ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【こんな使い方があるとは】エギ収納に特化した第一精工「エギラック(ビッグV/ビッグV2)」にはタコエギもキレイに収納できる!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

船からだとシーズンイン。

ショアからもボチボチ。

いよいよ面白くなってくる「オクトパッシング」。準備をされている方も多いのではないでしょうか? 釣って楽しく食べても美味しいので、今年も満喫してほしいジャンルの1つ。ただ、デメリットを挙げるとするなら「タコエギ」の収納。特徴的な形状をしているため仕舞う時に厄介なんですよね。

さて! 今回はそんなタコエギをキレイに収納できるオススメアイテムを紹介!

エギラック ビッグV
エギラック  ビッグV2【第一精工】

そのアイテムがこちらの「エギラック ビッグV」と「エギラック  ビッグV2」の2アイテム!

それぞれの違いは収納量で、前者は10本仕舞うことができて後者は20本。そもそも、こちらのケースはエギングで使用するエギを収納するためのケースであり、他にも「V」、「ミニV」という色々なサイズが揃っていて豊富なラインナップが魅力! その中でも、今回紹介している2アイテムがタコエギ収納にピッタリという訳なんです!

エギラック ビッグV

エギラック  ビッグV2

品名 サイズ タイプ 詳細 税込価格
エギラック ビッグV 273×197×42mm 10本収納タイプ 5号エギ(全長170mm)まで収納可能 ¥990
エギラック  ビッグVⅡ 273×197×84mm 20本収納タイプ 5号エギ(全長170mm)まで収納可能 ¥1,980

第一精工公式「エギラック」詳細ページはこちら

タコエギを綺麗に真っすぐ収納可能!

「エギラック ビッグV」と「エギラック  ビッグV2」は「エギラック」の中でも最大サイズであり、大きめで収納スペースもゆとりがあるため、タコエギを綺麗に真っすぐ収納することが可能。収納スペースが個別になっているので他にも、エギやジグにプラグなどの収納も快適。

さらに、ケースが半透明なので外からでもカラーやサイズが一目で分かり、付属でカラビナも搭載されているので、バッグの中以外にバッグの外やパンツなどにも装着OK。対面2段(4段)式収納で、エギの選択から取り出しが超スムーズ。

これから「オクトパッシング」が楽しくなる季節、ぜひシーズンまでに入手しておきたいトコロですね!

第一精工(DAICHISEIKO)

1937年創業、大阪市東成区を拠点と、「より良い確かな釣用品」をモットーに釣具を製造、販売するメーカー。「これがないと釣りができないわけではないが、無いと困るもの、あればスマートなもの」、いわゆる便利系アイテムを多数輩出!リールへのラインの巻き取り、ラインの巻き替えが簡単にできる「巻き替えスプール」、エギング用のランディングギャフを安全、コンパクトに持ち運べる「オートキングギャフ」などなど、多くのヒット作を生み出している。