ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【ZENON/ゼノンベイトキャスティングリール】琵琶湖プロガイド国保誠が徹底インプレ!「ZENON BEASTの魅力と各タイプの使い分け」

寄稿:国保 誠
  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク
琵琶湖のバス釣り完全ガイド

皆さんこんにちは、琵琶湖ガイドの国保誠です。

釣りを楽しむにも快適な気候になりましたね。湖上に浮いていても徐々に釣り人の数も増えはじめ、季節が進むにつれて琵琶湖も多くのアングラーで賑わいそうです。

さて、そんなこれからの季節にバスフィッシングを楽しむにあたって、ぜひ注目していただきたいのが、2022年6月に登場を控えている、アブガルシアの新型ベイトリール「ZENON」。その中でも、一足先に「ZENON BEAST9 」をフィールドで使用させていただいているということもあり、今回は使用感や各アイテムの使い分けなどをコチラで紹介させていただきたいと思います。

国保 誠(MAKOTO KOKUBO) プロフィール

巻く、撃つ、落とす、ハードベイトスタイルとジグ&TXスタイルをこよなく愛する元祖・イケメンデカバス琵琶湖プロガイド。多くのルアーやロッドなどの開発&製作にも携わっている。 ( 1976年生まれ、愛知県出身、滋賀県在住

 

計3タイプに分類されているNEWベイトリール「ZENON」

使用感や各アイテムの使い分けを解説させていただく前に、まずはNEWベイトリール「ZENON」のラインナップを紹介。

アブ・ガルシア公式「ZENON」 詳細ページはこちら

 

ZENON」は画像の通り、大きく3タイプに分類されています。

1つが普段も使わせていただいている、最もタフな使用に耐えることができて、琵琶湖をはじめとするパワーゲームにもベストマッチである「ZENON BEAST」。

製品名 自重(g) ギア比 スプール径/幅 ハンドル長 ライン巻き取り長 最大ドラグカ ラインキャパシティ PE3号 ベアリング 本体価格(税抜)
ZENON BEAST6 195g 6.8:1 32mm/22mm 95mm 68cm 5kg 0.33mm/16lb: 100m 0.37mm/20lb : 75m 100m 9/1 ¥43,500
ZENON BEAST6-L 195g 6.8:1 32mm/22mm 95mm 68cm 5kg 0.33mm/16lb: 100m 0.37mm/20lb : 75m 100m 9/1 ¥43,500
ZENON BEAST9 195g 9.5:1 32mm/22mm 95mm 95cm 5kg 0.33mm/16lb: 100m 0.37mm/20lb : 75m 100m 9/1 ¥43,500
ZENON BEAST9-L 195g 9.5:1  32mm/22mm 95mm 95cm 5kg 0.33mm/16lb: 100m 0.37mm/20lb : 75m 100m 9/1 ¥43,500

 

そして、マグネシウムボディが採用されていて軽量化にこだわられている「ZENON MG7」とベイトフィネスモデルである「ZENON LTX」。

 

ZENON MG7

製品名 自重(g) ギア比 スプール径/幅 ハンドル長 ライン巻き取り長 最大ドラグカ ラインキャパシティ PE1.5号 ベアリング 本体価格(税抜)
ZENON MG7 135g 7.5:1 30mm/22mm 85mm 71cm 4kg 0.285mm/12lb: 100m 0.310mm/14lb: 85m 0.330mm/16lb: 75m 150m 9/1 ¥45,000
ZENON MG7-L 135g 7.5:1 30mm/22mm 85mm 71cm 4kg 0.285mm/12lb : 100m 0.310mm/14lb: 85m 0.330mm/16lb : 75m 150m 9/1 ¥45,000

 

ZENON LTX

製品名 自重(g) ギア比 スプール径/幅 ハンドル長 ライン巻き取り長 最大ドラグカ ラインキャパシティ PE1号 ベアリング 本体価格(税抜)
ZENON LTX 150g 8.3:1 30mm/22mm 85mm 78 cm 5kg 0.205mm/6lb : 70m 0.235mm/8lb : 50m 0.265mm/10lb : 40m 100m 9/1 ¥43,500
ZENON LTX-L 150g 8.3:1 30mm/22mm 85mm 78cm 5kg 0.205mm/6lb : 70m 0.235mm/8lb : 50m 0.265mm/10lb : 40m 100m 9/1 ¥43,500

 

「ZENON BEAST」を使った正直な感想

この3タイプの中でも琵琶湖のパワーゲームに向いているギア比の高いモデル「ZENON BEAST9」を実際に湖上で使用した感想としては…、

まずキャストをすると「とにかく投げやすい!」。「ZENON」シリーズ全アイテム共通で採用されているマグネットブレーキシステムによって風やルアーウエイトに抵抗感など、環境が変わり続ける中でも、常にブレーキが安定して効いてくれて、安心してキャストをし続けることが可能。非常に快適に使うことができ、集中力も持続するので正直カナリ気に入っています。

 

パワーと耐久性が備わっているので掛けてからも安心

そして、バスを掛けてからは「ZENON BEAST」のコンセプト通り、パワーと耐久性が備わっていることも実感しました。コンパクトボディーながら、琵琶湖でビッグバスを相手にした釣りでもパワー不足を感じることがなく、タフな使用にも難なく耐えてくれるボディーは「剛性感がとにかく高いな〜」と感じました。

 

例えば「ジャゴロケット3in」のノーシンカーリグに「バニッシュ・レボリューション」(20Lb)を組み合わせた、ここ最近定番にもなっている高比重系ワームのノーシンカーゲーム。ラインを沈めるために弛ませていた状態からフッキング前に素早く巻き取る時、もしくはフッキングからランディングにおいてウイードからバスを引きずり出す時。いずれもハイギヤリールの巻き取りスピードに加えてパワフルさが必要。ゴリ巻き時のリトリーブのスムーズさはハイギヤリールに求められる、非常に重要な要素です。

 

20Lbラインでビッグバスとファイトする時、リールのボディーやスプールシャフトにギヤなど…、各パーツそれぞれが様々な方向から負荷が掛かり、その状態でリトリーブをしないといけないので、いずれ1つの要素でも欠けていると高負荷時のリトリーブのスムーズさが低下してしまい、それが抵抗となって巻き取れないといった状況に陥るのですが、「ZENON BEAST」はコンパクトボディながらアルミフレームを使用した剛性感の高いボディーに加え、耐久性の高い大口径ブラスギヤ、そしてスプールシャフトをシッカリと支えてくれるピニオンサポート構造の組み合わせのおかげで、ファイト中の高負荷でもゴリ巻きを難なくスムーズにこなすことができます。

 

他にもゴリ巻きを快適にするコダワリが色々!

他にも「ZENON BEAST」のみに採用されている95mmフラットカーボンハンドルとビッグサイズのフラットノブも、スムーズなゴリ巻きをサポートしてくれるパーツとして助けられています。20Lbが75m、16Lbが100mというように、ラインキャパシティの点でも琵琶湖のパワーゲームにジャストなセッティングとなっています。ギヤ比9.5:1である、ハイスピードギヤの「ZENON BEAST9」はスローな釣り向けに。そしてファーストムービング系の釣りにはギヤ比6.8:1に設定されているノーマルギヤタイプである「ZENON BEAST6」がオススメ。

写真はZENON BEAST9です

 

といったように「ZENON BEAST」はパワーゲームに耐えるためのパーツで構成されていて、コンパクトボディにも関わらず高い耐久性とパワーを発揮することが可能なリールに仕上がっています。

1 / 2
次へ