ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

楕円状の空洞に通る水流がテールに伝達!家邊克己がサーティフォーの新作ワーム「オーバル」を解説

連載:家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

以前、このブログでも紹介した新型ワーム。

【3つの玉が繋がった超特殊形状】2022年の新製品!家邊克己が開発中の「新作ワーム」をチラ見せ

名前がオーバルに決定しました。「オーバル」とは「楕円」という意味で、このワームに空いた大きな穴にちなんで名付けました。

新作ワーム「オーバル」の詳細を公開

ボディは3つの玉がつながったような形状です。

34のジグヘッドならすべて使用できる大きさになっています。そして名前にもある大きな穴があるおかげで、そこに水が通ってテールを震わせます。アピールしてくれると同時に、水中での抵抗感が手元に感じやすくなっています。

チューニングができるのも魅力!

面白いギミックとして、フィンをカットすれば巨大なプランクトンとして、さらにフィンを縦にカットすれば2本のフィン付きテールワームにも変化させることができます。実釣テストでもカナリ釣果を上げています。実際に動画でも使用しているのでぜひご覧ください。

その動画がこちら!

出典:YouTubeチャンネル「THIRTY34FOUR」

近日発売予定です。また、具体的な日時が決定次第、このブログでもお知らせしたいと思います。お楽しみにお待ちください。

WEB連載 家邊克己の「週刊!アジングマニアックス」は毎週 日曜日 配信!
過去の記事もぜひチェック!

過去の連載記事はこちらから、チェックしてみて下さい