ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【スティーズ リミテッド SV TW 1000S】藤田京弥が熱望! スティーズリミテッドのカスタムモデルが登場【ギア比8.5!SVブースト初のシャロースプール搭載】

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

2021年に登場した「スティーズ リミテッド SV TW」。
このリールはフラッグシップモデル「スティーズSV TW」にハイパードライブデザイン採用、SVブーストスプールを搭載したリミテッドモデルとしてリリースされたモノ。

【スティーズ LTD SV TW】ダイワのスティーズに注目の34mmSVブーストスプール搭載のリミテッドモデルが登場【多数のプロスタッフの使用インプレ紹介】

そんな「スティーズ リミテッド SV TW」に藤田京弥さんが熱望したカスタムモデルが登場!

藤田 京弥(KYOYA FUJITA ) プロフィール

藤田京弥(ふじた・きょうや)…1996年生まれ。埼玉県出身、山梨県在住。6歳から釣りをはじめ、18歳でヒューマンフィッシングカレッジに入学。2017 年卒業と同時にJBマスターズ・シリーズにエントリーし、初年度年間20位。JB河口湖Aとダブルで昇格資格を得て2018年よりTOP50へ参戦。 2018年のトーナメントシーンでの活躍は目覚ましく、2018ジャパンスーパークラシック優勝、2018JBマスターズ年間優勝、2018トップ50第3戦優勝、2018トップ50年間2位など。 2019年からはジャッカルプロスタッフとなり、リボルテージブランドで自身が監修するアイテムの開発に着手。 ちなみに得意技は河口湖仕込みのサイトフィッシングで水中虫パターンなどの得意テクあり。トップ50参戦中の藤田夏輝は実の兄(初の兄弟TOP50プロ)

スティーズ リミテッド SV TW 1000S【ダイワ】

2022年7月登場予定

今回登場する「スティーズ リミテッド SV TW 1000S」。細かい機能の説明は後述するとして、まずは外観をチェック!

 

品名 巻取り長さ
(cm/
ハンドル1回転)
ギア比 自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準
巻糸量
ナイロン
(Lb-m)
スプール寸法
(径mm/幅mm)
ハンドル
長さ
(mm)
ベアリング
(ボール/
ローラー)
メーカー
希望本体
価格(円)
1000S-XH 90cm 8.5 160g 5.0Kg 8Lb50~100m
10Lb40~80m
12Lb35~70m
34mm/24mm 85mm 12/1 ¥70,000
1000S-XHL 90cm 8.5 160g 5.0Kg 8Lb50~100m
10Lb40~80m
12Lb35~70m
34mm/24mm 85mm 12/1 ¥70,000

ダイワ公式「スティーズ リミテッド SV TW 1000S」の詳細ページはコチラ

いやぁー相変わらずカッコいい! では、細かく特長を見ていきましょう!

SV BOOSTで初となるシャロースプールを搭載

なんと「スティーズ リミテッド SV TW 1000S」には、SV BOOSTで初となるG1ジュラルミン製Φ34mm SV BOOSTシャロースプールが搭載されています。

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA BASS【Ultimate BASS】」

必要なライン量だけをストックすることで、スプールのトータルウェイトを軽量化。結果として、スプールの立ち上がりが向上し低弾道の鋭いキャストが可能になっています。

待望のギア比8.5

今回の「スティーズ リミテッド SV TW 1000S」は、ギア比8.5、巻き取り長さが90cmのエクストラハイギア仕様。既存の「スティーズ リミテッド SV TW」の最高ギア比が7.1、巻き取り長さが75cmなので15cmも巻き取り長が伸びています。

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA BASS【Ultimate BASS】」

これにより手返しが良くなったり、ラインスラッグを素早くとることができるので、魚をばらしにくいなどのメリットも。

スティーズ リミテッド SV TW 1000S専用外観

スティーズ リミテッド SV TW 1000S」は、専用外観も特長的。

専用のハンドルが搭載されており、ボディも若干黒くなったような…?

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA BASS【Ultimate BASS】」

HYPERDRIVEデザイン

初期性能が長く続くことを目指した思想設計「HYPERDRIVEデザイン」。

モチロン「スティーズ リミテッド SV TW 1000S」も「HYPERDRIVEデザイン」で設計されています!

次世代両軸ベイトリールテクノロジー 「HYPERDRIVEデザイン」

「HYPERDRIVEデザイン」では実際、具体的にどんなテクノロジーが使われているのかというと…以下の通り。

HYPERDRIVEデジギア

強く滑らかな回転が持続し続けることを追求したベイト(両軸)リールにおける新設計のギアシステム。

耐久性に直結するギアの歯のモジュール(大きさ)は小さくせず噛合い率アップを達成し、 初期の滑らかさが長く続くことを実現させたダイワ独自のテクノロジーです。

HYPER ダブルサポート

滑らかさの持続と、巻きの強さ・軽さを実現した駆動サポートシステム。

ピニオンギアの両端を2つのボールベアリングで高精度に支持することで、ハンドルからの入力を減衰せず、負荷が掛かった時でも力強く、軽く巻上げることを可能にしています。

HYPER ARMED HOUSING(Mg)

内部構造を高剛性、高精度でしっかりと支え、精緻な巻き心地とパワーを生む筐体システム。

要であるフレームに金属素材を用いることが必要条件で、サイドプレートやセットプレートとの組合せにより、基本性能をさらに長く発揮し続けることを可能にしています。

スティーズ リミテッド SV TW 1000S」では、フレーム、ギア側サイドプレートはマグネシウム合金を用い、ダイヤル側セットプレートにアルミニウム合金を採用。軽量化と強度を実現したフルメタルハウジング仕様となっています。

HYPER タフクラッチ

何千回、何万回でも滑らかに動き続けるメリハリのきいたオン・オフ性能だけでなく、塩分濃度の高い海水域でも極めてトラブルの少ないクラッチシステム。

過酷なソルトシーンにおける固着修理件数を、当社比で既に99%削減する実績をもたらした、最先端の絶縁構造となっています。

まだまだあるこんな機能

他にも、スプールをボールベアリングのみで支え、シャフトレスにより余分な抵抗が少なくなり理想のスプール回転が得られる「ゼロシャフト」。

マグネットブレーキの進化により全てのルアーをマグダイヤルのみで対応が可能になり、メカニカルブレーキの調整不要の「ゼロアジャスター」。

ドラグ効き始めの初期の食い付きを解消し、ムラのない滑らかさを実現しながら締めれば締めるほど効くドラグ「UTD」。

などなど機能が山盛りになっています!

以上、「スティーズ リミテッド SV TW 1000S」の情報でした!

新設計のSV BOOSTシャロースプールを搭載していて、待望の8.5のエクストラハイギアな本機。ソルト対応なのもうれしいトコロ。バス以外にも使用幅が広がった感じではないでしょうか? 発売が楽しみです!

藤田京弥さんによる解説動画はコチラ

STEEZ LIMITED SV TW 1000S Debut!|Ultimate BASS by DAIWA Vol.442

出典:YouTubeチャンネル「DAIWA BASS【Ultimate BASS】」

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!