ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

フッキングが決まりやすい高比重系ワーム登場!DUOの「レアリス G-Fix T-HOG 3.5」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

出典:YouTube「DUO JAPANデュオ公式チャンネル」詳細ページ

DUOの注目の新ルアー、「レアリス G-Fix T-HOG 3.5」がいよいよ登場します!

「レアリス G-Fix T-HOG 3.5」は水生昆虫タガメを模した扁平ボディの高比重ワーム。レアリスプロスタッフ&琵琶湖北湖プロガイド西島高志さんプロデュースで、すでに琵琶湖などで高い実績を上げています。

レアリス G-Fix T-HOG 3.5

出典:DUO公式「REALIS G-Fix T-HOG 3.5」詳細ページ

Length Weight Pieces 本体価格(税込)
3.5インチ(88.9㎜) 11g 5個 ¥748

DUO公式「REALIS G-Fix T-HOG 3.5」詳細ページはこちら

開発のきっかけは高比重系の弱点を解消

近年のバスフィッシングのトレンドでもある高比重系ワーム。

現在では各メーカーから様々なタイプが登場しています。ノーシンカーでも飛距離が出せて、食わせ力も高い。ボート・オカッパリどちらでも活躍する万能性能です。

しかし、そんな高比重系ですが、時折フッキングの際、フックがかからず“すっぽ抜け”てしまうことがあります。

「レアリス G-Fix T-HOG 3.5」では、そうした“すっぽ抜け”対策として扁平ボディを採用。

もちろん、ただ平たくすればよい訳ではなく、倒れ幅が少なくしつつ、厚みも調整。バスが吸ったときに必ずどこかにフッキングが決まるよう設計されているとのこと。

タガメ型のヒミツ

実は、タガメ型なのにも秘密があります。西島さん曰く、よりスライドさせることを追求した結果、タガメ型に行きついたとのこと。

バックスライドの角度にもこだわり、より奥に滑り込ませられる性能となります。

そのほかすり抜けを考慮し尻部を尖らせるなど、ハードボトムやウィードエリアでの手返しも考慮。

スライドフォール中のアピール力を増すために、アームパーツを薄く仕上げ、フォール中など自発的にアクション。ノーシンカーでのバックスライドや、テキサス、フリーリグ、ヘビキャロ、ウエイテッドでのスパイラルフォールなど様々なリグで活躍してくれるデザインとなります。

 

「REALIS G-Fix T-HOG 3.5」解説&水中アクション動画はこちら

出典:YouTube「DUO JAPANデュオ公式チャンネル」詳細ページ

西島さんによる「REALIS G-Fix T-HOG 3.5」実釣動画はこちら

出典:YouTube「DUO JAPANデュオ公式チャンネル」詳細ページ

カラーラインナップ

カラーは全部で8種類で、どのフィールドにでもマッチする配色となります。琵琶湖でもしっかりと結果が出ているカラーと、西島さんが自信を持つラインナップを用意。

濁りが強い時にはラメ入りやグリパンオレンジベリー、食いが浅い時はラメ無しなど、さまざまなシチュエーションでも活躍できる豊富なラインナップとなります。

F002 ウォーターメロンシード

F005 グリパン/ブルーフレーク

F006 ウォーターメロン/レッドフレーク

F007 スカッパノン

F028 エビミソ
F039 グリパンコパーパープルフレーク

F050 ソリッドブラック
F051 グリパン/オレンジベリー

「REALIS G-Fix T-HOG 3.5」はフィールド・シチュエーション問わず活躍するモデル。

フッキング性能も高く、遠投性に優れ、それでいてリグの種類も豊富。使いどころを選ばないスキのない性能です。ぜひ店頭で見かけた際はチェックしてみてください。

デュオ(DUO) プロフィール

Made in JAPANの技術を生かした高品質で個性溢れるルアーを数多くリリースしているDUO。「NIPPON QUALITY」にこだわり、スタンダードかつ、新しい一手を創造する国産ルアーメーカー。