種それぞれに2色のNEWカラー「グリパンメロン」と「アカハラデビル」が加わります。

チャンクロー2.8クロダイ

ウェーバーシュリンプ 2.8″ クロダイver

ちびチヌ蟹1″

ちびチヌムシ 1.5″

ベビードラゴン 2″クロダイver

実物がコチラになります!

各カラーそれぞれの特長について

全モデル10色展開という豊富なカラーバリエーションに2色が追加となり、全12色に拡大した各チニングワーム。ここからはNEWカラーについてより具体的に説明させていただくということで、つい先日NEWカラーについて良く知る、超若手アングラー・ジャッカルソルトスタッフ「石川仁希」さんにお話を色々伺ってきました。各NEWカラーの特長や使い分け術など、ここからは訊いた内容に沿う形で具体的に説明させていただきたいと思います。

石川 仁希(HITOKI ISHIKAWA) プロフィール

大阪エリアを広く知り尽くし、アジングとチニングを日々極めている若手アングラー。特にアジングの腕はトップクラス、最近では、ジャッカルの製品開発にも広く携わっている。自身のYouTubeチャンネル「ひとまめの釣りとアウトドア」やSNSなどを駆使して、釣りの楽しさも日々広めている。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

グリパンメロン

まずは、「グリパンメロン」の特長から解説。

こちらは基本的にオールシーズン、時間帯問わずどんな時でも使える万能カラー。喰わせ力の高い超ナチュラル系カラーがベースとなっており、マテリアル内に赤と黒のラメを配合。生命感のある透けているボディではありますが、少しアピール力を持たせたようなカラーリングとなっています。「状況」、「時間帯」、「季節」問わず、とにかく万能。特に石川仁希さんは食いの渋い時に多用するという風におっしゃられていましたので、ぜひBOXに忍ばせておいてほしいカラーになっています。

アカハラデビル

一方、対照的なカラーに見える「アカハラデビル」の特長について。

用途もグリパンメロンと対照的で、水が濁っている時やシルエットを出したい時に出番が多いとのこと。台風後や大雨後などの水が濁っているような状況ではカナリ活躍、ハマると連発劇が起こるんだとか…。

マテリアルはソリッドをベースとしたブラックとレッドを合わせた攻撃的カラー。さらに赤ラメでアピール力もバツグン! 水中でとにかく存在感が高いことから「チヌやキビレから見つけてもらって寄せることができる」ようなカラーリングに。

NEWカラー2色を上手く使い分けることで釣果激増し!

続いては、「石川仁希」さん式! NEWカラーの使い分け術について。

その使い分けに関してですが、カナリハッキリとしていて「グリパンメロン」が主にデイゲーム、「アカハラデビル」をナイトゲームに使うというローテーション。状況によって他の既存カラーを使い分ける必要も当然ありますが、1つの手段・パイロットとしてデイでは「グリパンメロン」、ナイトでは「アカハラデビル」という、使い分けがカナリオススメだとおっしゃられていました。

グリパンメロンがデイゲームで有効な理由

その理由というのが、前途した各カラーの特長解説と重複する部分はありますが、「グリパンメロン」はとにかくナチュラルカラーで、透き通った透明度のあるマテリアルに程良くアピールしてくれるラメが配合されているため、水中で溶け込みながらも僅かにラメが光を反射させ、見えないようで少し見えるという絶妙な存在感を演出してくれます。以下は「ウェーバーシュリンプ 2.8″ クロダイver」(グリパンメロン)の水中画像なんですが、ワームが水に溶け込んでいる様子が伝わると思います。

このようにボトムと同化することで、チヌがワームに対して警戒せず、ワームの存在を探すのに夢中になり、バイトへ導くことができるように思えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

以下の動画(9:10秒)辺りでヒットシーンもチェックできますよ!

出典:YouTubeチャンネル「JACKALLSTATION」

アカハラデビルがナイトゲームで有効な理由

続いて、「アカハラデビル」がナイトゲームで効く理由について。夜になるとチヌやキビレは警戒心が薄れる一方、視界がぼやけて積極的にワームへバイトしてくるという話も…。つまり、警戒心が薄れて視界がぼやけているチヌやキビレに対しては「シルエットがハッキリしているワーム」を投入することが釣果アップへの近道に。「アカハラデビル」はソリッドをベースとした、ブラックとレッドの2トーンカラーでさらに、赤ラメまでも配合されているシルエットが出マクリな激アピールカラー。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LureNews(@lurenews)がシェアした投稿

つまり、警戒心が薄れたエサを求めているチヌやキビレから見つけてもらいやすく、バイトへ導くことが可能という訳! また、ナイト以外に視界がぼやけるシチュエーションと言えば濁りの強い時。ナイトに限らず、デイゲームでもそういった状況であれば威力を発揮することが多いので、ナイトはモチロン、デイゲームの際でも常備しておくことがオススメです!

といった感じで、ジャッカルのチヌワーム全ラインナップから登場予定であるNEWカラーの特長や使いドコロなど、「石川仁希」さんに伺った内容を参考に紹介しました。正に今がチニングのハイシーズン! 間もなくNEWカラーもリリースされると思いますので、ぜひそのタイミングにお近くのフィールドへ足を運んでみてはいかがでしょうか?

新色の特長や使い分けなどを解説! 実釣動画もぜひチェック

YouTubeチャンネル「LureNews.TV」でも実釣動画が公開中! ぜひ、こちらもチェックしてみてくださいね! 新色でもシッカリとイイ魚をキャッチしていますよ。

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

関連記事はこちら!

【チャンクロー2.8in クロダイVer.】ジャッカルソルト期待の新人「石川仁希」によるチニング爆釣テク!

ジャッカル(Jackall)

1999年、現会長・加藤誠司氏と現社長・小野俊郎氏により設立。所在地は滋賀県大津市。国内のみならずアメリカ、ヨーロッパ、アジアでも釣具の販売を展開。ルアーフィッシングの各ジャンルのアイテムを網羅、開発力が高いことでも知られている