ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

藤原真一郎が自身のアジングで最も多用するジグヘッドとワームとオススメワームカラーを紹介

ジグヘッドはキャロヘッドの1gを愛用

ジグヘッドには長年愛用しているキャロヘッドの1gを多用しており、ジグヘッド単体はもちろん、フロートゲームまでこなすことができます。軽いアクションでしっかり動いてくれるので、細かいテクニックにも対応しています。

 

ジグ単ゲームのコツ

釣果を伸ばす意味ではポイントやタイミングも重要ですが、それよりもある意味重要なのがタックルバランスではないか?と考えています。

わずか1g程度のリグを意のままに操るには、ロッドはもちろんラインの細さや感度にもこだわる必要があります。

小さなアタリが分かるか分からないかで釣果に大きな差がでるため、まずはバランスを整えることを考えてみてください。

次に、目の前にアジがいるのにまったく口を使わない…という状況で効果的なのが、ジグヘッドのウエイトローテーション。

重くしてリアクション気味に食わせることもあれば、軽くして漂わせてバイトさせることもある。

 

ウエイトさせ合わせてしまえば、それまでの沈黙がウソのように簡単にバイトすることも大いにあります。

ちなみに感度の高いタックルであれば、バイトの出方からアジの状況を判断することができるので、リグやウエイトの軌道修正が非常に楽になりますよ。

 

【全掛け】異次元ライトゲームロッド『ラグゼ・宵姫「天」と「華」』を開発者の藤原真一郎が解説

 

がまかつラグゼの「宵姫 天」「宵姫 華」ウワサの超感度&超軽量アジメバロッドをエグリます【32gモデルあり、グリップレス⁉】

 

 

2 / 2
前へ