ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

キャスティング×掛けの攻めのタイラバロッド!天龍の「レッドフリップ」唯一のスピニングモデル「RF672S-ML/CK」が面白い!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

2022年にフルモデルチェンジされた天龍のタイラバロッド「レッドフリップ」

乗せ・掛け、シャロー・ディープ、ドテラ・バーチカルなど、様々なシチュエーションに対応した特化型モデルがラインナップされています。

出典:天龍公式「スタッフブログ」詳細ページ

そんな中でも特に注目の高い機種といえば、唯一のスピニングモデル「RF672S-ML/CK」。

スピニングタックルならではのキャスティングを活かした、掛けを主体としたロッドです。今回はそんな「RF672S-ML/CK」をピックアップして紹介していきます。

「RF672S-ML/CK」のスペック

モデル タイプ レングス(m[ft]) 継数 アクション 仕舞寸法(cm) ルアーウエイト(g) ライン(PE/号) ドラグMAX(kg) リアグリップ長(mm) 先径(mm) ロッド自重(g) カーボン/グラス(%) 本体価格(税別)
RF672S-LML/CK スピニング 2.00[6’7″] 2
オフセットハンドル
RF 160 バーチカル
45~160
ドテラ
MAX200
キャスト
MAX75
MAX 1.2 3 405 1.1 101 92/8 35,000円

天龍公式「レッドフリップ」詳細ページはこちら

バーチカルで反応がないときの一手に

近年では、スピニングタイラバという言葉も多く聞かれるようになり、スピニングタックルを使用する方も増えてきています。

その最大の理由はキャスト性能を活かした広範囲へのアプローチ。

「RF672S-ML/CK」は水深50m以内を想定したシャローエリアをメインにしたロッド。バーチカルの状況下で底潮が動いていない…、ドテラで潮と風の動きが弱く、船が流れない…なんてときに活躍するモデルです。

キャストすることで、自らドテラの状況を作り出せるので、バーチカルで反応がないときこそ手にしたい一本です。

実際、斜め引きでしか反応してこない個体も多く、船内で差をつける際にも有効。

タイラバ以外でも東北の日本海エリアで人気の高いメタルジグをキャストして狙う、マダイジギングにもオススメのスペックです。

スピニング×掛けの攻めのモデル

「RF672S-ML/CK」のベースは前作の「RF682S-ML」にバットを強化。

アタリを感じ積極的にフッキングを入れていく『早掛け』や、タイの反転のタイミングでアワセを入れる『送り掛け』の両方に対応できるフッキングパワーを有しています。

出典:天龍公式「レッドフリップ」詳細ページ

パワーもMLで細身のブランクではありますが、バットにはC・N・Tを搭載しているのでファイト中のネバリも十分! 青物などのゲストや大型のマダイでも安心してやり取りが可能です。

ブランクは、マグナフレックスのカーボンフレックスで、ティップ部に中弾性カーボン、ベリーからバットは高弾性カーボンを主体にチューブラ状に構成。キャストと掛けに特化したアクションとなります。

また、フリーフォール時のフォール速度はベイトよりも速いので、素早く落として掛けにいくといった攻めのアプローチが可能。

メインロッドとしてはもちろん、サブロッドとしても「RF672S-ML/CK」は非常に頼りになる存在です。これまで巻きのタイラバのみで楽しんでいた方も、このロッドがあれば新しいスタイルのタイラバが楽しめる、そんな一本に仕上げられています。

レッドフリップの解説動画はこちら

出典:YouTubeチャンネル「TENRYU CO.,LTD」詳細ページ

天龍(テンリュウ)(てんりゅう)

1961年、六角竹竿加工業として下伊那郡鼎町下茶屋に塩澤製作所設立。1990年、株式会社 天龍に社名変更及び改組。創業当時、六角竹竿で一世を風靡し、1970年には日本初となるバスロッドを自社ブランドで発売。以降、カーボン素材を主軸に幅広い時代のニーズを先読みしたアイテムを輩出している。ソルトウォーターでは超軽量&高感度のSWライトゲームロッド「ルナキア」、ライトジギングでは「ホライゾン」が有名なほか、バス、トラウト、エリアフィッシング、さらにはテンカラなど、非常に幅広いジャンルでこだわりの強いロッドを生み出している。