ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

あの人気ビッグペンシル「アマゾン」に2022年小沼正弥・監修カラーが登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

近年シーバスゲームにおいて、ショア・オフショア問わずランカーシーバスが狙える釣りとして人気なのが、コノシロをはじめとする大型ベイトフィッシュを意識したパターン。

そんな流れを受け2020年に復刻したエバーグリーンの「アマゾン」に、2022年オヌマンでおなじみの小沼正弥さん監修のNEWカラーが登場します!

小沼 正弥(Masaya Onuma) プロフィール

独自のシーバス道を極めるべく、全国各地を釣り歩く「職業シーバス釣り師」。釣具メーカー「ピックアップ」代表。「エバーグリーン、ダイワ、マドネス、シーガー、がまかつ、ヒフミクリエイティング、ピュアフィッシングジャパン、FUJIWARA、ハピソン」プロスタッフ。1969年7月3日生まれ、東京都世田谷区出身の渋谷区育ち。

アマゾン【エバーグリーン】

まずは、「アマゾン」がどのようなルアーなのかを解説していきたいと思います。

全長 自重 タイプ リングサイズ フックサイズ 税別価格
16.0cm 43.0g フローティング フロント:#3・センター:#3・リア:#3 フロント:#1・センター:#1・リア:#1 2,300円

エバーグリーン公式「アマゾン」の詳細ページはコチラ

水に絡む絶妙な浮き姿勢+大型ボディがスイムベイト並みの水押でアピールします。

アクションレスポンスも高い

水押が強い大型ボディにもかかわらず、メインウエイトに対してカウンターウエイトを設置するカウンターバランスシステムによって、ロッドワークに機敏に反応するレスポンスの良さと、ボディが倒れ込んで素早く起き上がるアクションに伴う色覚変化を実現しています。

ラトル音でもアピール

ベリーのフロントシンカーを固定式、リアシンカーを移動式にすることで、ロッドワークを加えた際にシンカーとシンカーが芯同士で当たり、金属的で硬質なサウンドを発生、ラトル音でもシーバスにアピールします。

アマゾンに2022年NEWカラー登場!

そんな「アマゾン」に2022年NEWカラーが登場!

「職業シーバス釣り師」でおなじみの小沼プロが作ったカラーは釣れる気ビンビンですッ!

2022年6月登場

それでは細かく見て行きましょう。

ヒットマンブルーフラッシュ

フラッシングがカナリ強そうなこちらのカラー。

背中がブルー系、お腹がオレンジ系のカラーで、「アマゾン」のボディが倒れ込んで素早く起き上がるアクションでのアピールも強そう!

 ピンクヘッドフラッシュアユ

今までありそうでなかった「アユ系カラー」がついにラインナップ。

ピンクヘッドが視認性を高め、遠投先でも見失いにくいのがGOOD! ナチュラルカラーの強いフラッシングは、スレたシーバスにも効きそうです!

以上、「アマゾン」の2022NEWカラーについて紹介しました。

シーズンには品薄が予想されます! 気になった方はお早めにチェック!

エバーグリーンインターナショナル(EVERGREEN INTERNATIONAL)

昭和63年12月設立、大阪市西区を拠点とする総合ルアーメーカー。名竿コンバットスティックシリーズの各バスロッドブランドや実釣力の高い各種バスルアーを多数輩出。またエギングやジギング、ライトSWなどSWゲームの各魚種をターゲットにしたポセイドンシリーズのロッドやルアーも高い支持を集めている。

関連記事

小沼正弥が良型シーバスを連発させている「アマゾン」を使った秘技「オヌマシェイク」を伝授

佐川洋介が ビッグペンシル「アマゾン」を使ったオカッパリシーバス・コノシロパターンを徹底解説