ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【信じる者は救われる?】スポーニング真っ盛りの琵琶湖!ガイド前田の引き出しとは

連載:ガイド前田「琵琶湖デカバス大追跡」
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

みなさんどーも、ガイド前田です。ビシバシ釣っちゃってますか?

桜が満開になったな~なんて思ってたら、一気に気温が25℃を超える夏日が続いた先週。桜も散ってしまって、すでに葉桜満開。早くも新緑の季節へと移り変わりました。水温も一気に上がって、お魚たちも一気にスポーニングに入りました。

前田純(ガイド前田)(Maeda Jun) プロフィール

マザーレイクでドデスカンサイズを追い求める、ガイド前田の愛称で親しまれる超ベテランガイド。スポンサーはデプス、ダイワ、次元、ハヤブサ、レインズ、ホンデックスなど。愛知出身・滋賀在住。

狙いは半プリ&プリスポーン!数は少ないが…

一気に水温が上がったことと、瀬田川の南郷洗堰の放流量も少ないことから水質が悪化しています。

一気にスポーニング真っ盛りとなったので、私の狙いとしては、数は少ないのですが、いち早く産んで次のスポーンに備えている半プリの個体と、これまた非常に数の少ない、まだ産んでいないプリスポーンの個体。これらの魚をテキサスリグやリーダーレス ドロップショットリグで狙っています。

気になるタックルをチェック

テキサスリグにはデスアダースティックブルフラットデスアダーリザードを。リーダーレス ドロップショットリグにはリバウンドスティックスパイニークロを使っています。

どちらのリグもロッドはバレットショット、リールはジリオンSV BOOST、ラインはモンスターブレイブZの16ポンド。

テキサスリグのシンカーにはreinsのタングステンカラースリップシンカー、フックはハヤブサのT.N.Sオフセットといった組み合わせです。

一方リーダーレス ドロップショットリグにはハヤブサのL.L.DオフセットHEAVY DUTYにreinsタングステンスリムDSシンカーの環状タイプを付けて使用しています。

ちなみに、このL.L.Dオフセットですが!シンカーを付けるだけで使えるのでかなり便利です!

風が強いときはスイムジグの展開

しかし、風が強く波がある時などは、テキサスリグやリーダーレス ドロップショットリグではやりづらいことも。

そのような時にはウィンディーサイドとなるシャローのハードボトムでスイムジグがオススメ!具体的には、風のあたる側のハードボトムのシャローでバンブルヘッドスイングインパクトをボトムにガツガツ当てながら巻きます

タックルはスーパーボーダーにハイパードライブデジギヤをインストールしたガイド前田仕様RYOGA(SLP WORKS)に、モンスターブレイブZの18ポンド。

いずれにしてもたくさんアタリがある訳ではないので、信じれるルアーでやりきるのがいちばん良いのですが、実際に湖上ではアタリがないのでやりきれない…。そんな悪循環にならないように、信じてやりきれるルアーやリグを作るのも1つの手ですね!

みなさんもそれぞれの信じてやりきれるルアーやリグを作ってみてはいかがでしょうか?ではまた!