ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アクションや使い方に注目】テナガエビが多くなる季節に有効!加木屋守(マーモ)が解説「RVドリフトクロー」のバックスライド攻め

連載:マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは! マーモです。

6月に突入。バスもアフター回復に向けて、積極的にエサを捕食するようになってきましたね。ホームである長良川でもテナガエビが増えはじめ、エビボイルも時折見るようになってきました。さて、今回はこれから増々面白くなってくる「テナガエビパターン」で有効な釣りを紹介! 他のフィールドでも活用可能なメソッドだと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

加木屋守(Kagiya Mamoru) プロフィール

ニックネームは「マーモ」。油ケ淵はもちろん、知多方面の野池を知り尽くし、長良川ではガイドも務める。ジャッカルのロッド「BPM」のイメージリーダーを務め、自身初のプロデュースルアーとなる「ディズラ」も話題沸騰中!活躍の幅を広げている人気アングラー。1992年11月生まれ。

テナガエビが増え始めたら「RVドリフトクロー」のカバー撃ちがアツイ!

さて! テナガエビが増えてくると共にアツくなる釣りと言えば「RVドリフトクロー」のカバー撃ち。先日も長良川でナイスバスを捕獲することができました。アシ際やブッシュ、レイダウンなどに引っ付いているテナガエビを補食する個体がこれから増えはじめるので、そういったタイミングに有効なのがこちらの釣り方。

RVドリフトクロー

ジャッカル公式「RVドリフトクロー」詳細ページはこちら

フワッとした動きをバスが好む季節でもあるので、このバックスライドの釣りは欠かせない釣法の1つ。ネイルシンカーを入れたりしてフォールスピードを調整して使うのですが、カバーなどにラインを絡ませて使う場合は0.9gをお腹に入れて使用します。それ以外でテンポ良く手前からバックスライドだけさせていく場合はノーシンカーリグで使用します。

アクションも超簡単

アクション方法も凄く簡単で、着底するまではフォールさせて着底してからは軽く跳ね上げてベイトが逃げるアクションを演出させます。このアクションが効くのも「RVドリフトクロー」の強み! 爪部分が抵抗を受けるので、ブレーキが良い感じに掛かってカバーから離れすぎない感じでエスケープアクションを演出できます! エビボイルをしている時なども、このアクションで表層付近をモワモワとアクションさせて使ったりしても釣れることがあるので、ぜひ試してみてくださいね! フックはナローゲイプの「リミット」(#4/0)【リューギ】を使用します。一体感がよりでるのでこのセッティングが非常にお気に入りです。

後は、前回紹介させてもらったハク食いのバスには相変わらず「RVドリフトフライ」のダウンショットリグが絶好調。

RVドリフトフライ

Length Quantity Price
3.0in 5本入 ¥990

ジャッカル公式「RVドリフトフライ」詳細ページはこちら

エビ食いとハク食いをローテーションしながら河川バスをぜひ狙ってみてくださいね!

WEB連載 マーモ加木屋守「CAST TO GLORY」は毎週 日曜日 配信!過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらからチェックしてみて下さい!