ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ちょい浮き姿勢でイカが抱きやすいドロッパー!ヤマシタの「アッパー95」

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

エリアによっては早くも“パラソル級”のダイケン(大剣)が上がっているとか?

何やら、2022年も調子が良さそうな?イカメタルシーン。今年は「イカが乗りやすい」と言う、5月に登場したばかりのこんなドロッパーが楽しみ!

アッパー95

サイズ:95mm 針立て数:5本 2段針

ヤマシタ公式「アッパー95」詳細ページはこちら

「ちょい浮き姿勢」ってなんだ?

「アッパー95」の最大の特長は”ちょい浮き姿勢”。同社初となるフローティングボディが採用されていて、実釣時にはフワフワと尻上がりに浮いて漂う”ちょい浮き姿勢”に。…これが「イカ捕らえやすい姿勢」なんだそう。

下方向から捕食する?!

イカメタル船といえば集魚灯を焚いて、その光に集まるベイトを狙ってイカが浮いてくるわけで。つまりイカは下方向から捕食する。このときにやや尻上がりのちょい浮き姿勢だと、下方向から見上げるイカから目立つためアピール力も高く、そしてしっかりと抱きやすいという。

ハリ掛かりのしやすさ

さらに、特筆すべき点は「針掛かりがしやすい」こと。

針がかりがしやすいというその理由は大きく2つで、従来品に比べ30%もボディが細身に設計されていることが1つ。もう1つは、針は尖度抜群の国産針で、触れただけで掛かるという0.5φのバレにくい丸曲げ針を使用していること。

カラーラインナップ

ボディには定番の夜光に加え…デイやマヅメ、白い集魚灯に含まれる紫外線によって発光するケイムラがそれぞれラインナップ。

夜光ボディ

ケイムラボディ

個別のカラーラインナップはこちら。

赤白(夜光ボディ)

スッテ由来のド定番カラー。赤と輝度の高い白のハイコントラストで活性の高いイカを真っ先に反応させる。

赤緑(夜光ボディ)

スッテ由来のド定番カラー。赤と目立ちにくい緑でぼんやりと発光し、イカの活性が低いときに有効。

アピールイエロー(夜光ボディ)

赤白のバリエーションカラー。黄色が濁り潮や減灯時でアピールし、赤白で抱かないときに試したいカラー。

ラッシュホワイト(ケイムラボディ)

紫とクリアケイムラのコンビ。澄潮で高活性のイカをコントラストで抱かせる。

パイロットピーチ(ケイムラボディ)

澄潮時に深場でも浅場でもシルエットが出やすく、オールラウンドで使用できるカラー。

ナーバスマリン(ケイムラボディ)

澄潮低活性時に水色に溶け込むブルーでスレたイカに威力を発揮。

関連動画もチェック

出典:YouTubeチャンネル「YAMASHITA Maria」

出典:YouTubeチャンネル「LureNews.TV」

開幕に向けて…そろそろご準備を!!

ヤマシタ

「ヤマシタ(YAMASHITA)」は、神奈川県横浜市の老舗釣具漁具メーカー「ヤマリア」のエギング、イカ釣り、タイラバ、タコ釣りなど、海釣り用品に特化したブランド。特にエギングへの造形は深く、エギのスタンダートである「エギ王」シリーズや、「ケイムラ」カラー、「490グロー」カラーなどを送り出し、最新のテクノロジーでエギングの世界を変え続けている。