ルアーフィッシングのトピックをこまめにお届けする釣りの総合ニュースサイト

【税込価格15400円から入手可能】コスパ抜群で高性能!オリムピックが本気(マジ)で作ったこちらのロッド、ご存知ですか?

  • Twitter
  • Facebook
  • Line
  • はてなブックマーク

春も深まり、快適に釣りを楽しめる季節になりましたね。

暖かくなると面白くなるルアージャンルも様々、幅広く楽しんでいただきたいトコロではありますが、中でも特にバスフィッシングは試していただきたいルアージャンルの1つ! 丁度今はスポーニングと呼ばれる、バスの産卵が絡むシーズン! デカイ個体から産卵行動に入るので、釣れるとほとんどが大型。初めての方でも大型を狙えるチャンスなんですよね! さて、今回はそういった初心者の方やバスフィッシングをやり始めて間もない方にオススメ、コスパ最強で高性能さが魅力のコチラを紹介!

 

21ベローチェUX【オリムピック】

オリムピックが本気で作ったバスロッドのエントリーモデル「21ベローチェUX」。

名前に「UX」というワードが入っている機種はオリムピックのエントリーモデルシリーズで、バスロッド以外にもアジングやメバリング、エギングにオフショアジギングなど! 他のジャンルにもラインナップされていて、このシリーズの最大の魅力はコスパに優れているというトコロで、ほとんどの機種が1万円台で入手可能! それでいて、ベテラン勢が認めるほどの高性能で、サブ機としても活用されている程。

オリムピック公式「21ベローチェUX」詳細ページはこちら

 

そんな「21ベローチェUX」も全機種1万円台で入手可能。さらに、フラッグシップモデル「ビゴーレシリーズ」の遺伝子を継承していながら、機種も超豊富で本格的! ビッグベイトを扱えるような機種であったり、流行りのパワーフィネスに対応している物まで、全9機種が揃っています。

 

グラファイトクロスLVを採用

では、具体的に「21ベローチェUX」の特長を解説。まず、注目していただきたいのがバットセクションになります。バット部には上位機種の「ベローチェ・ネオ」と同じ織物、「グラファイトクロスLV」が採用されています。

 

グラファイトクロスLVとは?

グラファイトクロスLVは、グラファイトクロスと重量、成型厚み、タテ・ヨコの繊維構成比はそのままに、約10%の軽量化を実現した薄い織物。コレの採用によって、ネジレや潰れに対する強度と軽量化を両立。キャストやルアーにアクションを加えている時でも疲れにくく、バスを掛けると主導権を与えず快適にファイトを楽しむことができ、カバーやストラクチャーなどが絡む混雑したエリアでも、安心してやり取りが行えます。

 

全番手にステンレスSIC-Sガイドを採用

続いて、こちらも注目していただきたいポイント!

全番手共通でSIC-Sガイドが採用されています。SIC-SというのはSiCの形状を進化させたものであり、硬さと滑りの良さをそのままに、薄型化を実現! 約9%の軽量化を実現したガイドになっています。

 

 

従来のSiCの特長を引き継ぎつつ、トルザイトに迫る薄さと軽さを実現したガイドで、ロッド全体の軽量化に加え、操作性も従来のガイドよりアップしているとのこと。そんな高品質なガイドが、「21ベローチェUX」に搭載。スゴくないですか…。

 

さらに! SIC-Sを装着したガイドフレームには「ステンレスフレームKガイド」が採用。これによってライントラブルも少なく、快適に使用することができます。また、74Xに関してはオールダブルフット仕様に…。

 

まだまだコダワリが

他にもグリップやリールシート、ジョイント部など! 細かい箇所にまで色々コダワリが詰まっているので引き続き特長を解説していきますね。

 

グリップ・リールシート

グリップマテリアルに関しては高強度・耐食性に優れているEVAを採用。

 

リールシートに関してはベイトモデルとスピニングモデルによって異なり、ベイトモデルはECSリールシート(74XはTCSリールシート)を採用。スピニングモデルにはVSSリールシートとなっています。

 

ジョイント部

2ピースモデルのジョイント部にはフェルール(逆並継)を採用。まるでワンピースのようなスムースなベンディングカーブを実現します。74Xは持ち運びに便利なグリップ脱着式です。

 

マニアックな機種にも必見!次ページでは全9機種を大公開
1 / 2
次へ