ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

「なおちん」が大型アオリイカ。キャッチしたロッドはチタンソリッドの「ティップバンTZ」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

なおちんIN沖縄にて。

井上直美さんが手にした大型アオリイカ、使用ロッド&リールはティップバンTZ&スピーキー。

ロッドのティップバンTZ、使用した機種はSH63ML/TISL。テイルウォークのフラッグシップティップランロッドで、その中でもレーシングチューンともいえるモデル。

ティップバンTZ・SH63ML/TISL

ティップバンTZ・SH63ML/TISLで特徴的なのはチタンソリッドティップ。バツグンの感度はチタンソリッドならでは。またティップ部分の視認性にも優れ、ライトグレーに蛍光のオレンジラッピング。偏光グラスを掛けていても挙動が見えるのが優れた点。

スペック

出典:テイルウォーク公式ティップバンTZ詳細ページ

全長(ft.in) 継数 仕舞寸法
(cm)
ロッド自重
(g)
ルアーウエイト
(g)
ラインウエイト(PE) L1
(mm)
L2
(mm)
本体希望価格

(税抜き)

6.0 2 99 93 max 50 PE max 0.6 410 310 38,000円

そのあたりの感度面ではフラッグシップらしいバツグンの仕上がりなのですが、この超高感度チタンソリッドは、ティップランにおけるアクション後のステイ時の安定感も高いのが特長。

ジャーク後にピタリと止まる、エギがピタリと止まって姿勢が安定する。操作、感度ともにチタンソリッドティップが作用し、アオリイカをとらえてくれます。また、このソリッド部がやや長くアオリイカのバイトを弾きづらい設計となっています。

また、ベリーからバットのパワーは十分。曲げた状態からでもフッキングが決まるパワーを持っているので、チタンソリッドティップが曲がり込んだ状態からでもフッキングが決まります。そのためバイトを深く呼び込んでからしっかりアワセが決まるロッドとなっています。

活性がよい状況ではもちろん、超タフコンでその真価を発揮するハイスペックなティップランロッドになっています。

テイルウォーク公式ティップバンTZ詳細ページはこちら

テイルウォーク(tailwalk) プロフィール

株式会社エイテックのルアーブランドが「tailwalk(テイルウォーク)」。ソルト、フレッシュ問わず非常に多くのロッドやリール、アパレルなどを展開。バスではフルレンジシリーズ、ソルトではハイバリューなロッドSSD(ソルティシェイプダッシュ)シリーズや、フラッグシップモデルのTZシリーズなど、ビギナーから上級者まで幅広い層に支持されるアイテムが並ぶ。