ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

ダイワの超定番の万能ジグ「MMジグ」シリーズに新モデル「MMジグⅢ」と「MMジグ3 フック付き」が登場!

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

これまで数多くの釣果を上げてきたダイワのMMジグシリーズに、新モデル「MMジグⅢ」「MMジグ3 フック付き」が登場します。

MMジグといえば、村越正海氏監修のよく飛び、早く沈み・楽々シャクれるショア・オフショア問わず活躍する超定番の万能ジグ。

「MMジグⅡ」が登場したのが、2011年ですので約11年ぶりの新モデルとなります。

ちなみに、ジギング用は「MMジグⅢ」と、ショアジギングやライトジギング対応モデルは「MMジグ3 フック付き」となります。

 

「MMジグⅢ」・「MMジグ3 フック付き」

2022年4月登場予定

ダイワ公式「MMジグⅢ」詳細ページはこちら

ダイワ公式「MMジグⅢフック付き」詳細ページはこちら

 

「MMジグⅢ」・「MMジグ3 フック付き」の注目ポイント

「MMジグⅡ」の性能をそのままに、「MMジグⅢ」ではより使いやすさや、各部のディテールなどがバージョンアップしています。

今回の監修も村越氏が担当しています。

アデルホロ採用で魚肌をリアルに再現!

「MMジグⅢ」になったことで進化したポイントの一つが、アデルホログラムの採用。

アデルホログラムとは、艶やかなる魚肌を再現するため、魚皮を3D解析し、ホログラム化したもの。

実際、テスト中もアデルホログラムを採用したモデルのほうが食いがよかったなど、実績報告も上がっています。

「MMジグⅡ」では再現できなかった、細かなディテールにもこだわった仕上がりになっているとのこと。

ちなみに、フック付きでは、目の細かいスモールタイプのアデルホログラムが採用されています。

 

細かい部分のチューンナップも

また、細かい箇所もブラッシュアップ。村越氏監修の下、細かい部分のチューンナップが加わり、より使いやすい性能に進化しました。

特にヘッド部分はエビングにも最適なスリム形状となり、鋭く切り込むようなディテールに!

 

フック付きモデルに関しては、ティンセル付きのサクサスアシストフックが搭載されました。

村越氏本人によるフックセレクトで、アシストフックのサイズやアシストラインの長さ、硬さなど細部にわたり調整行われています。

ブラッシュアップされたことで、よりシャクリの軽快さや、アクション時の飛び具合も切れのある動きへと進化しています。

 

各モデルのスペックとカラーラインナップ

「MMジグⅢ」のスペック
サイズ
(g)
サイズ
(mm)
メーカー希望本体価格

(税抜)

100 155 1,500円
120 155 1,600円
150 175 1,750円
200 190 2,000円
250 215 2,300円
300 240 2,600円
「MMジグⅢフック付き」のスペック
サイズ
(g)
サイズ
(mm)
メーカー希望本体価格

(税抜)

30 90 1,100円
40 107 1,200円
60 110 1,300円
80 140 1,500円

 

カラーラインナップ

アデルブルピン

アデルアカキン

アデルグリーンゴールド

アデルピンク

アデルマイワシ

アデルシルバー

カラーラインナップは「MMジグⅢ」と「MMジグⅢフック付き」共通です。

今回新たに登場する「MMジグⅢ」は、魚肌をリアルに再現したアデルホログラムの採用や、各部にチューニングが施されたことで、より使いやすさやアピール力がアップしています。

青物のジギングゲームやライトジギング、ショアジギングなど、これまで数々の釣果を上げてきた「MMジグ」シリーズ。

その伝説はまだまだ続いていくことでしょう。

ダイワ(DAIWA)

1958年の創業、リール、ロッド、ルアー、用品などあらゆる釣り物のフィッシングタックルを扱う総合ブランドとして、国内、海外に多くのファンを抱えている。ジャパンクオリティの品質の高いアイテムを日々開発、その過程で、世界初となるテクノロジーも数多く輩出している!