ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【アフターマダイが釣れマクリ?】タフフィールドでも釣果UPが期待できる!ジャッカル新作タイラバヘッド「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」とは?

連載:ジャッカルソルト
寄稿:鈴木 洋太郎
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

こんにちは! 静岡のジャッカル・オフショアスタッフ「鈴木洋太郎」です。

鈴木 洋太郎(YOTARO SUZUKI) プロフィール

静岡在住のアングラー。メインフィールドは”大真鯛の聖地” 静岡県御前崎でタイラバゲームをメインに活動中。自己新記録の大鯛を目指してストイックに釣行に出ている。

5月も中旬に入り、各地でアフターマダイの厳しい状況を良く耳にします。メインフィールドの御前崎でも、毎年この時期が1番難しい状況です。

そんな中でどのように本命を狙っていくのか? 新たに6月リリースとなるタイラバヘッド「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」を試しながら釣行してきましたので、今回はそれを使った実釣レポートとさせていただきたいと思います。

「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」を使った実釣レポート

当日の天候は曇り時々雨、風はほぼ無く潮もあまり良くありませんでした。

ポイントは、水深120m~80mのかけ上がりです。巻きスピード、巻き重りの感覚など探りながらアフターマダイを狙います。

「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」の特長

今回発売の「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」の特長は「着底後の浮き上がりの良さ」、「掴んだ水流により左右に不規則にゆらぐアクション」、「新しいカラーリング」です。ウエイトは30g〜156gがラインナップされています。

今回は、水深が深いことから156gを選択。最近のアタリが多いカラーがオレンジということで、ヘッドのカラーはオレンジゴールドNEO、ネクタイも「ビンビン玉 T+ネクタイ /カーリー」のオレンジゴールドをセレクトしました。

ゆらぎが効く

「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」のゆらぎがリアクションバイトにも効果的なことから、着底後40〜50巻ほどリトリーブして、浮いているマダイにアプローチしていきます。

すると2回目の着底からのリトリーブで、小魚が触ったかのようなすごく小さな違和感があり、そのままリトリーブしているとアタリから5巻ほどで本命のアタリに。

こんなに前アタリが小さいと気づかないこともある=釣果が悪いに繋がるような感じです。

タイラバヘッドのローテーションも大事

この日のパターンを掴めたので「 TGビンビン玉スライドヘッド NEO」、「 TGビンビンスイッチ」、「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」をローテーション。

TGビンビン玉スライドヘッド NEO

ジャッカル公式「TGビンビン玉スライドヘッド NEO」の詳細ページはコチラ

TGビンビンスイッチ

ジャッカル公式「TGビンビンスイッチ」の詳細ページはコチラ

結果、この日は「 TGビンビンスイッチ」では全く反応無し、「 TGビンビン玉スライドヘッド NEO」で1尾、「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」で3尾でした。

結果的に「TGビンビン玉スライド雷流ヘッドNEO」のゆらぎの波動、不規則なリアクションでのバイトが多かった日でした。タイラバはネクタイの形状や色に着目しやすい釣りですが、ヘッドの形状の重要性、ローテーションで釣果に差が出たので皆さんもお試しください。

タックルデータ

ロッド:ビンビンスティックエクストロ(BXS-C69XSUL)【ジャッカル】

リール:オシアコンクエストCT(300PG)【シマノ】

WEB連載「ジャッカルソルト」!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックいただければ幸いです!

WEB連載「ジャッカルソルト」=個性ありすぎなジャッカルのSWゲームのプロスタッフ達(田中亜衣・吉岡進・杉山代悟・一宮安幸)によるWEB連載(毎週土曜配信)! 旬なフィールド情報・新テク・NEWアイテム情報マンサイ!タイラバ、アジング、メバリング、ロックフィッシュ、チヌゲーム、ジギングほかSW各ジャンルのタイムリーなネタをお届けっ!