ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【今メバルトップが熱い】フィッシュマンテスター鈴木 貴文「大きいルアー」のススメ

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

皆さんこんにちは!

茨城県のフィッシュマンテスター鈴木です!

今回はこれからの時期にオススメな、私の大好きな「メバルプラッギング」、特にトップゲームについてご紹介したいと思います。

鈴木 貴文(SUZUKI TAKAHUMI) プロフィール

茨城・福島をホームに様々な魚を追いかけるアングラー。シーバスやメバルの釣りもしつつ、近年はオフショアゲームにも力を注いでいる。ソルト・フレッシュ問わず日夜ルアーフィッシングを楽しむマルチアングラー。

 

大きいプラグ使ってますか?

大きいプラグはプランクトンの集合体?!

メバルをプラグで狙う際に使うルアーといえば、3〜5cmの物がメインになると思いますが、状況によっては大きいルアーが効くことが多々あります。

個人的にオススメなのがスープラ65PD(INX.label)」メバペンマグナム(SMITH)」です。

 

このように、ルアーのサイズが大きくても小型のメバルは普通に食ってきます。これはプランクトンを食べている時のメバルによくあるんですが、1つのルアーをプランクトンの集合体だと思って食ってきているパターンだと考えています。

もちろん良型も混ざります!

こうなるとメバルのサイズは関係なく、小型のメバルがさほど自分と変わらない大きさのルアーにアタックしてきます。

しかもアピール力の強い大きいプラグを使っていると、一時的にメバルの活性がどんどん上がっていき、ダブルヒットなんてことも(笑)

 

ショアでももちろん成立

「船だからでしょ??」と思っている方も多いと思いますが、もちろんショアからでも成立します。

こんな風に、普通にオカッパリでも通じるパターンなんです!オカッパリでこのサイズのルアーで仲間とダブルヒットなんて激アツですよね。

 

実は選択肢の多いメバルゲーム

実はメバルって、意外とゲーム性の高い魚で「え!?こんなルアーでも釣れるの!?」と驚かされる事も多く…

この通り、4.5インチのストレートワームのジグヘッドワッキーでも釣れちゃうんです。バス釣りみたいですよね。

実はそのくらいルアーの選択肢が広い釣りなんです。

大きめのプラグで最初の1本を釣るまでは、普通に釣りをしててもなかなか難しいかもしれません。

ルアーを一つの生物として動かすのではなく、プランクトンの集合体だとイメージしながら使うことをオススメします。そうすれば使いやすいシチュエーションも見えてきますし、信じて投げ通せるはずです。

 

サイズが大きいとベイトタックルでも扱いやすい

私が使っているロッドはフィッシュマンのBeams inte6.4ULと、BC4 5.10L。これを足場の高さなど状況に合わせて使い分けています。

皆さんも是非「メバル=小さいルアー」という固定概念は捨てて、色々なルアーでメバルを狙ってみてください。驚きの発見があるかもしれませんよ。

 

使用タックル

ロッド:Beams inte6.4UL/BC4 5.10L(Fishman)

リール:月下美人Air TW/アルファスAir TW(ダイワ) アルデバランBFS XG(シマノ)

ライン:レジンシェラー0.6号(山豊テグス)

リーダー:フロロショックリーダー 8lb(山豊テグス)

ルアー:スープラ65PD(INX.label)/メバペンマグナム(SMITH)

 

Fishman

「ゼロバックラッシュ」「飛距離」「高精度ピンスポット撃ち」を追求したベイトロッド専門メーカー。 怪魚ハンターとしても知られる赤塚ケンイチ氏が代表を務め、同氏の豊富な経験がフィードバックされたロッドは、繊細な渓流から秘境のモンスターまでさまざまなスタイルに対応するラインナップ。